5136

スマートメーター徹底ガイド

2016年4月より電力自由化がはじまり、電力会社を切り替える場合はスマートメーターの取付工事が必要になります。

・そもそもスマートメーターって何?という人

・スマートメーター本体が有料か無料?

・どんな工事が行われるのか?

 
など。これらの不安や疑問を抱く人も多いでしょう。

 

従来までは、各家庭がどれくらいの電気を毎月使っているのかの計測を調査員が一軒ずつ検針して調べていました。

そのため“その月にどれくらいの電気を使用したか”という結果のみしか分からず、その都度調査員が測定する必要もあるため、非常に非効率でした。
 

スマートメーターは、それらの課題を解説した新しい形の測定システム機器になります。

今回は電力自由化で必須になるスマートメーターとは何か。またどのように設置・工事をするのかということについて解説していきましょう。

スマートメーターに交換するとどうなるの?

従来の電気メーターからスマートメーターに変更すると、その家庭で使用された電気量が自動的にリアルタイムで測定されていきます。

つまり、今までは“1月分の電気使用量は150kWhです”という検針票とそれに応じた請求書が送付されていたものが、スマートメーターを導入することで“何月何日の何時何分にはこれくらいの電力を使っています”というような、詳細な数値が30分ごとに計測されていくのです。

従来

img_smartmeter_03

導入後

img_smartmeter_04

30分単位で使用料がわかる!

さらにHEMS(ヘムス)という機器を別途導入すれば、スマートメーターが測定したデータをHEMSに送信して“どの時間帯により多くの電気を使用しているのか“や”どの家電が1番電力を消費しているのか“などを、数値化してくれます。

hems2013062701

これを“電力の見える化”といいます。

スマートメーターの設置のみでも電力会社の切り替えは可能ですが、政府としては2030年までには全世帯にHEMSを導入したいと考えているようです。
 

HEMSは現状スマートメーターと違って無料で設置してもらえるものではないので、各電力会社のサービスや個人で機器を用意しなくてはなりません。
 

その辺りついては、今後電力自由化が浸透するにつれて政府が何かしらの対策をしてくると思います。

 

スマートメーターの工事って何するの?

pic_easy01
スマートメーターの工事は、基本的に従来の電気メーターを付け替えるだけです。

そのため、室内に業者が入ってきて、あちこちに施工をするようなことはありません。

 
またスマートメーター本体や工事に関しては原則すべて無料で行ってもらえるので、そこで初期費用等が発生することもないのでご安心ください。

スマートメーターへの交換作業を行うとき、停電などが起こるのではと不安を感じている人もいると思います。

 

原則として交換工事時の停電は発生せず、仮にブレーカーを落とす必要性や停電の可能性がある場合は、工事前にその旨が伝えられるので心配ありません。

念のため、スマートメーター交換作業時のPC作業などは控えるようにしましょう。

05135

HEMSって何?

HEMS(ヘムス)は“Home Energy Management System”の略で、家庭内のさまざまな電力機器(太陽光発電・エアコン・照明機器・電気自動車・蓄電池・燃料電池・エコキュートなど)をIT技術によってネットワークでつなぎ、家庭全体のエネルギーを一括で管理できる宅内制御装置です。
hems

HEMSを導入する場合の費用は?

HEMSは各種メーカーや大手家電量販店などでレンタル・販売・設置を行っています。

スマートメーターは無料交換の対象なのですが、HEMSを導入したい場合は各家庭で用意しなくてはなりません。

価格はメーカーによって大きく異なり、2万円前後から10万円以上などさまざまです。

なお、HEMSのレンタル・販売・工事を取り扱っているメーカーと各種商品名は以下の通りになります。

 

メーカー 商品名
東日本電信電話(NTT東日本) フレッツ・ミルエネ
TOKAIコミュニケーションズ エネレポ
パナソニック ECOマネシステム
東芝ライテック フェミニティ
エディオン エディスマHEMSスタンダード
パナソニック スマートHEMS
ファミリーネット・ジャパン me-eco(ミエコ)
エネゲート スマートエコワット
シャープ 電力見える化システム
デンソー HEMS
大和ハウス工業 D-HEMS
因幡電機産業 エムグラファー
スマートパワーシステム パワミル
トヨタメディアサービス H2V-α
ナビ・コミュニティ スマートエコナビ
日新システムズ カスタムHeMS
日本電気(NEC) クラウド型HEMS
ミサワホーム enecoco(エネココ)
メディオテック エコー太

 
現在のところ、HEMSの導入は購入かレンタルのどちらかです。

レンタルの場合は毎月数百円の支払いでHEMSを導入できます。ただ長期的に利用することを視野に入れると購入してしまった方が、費用対効果の出る可能性は高いです。

さらにこれとは別途工事費などもかかってくるので、もし予算に余裕があるのであればHEMSの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

逆にレンタルは長期利用で故障などがあった場合でも、交換等々の融通が利きやすくなるメリットもあるので、各家庭・個人の好みや状況に合わせて活用することをおすすめします。

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

電力自由化と並行してスマートメーターとHEMSを設置して「見える化」にすることで、家庭内の消費電力を明確に把握できるようになります。それによって余計な電力の節電はもちろん、電気代や家計の調整にも役立つでしょう。

HEMSは購入すると高額ですが、レンタルであれば毎月僅かな出費でも導入が可能です。予算や将来的なことを視野に入れて、自身の家庭に合ったプランを組むようにしましょう。