tepco_002

\ 関東の方へ /

banner

※くらしTEPCOを検討中の方は供給エリアをチェック!

4月より法人・個人問わず、全面電力自由化が解禁されました。

 

すでに地域電力会社以外の新規電力会社に切り替えた、という人もいるのではないでしょうか。

各新規電力会社には独自のキャンペーン・割引・電力プラン・電気単価など、それぞれの魅力があります。

 

ただ、電力自由化になったからといって“地域電力会社より他の電力会社の方が絶対にお得・電気代が安くなる”というわけではありません。
なぜなら、各地域の電力会社も電力自由化が解禁されることで、新参電力会社と競争するようになるからです。

料金の見直しはもちろん、戦略的に子会社・分社化して新会社を新設する地域電力会社も存在します。これまで関東地方全体に電力を供給していた“東京電力株式会社”もその1つです。

東京電力は2016月4年からの全面電力小売自由化に先駆けて、火力・燃料・一般送配電/小売と3つの事業を分社化して、新たに会社を新設しました。

 

東京電力は「東京電力ホールディングス(TEPCO/ Tokyo Electric Power Co)」という名のもとで、ホールディングカンパニー制を導入したのです。
その中で電力の小売を担当するのが“東京電力エナジーパートナー株式会社”になります。

東京電力ホールディングスの分社

上記で解説した通り、東京電力は火力・燃料・一般送配電と小売の3事業を分社化しました。

電力小売を行うのは東京電力エナジーパートナー株式会社(TEPCO)ですが、その他に2社存在します。各分社の会社名は以下の通りです。

tepco_001

1.東京電力エナジーパートナー株式会社

電力の小売事業

2.東京電力フュエル&パワー

一般送配電事業

3.東京電力パワーグリッド

燃料・火力発電事業



現在、電力自由化で直接消費者と深く関わるのは“東京電力エナジーパートナー”のみです。

しかし、電力の発電から送電までを考えると、3つの事業で1つの電力サービスを確立させていることが分かります。

2

東京電力エナジーパートナー“くらしTEPCO”の特徴

東京電力はこれまでと同じじゃないの?という疑問を持つ人も多いと思いますが、今回の全面電力自由化に伴って新たに加わったプランがあるのです。

それが“くらしTEPCO”

東京電力エナジーパートナーの従来のプランは、毎月の平均消費電力が300kWh未満の従量電灯B・Cで契約している人向けです。現在も毎月の消費電力が特別増えていないのであれば、そのままで問題ありません。



従来の東京電力プランについては“東京電力の魅力はなに?選ぶメリットとデメリット。賢く電力選び!”を参考にしてみてください。

今回紹介する“くらしTEPCO”は、毎月の平均消費電力が特に多い家庭向けのプランです。

 

4月より加わった“くらしTEPCO”の新料金プランは、大きく分けて4つ。

  • スタンダードS/L/X
  • プレミアム
  • スマートライフ
  • 夜トク8,2

これらについては“東京電力の魅力はなに?選ぶメリットとデメリット。賢く電力選び!”でも解説されています。

今回は各プランの特徴をもう少し深く掘り下げていきましょう。

3

 

◆スタンダードS/L/X

従量電灯C・Bと似通ったプランですが、毎月使用する電力が300kWh~650kWh程度の人向けのプランです。
S・L・Xで契約できる電力量が異なり、該当電力量は以下のようになります。

スタンダードS

アンペアブレーカーでの契約です。
10~60A(アンペア)の中から選択して行います。

スタンダードL

Sの60Aよりも多くの電力契約が可能なプランです。
主開閉器(漏電遮断器)の容量に応じた容量契約ができます。

スタンダードX

アンペアによる契約ではなく、スマート契約と呼ばれる新しい契約プランです。

当月・過去11カ月の、30分ごとの最大使用電力量を測定して電気代を決定します。
より多くの電力を使用する時間帯やタイミングを調整することで、電気代を安く抑えることも可能です。

◆プレミアムプラン

tepco_003

プレミアムプランの基本的な料金は従量電灯B・Cと同じです。
違うのは、従量電灯B・Cが300kWh超過した時点から、1kWhあたり29.04円(6月から30.02円)かかるのに対して、プレミアムは最初の400kWhまでは9700円の定額となります。
つまり、使用電力が200 kWhでも300 kWhでも同じ9700円ということです。

例えば、東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bは以下の料金になります。

  1. 最初の120 kWhまで19.52円(6月より)
  2. 120 kWhから300 kWhまで26.00円(6月より)
  3. 300 kWh以上が30.02円(6月より)

これらの料金から400 kWhまで各段階の電気料金を概算すると以下の通り。

120 kWhまで×19.52円=2342.4円
180 kWh(120 kWh から300 kWhまで)×26.00円=4680円
100 kWh(300~400 kWhまで)×30.02円=3002円合計2342.4円+4680円+3002円=10024円
プレミアムプランは400 kWhまで定額9700円



この時点で324円の差ができています。
多くの電力を使用する場合、従量電灯で使い続けるよりもプレミアムで契約した方がお得となるのです。
ただし、400kWh超過分はプレミアムも従量電灯と同じ料金が加算されていくので注意しましょう。

従量電灯B プレミアムプラン
120 kWhまで 19.52円
120 kWh~300 kWh 26.00円
300 kWh以上 30.02円
400 kWh使用 10,024円 定額9,700円

なお、プレミアムの契約電力(基本料金)は先述したスマート契約にて決定されます。
プレミアムプランは、電力単価よりも基本料金やTポイント・Pontaポイントでどれだけ還元できるかが重要です。Tポイントなどについては後述します。

◆スマートライフプラン

tepco_004

オール電化を検討している人向けのプランです。

電気を使用する時間帯によって、電力単価が異なってきます。
エコキュートなどを利用しており、かつ夜間にエアコンや暖房も電気で使うという家庭であればメリットも大きくなるでしょう。

◆夜トク8,2プラン

夜トクプランはその名の通り、日中より夜に電気を多く使う人が得をするプランです。
仕事や子育てなど、何かしらの事情で昼間より夜に活動することが多い人には、嬉しいプランではないでしょうか。

夜トクプランには夜トク8(エイト)と夜トク12(ジュウニ)の2つがあります。
それぞれのプランによって、お得になる時間帯や料金単価が違うのです。

夜トクプラン8

  • 午後11時から午前7時まで20.78円
  • 午前7時から午後11まで32.14円

夜トクプラン12

  • 午後9時から午前9時まで22.55円
  • 午前9時から午後9時まで33.76円

tepco_005

夜トクプランで夜の料金が安くなるなら、と考える人もいるでしょう。
ただこれらの金額はあくまでくらしTEPCOの中では安くなる、というだけなので他社との料金比較を忘れてはいけません。

マンションや賃貸でも大丈夫なの?

電力自由化では、基本的に賃貸・持家問わず個別に電力契約をしている部屋であれば、どこでも電力会社の切り替えが可能です。

ただし、建物全体で一括受電契約をしている場合はその限りではありません。
電力会社切り替えを検討しているのであれば、事前に管理会社や電力会社に確認するようにしましょう。

 

貯まるTポイントとPontaポイント

tepco_006
tepco_007

くらしTEPCOのメリットとして挙げられるのが、ポイントです。
くらしTEPCOで契約をして会員になると、電気料金支払い1000円ごとに5ポイントが付与されます。

ポイントはTポイントかPontaポイントから選ぶことができ、1ポイント1円として利用可能です。

ちなみに書面ではなくWEBから“くらしTEPCO”を申し込めば、それだけで500ポイントが贈呈されるので、申し込む際には書面ではなくWEBを利用するようにしましょう。

tepco_008

さらに期間がいつまでか不明確ですが、2016年4月現在プレミアムプラン(関東エリア)を新規で2年契約として申し込むと、8000ポイントがプレゼントされるようです。
いつまで行っているのか分かりませんので、申し込む方はお早めに。

なお、同じ契約内容でも関東エリア以外はポイントプレゼントの対象外となるので注意しましょう。

くらしTEPCOの提供エリア

2016年4月現在、くらしTEPCOの電力供給エリアは以下の範囲となります。

  • 関東エリア
  • 関西エリア
  • 中部エリア

その他エリアについては順次拡大していくでしょう。
くらしTEPCOの各種プランについて、関東エリアは基本的に全てのプランを選択することができます。

関西・中部エリアの人は、現状スタンダードかプレミアムプランのみのようです。
それぞれの地域に住んでいるのであれば、各地域の電力会社とプランやサービス、条件などを比較検討してみるといいでしょう。

関西は関西電力大阪ガスの電気など、大手企業が扱う電力会社も多くあります。

自分のライフスタイルと照らし合わせてみて、相性のいい電力会社を選択することが大切です。

 

くらしTEPCOのでんき家計簿とは?

スクリーンショット 2016-07-19 07.35.56

東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOは、電力自由化に伴う新メニューや新プランに合わせて「電気家計簿」というアプリサービスを開始しました。

 

電気家計簿は、東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOで契約している人に対して電気代の節約や、ライフスタイルに最適化するためのサポートをしてくれるサービスです。

 

電気家計簿で得られるメリットは以下のとおり。

(1)現在の電気代や電気使用量をいつでもひと目で確認できる

※夏場の冷房や冬場の暖房器具などで「今月電気使い過ぎてるかも…」と不安に感じたときでもすぐに現在の電気使用量や電気代を確認することができます。

使い過ぎているようであれば、少し家電の使用を控えるようにしましょう。それらを習慣づけることで、自然と節電に適した生活が送れるようになります。

 

(2)過去2年間分の電気代・電力使用量も遡って確認できる

※先月と今月などの比較はもちろん、去年と今年の同じ月で比較してみるのも節電を考える上で効果的です。去年の同じ月に比べて電気代が高い場合は、何が原因になっているか調査・確認してみましょう。

 

(3)その他メニューに切り替えた場合の料金シュミレーションができる

※新メニューや新たな料金プランが出たときなど、それらに対して切り替えた場合のメリット・デメリットをシュミレーションできるアプリサービスです。

 

(4)自分の家庭に合った節約・節電テクニックなどのサポートを受けられる

 

(5)ガス・水道・電気などの手続きを24時間いつでも一括で行える

※主に引越しをするときに便利なアプリサービスです。

 

(6)家庭にある各家電のリコール情報や保証期限なども確認できる

※家電の情報を管理するためには、事前にスマホのJANコードなどで登録しておく必要があります。

 

(7)暮らしに役立つオリジナルコラム・トピックスを読むことができる

 

(8)暮らしをアシストするための情報やサービスが利用できる

※「くらしアシストのサービス」では以下のようなサービスが受けられます。

・省エネ家電や各季節に役立つ雑貨情報

・新築住宅や賃貸物件など、引越しに役立つ住宅情報

・家事代行などのハウスサービス

・各家庭に合った提案を受けられるスマートライフ

 

以前は自分と似た環境の世帯と我が家の電力使用量を比較して、世帯人数や規模に対して使い過ぎていないかどうかを確認できる「使用量をみんなと比べる」という機能もありましたが、2016年6月30日にサービスを終了しています。

 

なお、くらしTEPCOと電気家計簿のアプリサービスを利用する場合はそれぞれの会員登録ページからメールアドレスを入力して、登録するようにしましょう。

 

くらしTEPCOと電気家計簿はそれぞれ別に登録ページがあります。

 

くらしTEPCO会員登録ページ

電気家計簿会員登録ページ

 

注意点としてこれらのサービスは、東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOに切り替えないと利用できません。

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

くらしTEPCOは、より多くの電気を消費している人の方がメリットも大きくなります。

逆にあまり電力を使っていない家庭がくらしTEPCOに切り替えると、割高になってしまう可能性があるので注意が必要です。

東京電力エナジーパートナーはもともと他の新参電力会社と比べると、電力単価が若干割高になっています。その分、キャンペーンやその他割引が大きいです。

比較と検討を重ねて、より多くのメリットが出るようにプラン・電力会社を選び抜いてくださいね。

\ 関東の方へ /

banner