a4541fac4ab751b3ec9f6883c40ee73b_s

新電力一括.jpは、地域の電力会社から新電力会社へと契約先を変更したいとお考えの法人を対象にした新電力一括比較システムです。

高圧・特別高圧受電をご利用の企業で、電気代が高くてお困りの方を応援しています。

 

ここでは法人向け新電力の概要から、新電力一括.jpの使い方について詳しく解説していきましょう。

 

新電力一括.jpとは

現在多くの電力業者がありますが、自社の希望に沿った業者を見つけるのは、なかなか大変なものです。

2016年に新規参入を行った電力業者は主にご家庭向け。

 

電力切り替えが盛んな中、オフィス・店舗・工場なども電気料金の節約ができないだろうか?

そんな風にお考えの方に、現在ご利用の使用電力からプラン・予算にあった電力業者探しを応援するのが「新電力一括.jp」の一括見積もりサービスなのです。

 

複数の代理店から完全無料で比較できるため、ニーズに沿った業者が見つかるはずです。

新電力一括.jpを運営するのは?

2008年にWeb広告代理サービスをメインとした、Webサポート事業を行うために設立された㈱doubLeです。

近年は、各職業の転職サイト比較をご提供しています。

その豊かな実績から、電力節約に悩む方をサポートしてくれるはずです。

一括お問合せとは?

新電力一括.jpに登録いただいている10社の中から、お客様の地域に合わせた見積もりをご提供してくれます。

大手企業みたいに目立たないけれど、あなたにあった電力会社はきっとあるはずです。

そんな特別な企業をお勧めしていきます。

新電力(PPS)とは?

新電力(PPS)とは、下記の図のように大手の電力会社である一般電気事業者とは異なります。

電力の小売り販売を行うためには、資格が必要です。

その資格を取得できた業者は電力の販売が出来るようになります。

 

高圧電力は元々自由化されていました。

そのため、新電力は高圧電力への進出が大きいです。

 

新電力(PPS)の開始は電力取引の相手を限定し2000年より開始されています。

大規模工場・中小工場・総合スーパー・総合病院などの業種が電力切替えへと乗り出しましたが、一般に広まることはありませんでした。

 

しかし2016年4月の電力自由化により一気に周知されることになったのです。

企業が新電力乗り換えで得られるメリットとデメリットは?

メリット

・初期投資をかける事無く電気料金の削減ができる

・多くの電力会社から、自分の求める条件の電力会社を選択することができる

・書類の提出のみで電力の切替えが可能です

・CO2の排出が少ないクリーンエネルギーを導入できる

デメリット

電力会社を変える事でのデメリットと言うものは、実質的にはほぼありません。

あえて述べるなら、

「電力会社を変えてしまうと、今までの通りのサービスや電力供給が受けられないかも」

このように不安を感じてしまう事でしょう。

「もし送電線トラブルがあったら?」

「落雷で停電があったなら?」

「電力発電が十分になされなかったら?」

このような不安は事前に対処されています。

不安は時間と共に失われていくでしょう。

年間どれくらいの電気コスト削減が期待できるの?

新電力の削減の多くは、1~5%程度の削減率とされています。

割合で表現すると小さく感じるかもしれません。

【高圧電力100kW 月間40,000kWh:東京電力】の電力利用がある場合

1%の削減 年間 95,837円

5%の削減 年間479,188円

このように大きな削減が可能となるのです。

法人(高圧電力以上)が電力供給を受けるには?

法人用の価格で電力供給を受けるには?高圧以上の電力を使用している施設が対象です。

高圧電力とは、

・標準電圧6,000Vの電力受電を行う

・施設内にある変電設備を利用し、変圧した電力を使用します

・契約電力が、50kW以上2000kW未満

契約電力2000kW以上(標準電圧20,000ボルト以上)は、特別高圧と呼ばれます。


高圧以上を利用しているなら、対象は法人・個人を問いません。

新電力利用までの流れ

  1. 申込書・変更届に記入
  2. 申込・変更手続き
  3. 切替え可否連絡
  4. 切替え不可能な場合は、結果及び不可能だった理由を説明
  5. 切替えが可能だった場合、契約書面に押印後に提出
  6. メーターの取り換え

    取替の際に停電は置きません。

    ※自動検針装置が設置済な場合は取替の必要はありません。

6、契約月から電力供給開始

※申し込み(変更届)の提出後から、切替え終了まで通常2~3か月かかります。

比較するのは?

料金で比較

複数業者の料金プランを1度の問い合わせで簡単に比較できます。

実績で比較

各社の実績を確認したうえで、比較契約が行えます。

ジャンルで比較

企業ごとに得意としているジャンルで比較します。

希望ジャンルに合わせて比較も可能です。

納期で比較

お客様が新電力に切替えできる時期で比較します。

2016年10月時点で登録頂いている比較企業一覧

一括見積もりシステムの使い方

1、電力の基本情報をご記入下さい。

お手元に検針票をお持ち頂くと、ご記入しやすいです。

・導入検討場所をチェック

・現在契約している電力会社を選択

・電気契約種類を選ぶ

・契約電力を記入

・現在ご利用いただいている年間使用電力を記入

・お客様情報を記入

これらの情報を入力して頂くことで、お問合せが完了となります。

2、新電力業者に一括見積もり情報が送られます

3、対応可能会社から、お客様にご連絡がいきます

4、見積もりが、お手元に届きましたら各会社を比較・検討してください

まとめ

低電圧の電力自由化が開始され、新電力に多くの企業が参入しています。

それらのほとんどは、一般家庭が対象となっています。

 

電力利用の多い企業ほど、電力の節約を行いたいはずです。

しかし、どの電力会社が良いのかの情報は余り多くはありません。

 

そんな悩みを新電力一括.jpは解決してくれるはずです。

節電・クリーンエネルギーで地域住民との関係性向上、電力切替えの理由は様々だと思います。

まずは、見積もりを申し込んでみてはいかがでしょうか?