東京ガスがオススメ

22919
東京都では一般的な「東京ガス」ですが、今回は関東周辺の地域の方へもおすすめしたくご説明します。

東京は日本の首都ということもあり、当然人も多く集まっています。物価もほかの地域から比べれば高く、マンションを購入したくとも庶民には手が届きません。賃貸マンションの家賃でも、地方の人にしてみれば驚く程の金額です。

そんな都市部で最大の規模を誇るガス会社「東京ガス」は、マンションにお住まいの方におすすめです。生活するために少しでもお得な情報をお伝えします!

「東京ガス」は都市ガスの最大手です!

index_main_img_keyvisual_pc
地方の不動産物件ならプロパンガスと地域のガス会社の違いを強調するために書いてあることが大半です。プロパンガスを知らない都会在住者の方もいるでしょう。一軒家やアパートなどの集合住宅の前に大きなガスボンベが置いてあるのを見たことがありませんか?あれがプロパンガスです。

東京ガスは日本で最大の規模を誇るガス会社になります。日本だけではなく世界でも最大の都市ガスを運営する会社です。全ての地域ではありませんが以下のような都や県にガスを提供しています。

・東京都(東京23区含む)・千葉県

・神奈川県

・千葉県

・茨城県

・埼玉県

・栃木県

・群馬県

その他にも千葉ガスや筑波学園ガスなどは、東京ガスがつくった都市ガスを利用している会社です。関連企業も含めたら、いったい何人の社員数がいるのかさえ分かりません。それほどの大企業だと思ってください。

マンションの共有部について

再び、マンションの話に戻りましょう。東京ガスが都市ガスを提供しているのは人口密度の高い地域ですので、マンションなど多くの集合住宅が建っています。

特に最近ではタワーマンションという名の高層マンションが多くなりました。区域内に公園や保育園だけでなくプールや大浴場などの共有スペースまで、他のマンションとの差別化をはかるためにさまざまなマンションが増えています。

そのようなタワーマンションを含めたマンションには共用部(共用部分)と呼ばれるものがあります。共用部とは居住者が利用している場所のことです。分かりやすい具体例を挙げましょう。

・エレベーター
(最上階が6階以上での設置は義務、3階から5階までなら推奨となっています)
・廊下
・階段
・配線
・排管
・ガス管

今回は東京ガスがテーマですが、その前に同じエネルギーの元となる電気とマンションの共用部について少しだけ付け加えてみます。

共用部(共用部分)としての電気とは?

東京電力がもっている発電所で電気がつくられます。少しずつ電圧が落とされていくのは途中でムダな電気を消費しないようにするためです。さまざまな配線を流れるだけでも電気は弱くなっていきます。高圧(コンセントの電圧100ボルトよりも以上の電圧)の電流でマンションの共有部に届けられているのが一般的です。

もし、マンション全体がある電力会社と契約していれば、住んでいる方はその電力会社のプランで電気料金をお支払いすることになります。このようなマンション全体の共用部を通して電力会社と契約することを「一括購入」と呼んでいます。

大型のマンションではすでに「一括購入」が行われていました。契約相手は新規参入したPPS(特定規模電気事業者)です。新規参入したPPSは従来の電力会社より安価な電気料金で契約できます。

すべての大型マンションが「一括購入」しているわけではありません。比較的、新しいマンションが多いでしょう。電力自由化によって、すでに「一括購入」しているマンションならあまり安くはなりません。

集合住宅の場合「一括購入」に変えるのはさまざまな壁があります。分譲マンションなら住んでいる方たちの組合の総意が必要ですし、賃貸マンションなら管理会社次第と言えます。

そこでお得なのが東京ガスのパック割です

東京ガスのパック「ずっとも割」がお得!

index_zuttomo_img_main_pc
2016年4月から東京ガスは個人の家庭向けのパックを始めます。ガスと電気がパックになった画期的なプランです。つまり、東京ガスはガスだけでなく電気も売ります。関東近郊の不動産屋の物件を見てください。都市ガス(東京ガス)であることが記載されています。これは「ずっとも割」に期待していると言っていいと思います。

東京ガスの電気料金が書かれたサイトには「電気料金シミュレーション」もあります。現在、東京電力と契約している方が1ヶ月分と12ヶ月分の料金を比較することが可能です。オール電化という言葉は一般化しました。IHコンロを使用している方も多いでしょう。新しく、オール東京ガスがお得なパックとして選択できます。

東京ガスの「ずっとも割」は「ガス料金+電気料金+各種サービス」のパックです。電気料金も東京電力を意識したプランが3つ用意されています。

関東近郊の方は契約しているガス会社が東京ガスなのかチェックしてみてください。関東方面へお引っ越しなどを予定されている方は東京ガスのセットを覚えておきましょう。

まだお得なパックがあります!「東京ガストリプル割」

「東京ガストリプル割」「ガス料金+電気料金+インターネット」のパックです。

インターネットの契約には指定がありますがNTTのOCN光を始めとしてメジャーなプロバイダーと提携しています。オール電化の便利な点はガス料金を支払わなくても良いことでした。

東京ガスが発表したパック割は支払いの手間がさらに省けます。しかも、従来の合計価格より安ければ消費者はお得です。消費者にとって、こんなに便利なことはありません。

マンションなら東京ガスがおすすめ!

22920
なぜ、始めに東京ガスという会社の概要をご説明したのかは超が付くほどの大手ということを強調したかったからです。

電力自由化による新規参入には地域が限定されたものやベンチャー企業に近いものもあります。東京ガスはその点が大きな違いです。大企業には安定と安心感があります。

どれぐらいお得のかは家族構成や部屋の数によっても違いがありますので具体的な数字は記しませんでした。それぞれの方に合わせた「電気料金シミュレーション」でご確認してください。

マンション住まい、特に低層(タワーマンションなどではない)ならば、おすすめの「ずっとも割」です!