tp_main_01

banner

「スマ電®」と言う名を聞いた事がありますか?

アイ・グリッド・ソリューションズが提供する、スーパーマーケットで購入できる新電力の名称です。

 

これまで電力会社に連絡する以外に方法がなかった電力会社の切り替えが

電力自由化と共に、スーパーマーケットでも電力契約が出来るようになりました。

 

スーパーマーケットで購入する電力はどこから来ているの?

 

契約窓口 スーパーマーケット

供給契約 株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ

電気供給 一般送電事業者(東京電力・中部電力などの従来の電力会社)

 

スマ電の電気は、各企業で役割を分担しお客様のもとに届けるシステムです。

電気そのものは、従来の電気と変わりありません。

トラブルが起きた際も、従来の電力会社に連絡すれば対応してもらえるので安心です。

 

申し込み対象外

・電流アンペアが30A以下のお客様。

※東京電力エリアは、30Aの契約が可能となりました。

・電気料金が一括管理されているマンション等の集合住宅にお住まいの方。

 

 

スマ電を利用するメリット

・電気料金が、従来の一般送電事業者との電力契約よりも安くなります。

・電気消費量が多いほどお得で、従来よりも12%もお得になる可能性もあります。

・窓口となるスーパーによって、独自サービスが準備されています。

・申し込みがWebや郵送だけでなく、スーパーの窓口でも可能です。

・電力消費情報が24時間いつでもチェックできます。

・請求情報がパソコンや携帯電話から確認できます。

 

 

スマ電を利用するデメリット

・オール電化にお住まいの方は、電気料金がお得にならない場合がありお勧めできません。

・時間・曜日・季節別割引等でご契約の場合、お得感が少ないためお勧めできません。

・太陽光発電・家庭用蓄電池ご利用の方は、お得にならない場合がありお勧めできません。

・供給開始から、6か月以内に解約した場合、解約手数料2000(税別)がかかります。

・請求明細書の郵送には月100円(税別)が必要になります。

・支払い方法が、スーパーによってはクレジットカードのみになります。

 

「スマ電」提携スーパー一覧(店舗別キャンペーン)

 

スマ電が提携しているスーパーは、店舗によって違ったキャンペーンを実地しています。

それぞれのキャンペーン内容は以下の通りです。

 

エーコープ京都中央(京都)

ホームプラン(2段階料金)・ショッププラン(低率割)の方に会員特典あり

・毎週日曜日 お買い物ポイント5倍

・1日1回10ポイント付与

・毎月、厳選商品プレゼント

 

生鮮館なかむら(京都)

ホームプラン(2段階料金)の方に、電子マネーCoGCaに500円分のポイントを付与

 

にしがき(京都 兵庫)

・スマ電「ご利用開始のお知らせはがき」を提示していただくと優待チケットプレゼント

・ホームプラン(2段階料金)の方に、毎月にしがき商品券500円分プレゼント

・ショッププランの方に、毎月5000ポイント と 特別優待チケットプレゼント

 

ボトルワールド OK(大阪 兵庫 奈良)

ホームプラン(2段階料金)の方に、毎週月、火 お買い物ポイント5倍

 

アピタ・ピアゴ(愛知 静岡 岐阜 三重 長野)

新規契約特典

Uポイント500点プレゼント

支払電気料金

Uポイント2倍

ロイヤルメンバーなら3倍

 

一号舘(三重 岐阜)

支払電話料金

一号館のポイントまたはグリーンポイントが5倍

電気料金60円に1ポイント加算

 

いちやまマート(山梨 長野)

毎週日曜・火曜はスマ電の日

・お買い物ポイント5倍

・美味安心4商品から各商品1点2割引

 

ベルクス(東京 埼玉 千葉)

 

夏の共通キャンペーン(終了)

1.昼間の電気使用量が増加する暑い日の前日、スマ電からメールでお知らせ

2.メール所定日、13時~16時に登録店舗来店(電気は消してきてね)

3.ポイント付与(店舗によってポイントの付与率は変動します)

 

スマ電では、電力消費の多い時間帯の節約を働きかけるイベントも企画されていました。

今後も、地域に根付いたイベントが期待されます。

 

「スマ電」新料金プラン

1

2

50A、60Aの方は、毎月の電気代(基本料金+電力量料金)が2%割引となります。

3

1段料金25.60円

2段料金27.10円 の2段料金設定です。

4

スマ電割引適用(最低料金と電力量金の合計(税込))

8,000円以上の場合5%OFF!

10,000円以上の場合 8%OFF!

12,000円以上の場合 10%OFF!

 

進化するスマ電

 

日本に先駆けて、ヨーロッパや北欧では電力自由化の取り組みが行われました。

イギリスでは、スーパーマーケットや生活協同組合等の生活と密着した事業者からの電力販売が、人気を集めています。

しかし、同じシステムなはずのスマ電は、お世辞にも好調とは言えませんでした。

 

不調の理由は、スーパーとの提携を重視し過ぎていたためです。

ポイントを上手に使いこなしている人以外には、魅力を実感できなかったのです。

「ポイントは気づいたら溜まっている」

「あれば得になる程度にしか考えていない」

「あまり意識をしていない」

このような意見が多く、電力量がお得になるプランを打ち出した企業に人気が集中しました。

 

次に問題になったのは、

一軒家・個別電力の大家族を前提にした価格設定だったことです。

新しい事・お得な事は試してみようという、アクティブな年代層が置き去りにされました。

 

結果、各小売電気事業者が価格競争やキャンペーン合戦を行う中、

「日常的に利用しているスーパーでない限り意味がない」

等と言われ、スマ電は電力自由化競争に乗り遅れたのです。

 

そんなスマ電が、十分に競争力のあるプランを打ち出してきたのです。

それが今回ご紹介したプランになります。

 

状況を見て、即座に対応・変化をしていくスマ電だからこそ、今後他にない魅力を見せてくれることでしょう。