05122

“東京ガスの電気”徹底解説!

2016年4月からはじまる一般家庭向けの電力自由化には、大手ガス会社も参入します。

関西地域では“関西ガスの電気”が本格的に動きはじめ、それと同じく関東でも“東京ガスの電気”が電力事業に本腰を入れるようです。

大阪ガスの電気”の詳細については別途ページがあるので、そちらをご覧ください。

今回は関東エリアを供給範囲としている“東京ガスの電気”の料金・メリット・特徴・割引など、あらゆる側面を網羅して解説していきたいと思います。

これまで東京電力で契約していた人は、“東京ガスの電気”に切り替えるだけで毎月の電気代を大きく削減できるかもしれません。

電力量料金/1kWh 東京ガスの電気 電力量料金/1kWh 東京電力
最低利用料金 540円 最低利用料金 230.86円
~140kWh 23.24円 ~120kWh 19.43円
140kWh~350kWh 23.45円 120kWh~300kWh 25.91円
350kWh以上 25.93円 300kWh以上 29.93円

また“東京ガスの電気”はガスとのセットでの割引はもちろん、東京ガスと提携しているサービスが無料で利用できるなどの特典も付属してきます。

 

“東京ガスの電気”のプラン名は「ずっともプラン」

条件・料金・特典・キャンペーンなど、さまざまな面から“東京ガスの電気”のメリット・デメリットを理解して検討材料にしましょう。

“東京ガスの電気”のメリット

“東京ガスの電気”のメリットには、4つのおトクが設定されています。

  • セット割引
  • トリプル割引
  • パッチョポイント
  • 契約時・解約時に手数料無料

この辺りは大阪ガスの電力と似通った部分ではありますが、得となる部分が異なるので1つずつ解説していきましょう。

東京ガスの電気4つのおトク

1.東京ガスと電気をセットで使えば割引でおトク

現状すでに東京ガスを利用している、あるいは電気とセットで申し込むと“東京ガスの電気”の料金を割り引いてもらえるプランです。

ガスと電気セットで基本料金が年間3200円割引になります。

ここに“東京電力”と“東京ガスの電気”の電力単価の差額も削減されるので、5000円以上は期待できるでしょう。

具体的な割引額は契約するA(アンペア)や、毎月の電気代によって異なりますが、目安としての金額は以下の通りになります。

40A契約で年間電気使用量が4,700kWhの場合、東京ガスの電気とガスをセットで利用すると1年間で9200円のおトクです。
i320
さらに“東京ガスの電気”では、ガスとセットで契約することで、水まわり・鍵・ガラスなど生活上のトラブルでもサポートしてくれる“生活まわり駆けつけサービス”が、月額無料で付属します。

これは2018年3月までの期間限定なので、狙うのであれば早めに。

2.ガス・インターネット・電気の3つをセットでおトクな“東京ガストリプル割”
index_zuttomo_img_main_pc

東京ガスの電気とガス、さらにインターネットをセットで契約すれば、月々の通信費から300円の割引を受けられます。

年間で3600円のおトクです。

契約するブロバイダは東京ガスの提携ブロバイダに限定されますが、NTTの回線を利用しているため速度的にはフレッツ光などと大差ありません。

ここまでの解説で削減されている金額は以下の通りになります。

・ガスと電気のセットによる電気代削減9200

・東京ガストリプル割で3600

・生活まわり駆けつけサービス2年間無料4800円(1年間分・2年間で9600円相当)

 
合計割引額17,600円(月額1,466円)
※1年間

ただし、これはあくまで一例なので実際に切り替えた際の割引額は各家庭によってばらつきがあります。

不安な人は東京ガスの電気公式サイトにあるシュミレーションツールを利用して、簡易の見積もりを出してみると良いでしょう。

これから新生活をはじめる人などは特に、東京ガスの電気・ガス・インターネットをまとめて利用すればメリットも大きくなるでしょう。

あるいはブロバイダと回線を別々に契約している家庭であれば、ブロバイダと回線をセットにするだけでも8000円前後の削減は見込めます。

img_tgtriple_pc2

 
 

3.毎月の電気料金支払いで貯まるパッチョポイントでおトク

info_ppoint
まず、パッチョポイントは2016年4月より開始する新サービスです。

“東京ガスの電気”の電気料金1,000円ごとに15ポイントが貯まります。

また東京ガスが提携・提供しているその他サービスでも、ポイントをもらうことができ貯まったパッチョポイントは、オリジナルのグッズなどとの交換が可能です。

さらに東京ガスの会員専用サイトである「my TOKYOGAS」を活用すれば、以下の提携ポイントとも交換できます。

 

・dポイント

・Ponta

・楽天スーパーポイント

・Tポイント

・WAONポイント
point

 

これらポイントによるキャッシュバックも考慮すれば、東京ガスの電気のメリットはより大きくなるといえるでしょう。

電気料金が毎月2万円であれば、1,333ポイント。

年間で15,999ポイントも貯まります。

 

4契約時と解約時には手数料がかからずおトク

05123
他の電力会社では、契約の途中解約で違約金が発生するところも多いのですが、“東京ガスの電気”では電気の申込みや、解約時には手数料が必要ありません。

ただし、ガスやインターネットも解約する場合は別途違約金がかかる可能性があるので注意しましょう。

早期契約者限定!ずっともWキャンペーン

ずっともWキャンペーンは、2016年3月末までに“東京ガスの電気”を契約した人の中から、抽選で2016名にすかいらーくの優待券が当たるキャンペーンです。

 

A賞10,000円分316

B賞5000円分700

C賞3000円分1000

 

さらにmy TOKYOGASの会員には、パッチョポイントが1000ポイント付与されます。

電力自由化がはじまる3月末までに、“東京ガスの電気”と契約した人限定のキャンペーンです。

 

マンションでも大丈夫?

05124
マンションやアパートなどの賃貸でも、個別に電力契約しているのであれば問題なく切り替えることができます。

ただし、建物まるごと一括受電をしている場合は個別の切り替えは不可です。

管理会社が建物の電力契約を切り替えるしかありません。

東京ガスの電気の供給エリアは?

東京ガスの電気が利用できるのは、現在のところ関東近郊のみとなっています。

都市ガスの供給エリアとは異なるので、注意しましょう。

供給エリア

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 静岡県(富士川以東)

 

これらの供給エリアは、今後変更する可能性もあります。
気になる電力会社は定期的にチェックするようにしましょう。

エネシフト編集部エネシフト編集部

“東京ガスの電気”の何よりのメリットは、ガス・電気・インターネットをセット契約することで、各分野で割引が受けられるという点です。
そのため、電力自由化がはじまる4月より新居での新生活をはじめる人などは特に大きなメリットがあります。

あるいは、マンション・アパートを運営しているオーナー様なども、一括受電で大幅な削減が期待できるでしょう。

 

その他の新規電力会社については下記から↓