c0d33cb2a0d868a8d809538fba0a9049_s
2016年からいよいよ「電力自由化」がスタートします。簡単に言ってしまうと、これまではそれぞれのエリアの大手電力会社が独占的に販売していた電力を、2016年の4月からは自由に選ぶことができるようになるのです。

しかし、急に自由化されたからと言って、どんな企業を選べば良いのかわからない、という方がほとんどでしょう。

icon04そこで、まずは2016年4月以降から電力販売に新規参入する企業についてチェックしてみましょう。

 
きっと、あなたにとってベストな契約先を見つけることができるはずです。

どこの企業であっても共通していることは?

最初に、どの企業を選択したとしても共通している点から確認しましょう。すべての企業で共通しているのは送電網です。要するに、電力の供給に使用される電線などは、これまでと同じく、地域の電力会社のものが使用されます。そのため、新規参入の企業を選んだとしても、停電などの心配はありません。

また、契約できる企業が地域によって変わる、という点もこれまでと変わりません。そのため、お住まいの地域ごとに契約できる企業の中から、もっともあなたにマッチしているところを探すことになります。

それでは、全国の新規参入企業の中から特におすすめのところをいくつかご紹介しましょう。
85d32f25b5cc3ca8187d676ad70a0ac8_s

環境にも優しく、実績もあり!ENEOSでんき

4628eye
石油関連企業として知られるENEOSも一般向けの電力販売に参入することが決まっています。販売されるのは2016年4月の開始時点では関東エリアとなっています。
実はENEOSはJXエネルギーとして、2003年から法人向けに電力販売を開始し、すでに10年以上、電力供給を続けてきた、という実績を持っています。そのため、安心して利用できるでしょう。

サービス展開としては、他の業種との提携も積極的に進めています。

icon04現時点で決定しているのは、電気料金の支払いで、「Tポイント」が貯まるようにったり、ANAカードやTSキュービックカード、レクサスカード、エポスカードなどで料金を支払うと、ポイントや参るを貯めることができるようになります。

毎月かならず支払うことになる電気料金でポイントやマイルが貯まることになりますので、かなり嬉しいサービスと言えるでしょう。

 
また、ENEOSでんきは、天然ガスを使用しての発電が中心となりますので、石炭発電よりもCO2発生量が40%ほども少なく、環境にもしっかりと配慮されています。
地球に優しく、しかもお得なサービスを提供してくれる…それがENEOSでんきの魅力です。

お得な料金プランのmyでんき

km_tonen7
できるだけ電気料金を安くしたい、という方におすすめなのが東燃ゼネラルが展開する「myでんき」です。
東燃ゼネラルもENEOSとどうように、以前から工場の自家発電によって作られた電気を法人向けに販売していたという実績を持っています。

今後は発電設備をさらに増強し、幅広いエリアでの給電を目指しています。

icon04このmyでんきの最大の魅力はお得な料金プランでしょう。現時点で発表されている料金プランでは、東京電力の標準的なプランである「従量電灯B」より、なんと最大で6%ほども安くなるものまで用意されています。

 
割引率が契約容量によって異なっていますので、あなたの場合はどのくらい安くなるのかを一度チェックしてみましょう。

通信会社も参入!ソフトバンクのソフトバンクでんき・auでんき

softbank_20150106
今回の電力自由化にともなって、石油・ガスなどのエネルギー系企業のみでなく、通信会社も参入することになっています。
その中でも特に注目を集めているのが、大手のソフトバンクが展開する「ソフトバンクでんき」です。

ソフトバンクグループとしてはすでに2014年から「SB Power」として、一般家庭の太陽光発電によって発電された電力の買取や、法人向けに電力販売を行ってきました。歴史はまだ浅いですが、十分実績であると言えるでしょう。

そんなソフトバンクが一般家庭向けに展開するのが「ソフトバンクでんき」です。

icon04生活スタイルにあわせて用意された4つのプランから自由にチョイスできますので、多くの家庭でフィットする料金体系を見つけることができるようになっています。
さらに、電気と同時に、ソフトバンクのスマホ・ケータイ、さらにネットなどを同時に契約し、利用することによって割引を受けることができる、といったサービスも用意されています。

 

Tポイントとも提携されており、電気代1000円毎に5ポイントが付与されます。このようなサービスをフルに活用できれば、電気料金をかなりお得なものにすることができるでしょう。

また、ソフトバンクのライバル通信会社であるauも「auでんき」として新規参入することが決まっています。
electricity_liberalization_by_au_009

ソフトバンクでんきと同様に、スマホや携帯電話と組み合わせて契約し、利用することによって、割引が適用される他、電気の使用料に応じてキャッシュバックを行う、といったサービスが展開される予定です。電気料金が高いほど、キャッシュバック率は高くなりますので、電気の使用量の多い家庭ほど、お得になります。

 

それだけでなく、auでんきでは専用のアプリが提供され、これまでよりも細かく電気の管理ができます。このアプリでは、現在の電気使用量がチェックできるだけでなく、電気を使いすぎてしまった場合に、通知してくれる、といった機能も搭載されていますので、さらに安心して電気を使用できるようになるでしょう。

エネシフト編集部エネシフト編集部

このように、電力自由化に伴って、さまざまな企業が新規参入し、それぞれがことなったサービスを展開することになります。
あなたの家庭にとってベストな企業を選び、よりお得に電気を使いましょう。