電力自由化に参入した企業は非常に数が多く、業界業種を問わず大手企業も少なくありません。ショッピングサイト等で有名な楽天もその1つです。

 

楽天が提供している「楽天エナジー」の電力サービスには、一般家庭や小規模施設向けの「まちでんき」と、法人や大型施設向けの「iシェアリングサービス」があります。

 

また楽天エナジーは、その他の新規電力会社とは異なり、電力の提供以外にも電気契約の最適化提案・マネージメントなど、トータル的なサポートを行っているのが特徴です。

 

当コンテンツでは、楽天エナジーの特徴やメリット・デメリット・料金・サービス内容など、全体的なガイドを解説していきます。

楽天エナジーの電気使用量に応じて楽天ポイントが貯まるなどのお得情報もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

\ 楽天エナジーの魅力♪ /

banner

 

 

■楽天エナジーとは

楽天エナジーは「楽天株式会社」が提供する、新規電力サービスです。

2016年4月から電力小売自由化に伴って新規参入し、電力サービス以外にも電気に関するコスト削減サポートなども行っています。

 

電力自由化に新規参入した企業は100社以上に及びますが、その大半は電力の供給・売電のみです。楽天エナジーでも一般家庭向けに「まちでんき」という電力プランを展開しています。

 

しかし楽天エナジーは、まちでんきだけでなく大型施設向けサービスとして「iシェアリングサービス」も提供しているのです。

このiシェアリングサービスは、ユーザーの電気利用環境を調査・ヒアリング・分析し、最適と思われる電力会社を提案するというサービスです。

あくまでユーザーのコスト削減・環境最適化が目的なので、楽天が提案する電力会社などは楽天エナジーの電力だけに限りません。

電力会社との交渉や、面倒な書類作成その他雑務も全て楽天エナジーが代行してくれます。

 

大型施設ともなれば電力コストも相当な金額になるため、ユーザー側のメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

■まちでんきの供給エリア

楽天エナジーの一般家庭向け電力サービス「まちでんき」の供給エリアは、以下の範囲となります。※2016年5月時点

・北海道電力エリア

・東京電力エリア

・関西電力エリア

・九州電力エリア

また、楽天エナジーの公式サイトによれば2016年夏頃より、順次東北・中部・中国エリアに拡大していく予定とのことです。

 

楽天エナジーは直接電力の調達や発電を行っておらず、それらの業務は「丸紅新電力」が担当しています。そのため、電力の供給エリアも丸紅新電力と全く同じです。

 

丸紅新電力については”丸紅新電力のメリットは?売電もできるサービスを完全ガイド“を参考にしてみてください。

 

■まちでんきの料金・メリット

楽天エナジーのまちでんきには、”プレミアム”と”スタンダード”の2つのプランがあります。

プレミアムプランは小規模施設向けのプランで、東京電力の従量電灯C相当です。

 

スタンダードプランは、一般家庭向けのプランで、東京電力の従量電灯B相当になります。

プラン名 プランS東京エリア スタンダード 従量電灯B
電力量料金/1kWh 丸紅新電力 まちでんき 東京電力
基本料金 1.123.20円 1247.20円 1123.20円
~120kWh 19.43円 19.43円 19.43円
120kWh~300kWh 25.91円 25.91円 25.91円
300kWh以上 25.91円 25.91円 29.93円
※40Aの場合

上述したとおり、楽天エナジーの電力は丸紅新電力のものなので、基本的な従量料金は丸紅新電力と同じです。ですが、契約アンペアや1kVAあたりの基本料金は異なります。

スタンダードプランでは、丸紅新電力のプランSと比較して、基本料金が若干高めに設定されているのです。

 

純粋な金額では丸紅新電力よりハイコストですが、楽天エナジーは電気使用量10kWhごとに楽天ポイントが1ポイント還元されます。

電気を使えば使うほどポイント還元が多くなり、メリットも大きくなるということです。

 

電力の使用量によりますが、ポイントでの還元を視野に入れれば、必ずしも丸紅新電力に劣るとは限りません。

各家庭の電力使用環境に合わせた電力会社を選ぶことが大切です。

◆楽天エナジーのメリット

・電気使用量10kWhごとに1ポイント還元

楽天エナジーの電気使用量に応じて、楽天ポイントが貯まります。

 

10kWhで1ポイント還元なので、300kWhだと30ポイント。年間で360ポイントです。

なお、楽天スーパーポイントで電気料金を支払うことはできません。

 

・電気使用量の「見える化】でいつでも確認可能

スマートメーターが計測している30分ごとの電力使用量データを、WEBでいつでも確認することができます。

電力使用量以外にも現在の獲得予定ポイントや、過去の請求書・料金推移など各種データの取得が可能です。

 

・楽天のその他サービスとセット利用でお得に割引

まちでんき契約者には、契約の翌日1日楽天関連サービスをお得に利用できるクーポンが付与されます。

クーポン対象は時期に応じて変わると思いますが、2016年5月現在公開されているのは以下の楽天関連サービスです。

楽天 MART 200円off

楽天 kobo 10%off

楽天 SHOWTIME 100円off

楽天 GORA 1000円off

 

普段から楽天サービスを頻繁利用する人は、楽天エナジー契約によるメリットも大きくなるでしょう。

 

※違約金について

まちでんきは解約時の違約金も発生しません。

 

◆楽天エナジーのデメリット

電気使用量が少ない家庭では割高になる可能性がある

丸紅新電力は40A以下が1123.20円であるのに対し、楽天エナジーは40A契約で1463.20円。

 

楽天の利用頻度が少なく、ポイントによる還元も少なければ、楽天エナジーで丸紅新電力以上のメリットは期待できません。

■キャンペーン

楽天エナジーでは、エントリー+まちでんき新規契約で5000円相当のポイントをプレゼントするキャンペーンを行っています。

キャンペーン対象者の条件は、従量電灯B 60A以上か従量電灯Cでの契約です。

 

キャンペーン期間は2016年5月10日から2016年7月1日まで。

60A以下の契約では、キャンペーン対象にならないので注意しましょう。

 

またこのキャンペーン期間終了後も、何かしらの新規キャンペーンや企画がはじまる可能性は十分にあります。

各自の家庭の電力利用環境をしっかりと把握し、何が必要で不要なのかを明確にすることで、それぞれの個人に合った電力会社を選別できるしょう。

 

楽天エナジーは楽天サービスの利用頻度が高く、電力使用量も多い人にこそ、オススメの電力サービスです。

 

■マンションや賃貸でも契約できる?

賃貸であっても電気契約者本人であれば、アパートやマンションの部屋別に電力会社を切り替えることができます。

しかし、建物全体の一括受電契約や、何かしらの固定契約が交わされている場合は変更できません。

 

これらの情報が不明確であれば、管理会社や現在契約中の電力会社などに問い合わせてみるといいでしょう。

\ 楽天エナジーの魅力♪ /

banner

 

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

楽天エナジーは分社せず、楽天株式会社本体が運営している電力サービスです。

電力自由化に伴い参入してきましたが、現段階では今後の広がり方が予測できません。普段から楽天をよく使い、楽天ポイントを効率的に貯めたい人は、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。