0511

電力会社各社のメリット・デメリットを徹底比較!

全面的な電力自由化が4月よりはじまり、すでに多くの企業が電力小売事業に参入しています。

それぞれの電力会社は各社でオリジナルの料金プランやセット割引・キャンペーンなどを行い、集客に注力している状況です。

 

一方、ユーザーは電力自由化になったからといって、全国全ての電力会社を自由に選べるわけではありません。

各電力会社は、関西電力エリア・東京電力エリアなど、特定の供給範囲を設けています。

つまり、自分が住んでいるエリアが契約したい電力会社の電力供給範囲に含まれていなければ、契約することができないのです。

 

電力会社が増えると選択肢が増える反面、自分の住んでいるエリアで選べる会社や特徴などが分かりにくくなってしまうデメリットもあります。

 

そこで今回は、電力自由化に参入した企業の中で、供給エリアに大阪が含まれている電力会社の各社メリット・デメリットなどを中心にご紹介しましょう。

同じエリアであっても電力料金が異なるのが、電力自由化の特徴です。

大阪供給エリア(関西電力エリア)の電力会社

大阪供給エリア(関西電力エリア)の主な電力会社一覧
  • 関西電力
  • 東京電力エナジーパートナー(くらしTEPCO)
  • 大阪ガスの電気
  • 丸紅新電力
  • ソフトバンクでんき
  • auでんき

 
大阪に電力を供給している電力会社は数多くあるのですが、その中でも代表的な企業を紹介していきましょう。

 

エネシフトの別コンテンツでは各社のメリット・デメリットをさらに深く掘り下げて解説しているので、参考にしてみて下さい。

 

関西電力

200x107xaa8e8900d8c1e68dcb736d600571d6db-e1441783199110.png.pagespeed.ic.945SJW9d4X
大阪に住んでいる人であれば、電力自由化以前は全家庭が関西電力と契約していました。

電力会社の切り替えを行っていないのであれば、現在も関西電力から電力を供給されています。アパート・一戸建てなど建物の形態は問いません。

関西電力従量電灯A

a

基本的に現在の関西電力の料金プランは、新規電力会社の電力サービスよりも高くなる傾向にあります。

各新参の電力会社が、各地域電力会社よりも安くなるようにプランを設定しているためです。

以上のことから、関西電力は今後の動き方に注目したい電力会社になります。

関西電力の具体的な魅力については“関西電力の魅力はなに?選ぶメリットとデメリット。賢く電力選び!”を参考にしてみてください。

 

東京電力エナジーパートナー(くらしTEPCO)

tmn_20160401_0006_03

東京電力エナジーパートナーのくらしTEPCOは、東京電力が電力自由化に伴い電力事業を分社化し、改めて発表した新電力サービスです。

 

くらしTEPCOのメリットとして、電力使用量に応じて大小問わず最適なプランを選べるというポイントがあります。

代表プランであるスタンダードS・L・Xプランは従来の従量電灯よりも単価も安く設定されているので、正しいプランを選択すれば確実に電気代を削減することが可能です。
12

またくらしTEPCOの料金支払いでは、1000円につきTポイントやPontaポイントが5ポイント貯まります。

詳しくは“電力自由化に伴う東京電力のくらしTEPCOのプランやサービス完全ガイド”を参考にしてみてください。

 

なお、くらしTEPCOのデメリットは、夜の電気代が安くなる「夜トク8,2プラン」やオール電化に向けた「スマートライフプラン」が、現在関東エリア限定というところです。

今後拡大する可能性はあります。

 

電力自由化に参入した電力会社の中でも、特に大阪や中部エリアに力を入れてほしい企業です。

 

大阪ガスの電気

title_img
大阪ガスが新たに始めた電力サービスです。

大阪ガスの電気最大のメリットは、ガスとセットで契約することで適用される【ガスセット割】
pic_index01

電力使用量に関わらず、関西電力よりも安くなるように設定されています。

加えて2年契約を行えば、ガスセット割とは別に電気代が2%割り引かれるので、さらにお得です。

ただし、スマホなどと同じように途中解約をしてしまうと、2000円の違約金がかかるデメリットもあるため注意しましょう。

 

大阪ガスの電気については“大阪ガスの電気のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド”で詳細に解説しています。

 

丸紅新電力

marubeni
丸紅新電力の魅力は、安定性と高度な技術から作られる電力です。

10年以上の実績から供給されるハイクオリティな電力が、各地域電力会社よりも割安で利用することができます。

大阪電気4

関西電力の従量電灯Aと比較して、年間9800円の削減が期待できるのです。

現在具体的なキャンペーンなどは実地されていませんが、今後行われる可能性は非常に高いでしょう。

また売電や電気の買取も行っているので、法人・個人問わず付き合いやすい企業です。

 

丸紅新電力については“丸紅新電力のメリットは?売電もできるサービスを完全ガイド”で解説を行っているので、参考にしてみてください。

 

 

ソフトバンクでんき

softbank
携帯・スマホの3代キャリアの1つである「ソフトバンク」が、電力自由化に乗じて参入し、提供を開始した電力サービスです。

日中の電力消費が少ない家庭から激しい家庭まで、あらゆる場面を想定したプランが用意されています。
0512
ソフトバンクでんきのメリットは、供給エリアである大阪・東京・中部などの地域に関係なく、スマホ・携帯・インターネット(ソフトバンク光)と合わせて電気を契約すると、毎月割引が受けられるというところです。

ただし、その他のサービスと同じく途中解約すると、ネット・電話・電気と連鎖的に違約金が発生するデメリットもあるので注意しましょう。

 

ソフトバンクでんきの詳細は“ソフトバンクでんきは、携帯電話やネットとセットでめちゃお得!”のコンテンツで紹介しています。

 

auでんき

160122HP_auでんき

auでんきは、ソフトバンクでんきと同じく3大キャリアの1つであるauが、関西電力と提携して始めた電力サービスです。

電力自由化に伴い大阪・東京・中部・九州など沖縄電力エリアを除く全地域に電力の供給を行っています。

 

auでんきのメリットは、ソフトバンクと同じくスマホ/携帯とセットで利用することで割引が適用される“auでんきセット割”です。

毎月のauでんき使用料金の1~12%が、au WALLETプリペイドカードのポイントとして還元されます。
img_feature01_02
 

一方デメリットとして挙げられるのは、オール電化住宅には対応していないという点と、1年縛りがあるところです。

auでんきを1年未満に解約してしまうと、2000円の違約金が発生してしまいます。

 

これよりも具体的にauでんきを解説したコンテンツが“au電気のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド”になるので、検討中の方は参考にしてみてください。

 

なお、携帯3キャリアのうちドコモだけは、2016年4月現在も電力サービスの発表をしていません。

今後新たに情報が入り次第、皆さんにお届けしていきます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

電力自由化で大阪・東京を中心にして一気に新規電力会社が増えたので、ユーザーの中には「プランや会社が多すぎてめんどくさい」と感じる人もいると思います。

たしかに電力自由化に伴う電力会社の増加は、急激なもので人によっては混乱を招く部分もあるでしょう。

 

しかし、ちゃんと理解した上で電力会社を切り替えれば、必ず電気代を削減できるので、大阪に在住している人は、今回の内容を参考に新規電力会社を検討してみてください。

エネシフト編集部エネシフト編集部

大阪にも電力を供給している電力会社は、まだまだ多くありません。

しかし、電力自由化で大阪・東京エリアを軸に着実にサービス・範囲共に拡大しつつあります。

電力自由化の浸透でさらなるサービスやキャンペーンも増えてくると考えられるので、各家庭に合った電力会社を吟味するようにしましょう。