スクリーンショット 2016-07-17 10.59.13

banner

ミツウロコグリーンエネルギーの電気は、「ミツウロコグリーンエネルギー株式会社」が提供している電力供給・販売サービスです。

 

元々ミツウロコグリーンエネルギー株式会社は、風力発電やバイオマス発電・太陽光及び新エネルギーによる発電・調達を行っており、その電力を小売・卸売などすることで利益を得ていた会社です。

 

これまでは、ビルやオフィス・工場など電気の高圧契約をしている施設を中心として、法人を対象に電力販売・供給を行ってきました。

しかし、2016年4月より、低圧契約をしている一般家庭への電力の小売が自由化されたことをきっかけに「ミツウロコグリーンエネルギーの電気」として、新料金プランが始まったのです。

 

ミツウロコグリーンエネルギー(ミツウロコGE)は、元々風力発電や太陽光発電・バイオマス発電などを取り扱ってという実績もあるため、火力発電以外の再生可能エネルギーや、環境(エコ)に優しいFIT電気を積極的に採用しているという特徴があります。

 

ここでは、そんなミツウロコグリーンエネルギーの電気に関するメリットやデメリット、料金プランなどについて、詳しく解説していきましょう。

■ミツウロコグリーンエネルギーとは?

ミツウロコグリーンエネルギーは平成12年に設立されて以降、地球環境の改善や各地域へのエネルギー供給率の向上を目的として、さまざまな取り組みを行っています。

 

従来より、風力発電・バイオマス発電・太陽光発電・LNG発電などで電力を生み出し、多くの施設や建物に大量の電力を供給してきたのです。

 

電力に限らず、LPガスやリチウムイオン電池なども取り扱っており、あらゆるエネルギーを<作る><配る><貯める>ことに重点を置いています。

 

原発(原子力発電)や火力発電を脱却し、脱原発を願う人々にとって、再生可能エネルギーを中心に扱っているエネルギー会社は貴重な存在と言えるでしょう。

■ミツウロコグリーンエネルギーの電気の特徴

ミツウロコグリーンエネルギーの電気最大の特徴は、環境に対して負荷が大きい火力発電や原子力による発電を使用せず、太陽光発電・風力発電・バイオマス発電など、エコに優しい再生可能エネルギー(FIT電気)の割合が大きいことです。

 

ミツウロコグリーンエネルギーの電源構成(2014年度の実績)

◆常時バックアップ・インバランス補給・JEPX(卸電力取引所)含む

・FITバイオマス 11.77%

・FIT太陽光 3.19%

・水力発電 4.59%

※FIT電気を含む再生可能エネルギーの比率は全体の19.55%

・一般電気事業者から受電している新電力・新エネルギー 3.61%

・LNG火力発電 43.66%

・石炭 15.30%

・石油 8.56%

・卸電力取引所 7.60%

・廃棄物 1.72%

・原子力 0%

◆常時バックアップ・インバランス補給・JEPX(卸電力取引所)を除く

・FITバイオマス 22.20%

・FIT太陽光 6.01%

・水力発電 3.13%

※FIT電気を含む再生可能エネルギーの比率は全体の31.34%

・LNG火力発電 45.38%

・石炭 11.52%

・石油 8.52%

・廃棄物 3.24%

・原子力 0%

電力自由化によって参入した多くの電力会社や、一般電気事業者が取り扱う電気の電源構成は、ほとんどのところが火力発電を中心としています。

 

ミツウロコグリーンエネルギーの電気以外にも”ソフトバンク電気“”じぶん電力“”エネオス電気“などの電力会社も、LNG火力や太陽光発電などを積極的に活用していますが、全体の絶対数としては、まだまだ石油火力に依存している電力会社も少なくありません。

 

ミツウロコグリーンエネルギーが多く取り扱っているFIT電気(再生可能エネルギー)は、公的機関からの賦課金も適用されるため、電力を仕入れる際にも石油火力などより安価に入手することができます。

 

結果、ユーザーに対しても、これまでより安くてエコに優しい電力を供給できるのです。

■ミツウロコグリーンエネルギーの電気供給エリア

ミツウロコグリーンエネルギーの電気は供給されているエリアが広く、現在も随時拡大しています。具体的なエリアと地域は以下の通りです。

◆東北エリア

・青森県

・岩手県

・宮城県

・秋田県

・山形県

・福島県

・新潟県

◆関東エリア

・群馬県

・栃木県

・茨城県

・埼玉県

・東京都

・千葉県

・神奈川県

・山梨県

・静岡県の富士川以東

◆中部エリア

・長野県

・愛知県

・岐阜県(飛騨市・郡上市・関ケ原町は除く)

・三重県

(熊野市(飛鳥町・有馬町・育生町・五郷町・井戸町・金山町・神川町・木本町・紀和町・久生屋町)以南の地区は覗く)

・静岡県の富士川以西

◆関西エリア

・京都府

・大阪府

・滋賀県

・兵庫県(赤穂市福浦以外)

・奈良県

・和歌山県

・福井県(須野町・二木島里町・二木島町・波田須町・甫母町・遊木町を除く熊野市以南)

・岐阜県不破郡関ケ原町の一部

◆四国エリア

・香川県(小豆郡・香川郡直島町以外)

・徳島県

・愛媛県(新居浜市別子山・越智郡上島町・今治市(伯方町・上浦町・大三島町・宮窪町・吉海町・関前)を以外)

・高知県

◆九州エリア

・福岡県

・長崎県

・大分県

・佐賀県

・宮崎県

・熊本県

・鹿児島県

沖縄エリア・北海道エリア・北陸エリアは、現在のところミツウロコグリーンエネルギーの電気供給エリアには含まれていません。

 

また、上記県内であっても離島や立地、現電力会社との契約状況などによっては乗り換えられない、あるいは乗り換えてもメリットが出ないという場合もあるため注意してください。

■ミツウロコグリーンエネルギーの電気料金・プランは?

ミツウロコグリーンエネルギーの電気料金プランは、基本的に地域ごとに1つだけとなります。

ただ、地域ごとに電気料金の単価が異なるため、同じ量の電力を使っていても地域によって電気料金や削減額に差が発生する可能性も高いです。

 

ミツウロコグリーンエネルギーの地域別電気料金単価図と、それぞれの地域電力会社からミツウロコグリーンエネルギーに切り替えたとき、年間でいくらくらいのコストダウンが期待できるのかのシュミレーションを合わせて見ていきましょう。

 

シュミレーションの条件については「計算月は1月、電気代は15000円」として試算します。

東北エリアの電気料金単価

東北電力の従量電灯Bからミツウロコグリーンエネルギーの電気に切り替えた場合、試算結果として年間で5600円ほど安くなります。

1カ月あたり466円です。

関東エリアの電気料金単価

シュミレーション結果によると、東京電力の従量電灯Bからミツウロコグリーンエネルギーの電気に切り替えた場合、年間で約12100円安くなります。

1カ月あたり1008円ほどです。

中部エリアの電気料金単価

中部電力の従量電灯Bからミツウロコグリーンエネルギーの電気に切り替えた場合の試算をした結果、年間で約6000円安くなるそうです。

1カ月あたり500円ほどのコストダウンです。

関西エリアの電気料金単価

関西電力の従量電灯Aからミツウロコグリーンエネルギーの電気に切り替えると、年間で11500円の削減につながります。1カ月あたり958円ほどです。

四国エリアの電気料金単価

四国電力の従量電灯Aから、ミツウロコグリーンエネルギーの電気に移籍すると、シュミレーション結果として1年間で7300円の削減につながります。

1カ月あたり608円ほど。

九州エリアの電気料金単価

九州電力の従量電灯Bで契約している家庭が、ミツウロコグリーンエネルギーの電気に切り替えると年間で6600円の電気代削減につながります。1カ月あたりだと550円です。

 

電気代の削減額だけで言えば、ミツウロコグリーンエネルギーの電気はその他電力会社と比べてメリットらしいメリットが少ないと言えます。

 

また現在のところ、目立ったキャンペーンや電気代に応じたポイントの還元などもなく、直接的な電気代の大幅削減を期待するのは難しいでしょう。

 

ミツウロコグリーンエナジー最大の魅力は電気の調達方法や電源比率にあります。

電気代の削減より何より、地域電力会社よりもエコに優しく、脱原発を徹底したい人向けの電力会社と言えるかもしれません。

 

電力自由化により、電気代削減のために電力会社を切り替えたいと考える人がほとんどのため、他の新規参入電力会社と比べて大きなコストダウンやポイントによる還元などがないというのが、ミツウロコグリーンエナジーの電気最大のデメリットでしょう。

 

2016年7月現在は、電力自由化が解禁されてまだ日が浅いです。

そのため今後、ミツウロコグリーンエネルギーが新たなキャンペーンや新サービスを開始する可能性も十分にあります。

 

電力会社の選定に「エコ・脱原発」を第一要素に考えている人は、ミツウロコグリーンエナジーの電気も視野に知れてみてはいかがでしょうか。

■ミツウロコグリーンエネルギーの発電施設

エコや再生可能エネルギーを中心に電力の調達・発電を行っているミツウロコグリーンエネルギー。発電所がどこにあるのか気になるところです。

 

ミツウロコグリーンエネルギーが電気を調達している発電所は全国に点在しており、離島にある風力発電施設としては、日本最大級の的山大島風力発電所、関東最大級の富津ソーラー発電所などがあります。

 

全体的な数としては風力発電所が国内に5カ所、ソーラー発電所が2カ所、木質バイオマス発電所が1カ所です。

これらの発電所を拠点として、ミツウロコグリーンエネルギーは年間2億7000万kWhもの再生可能エネルギーによる発電を行っています。

 

ミツウロコグリーンエネルギーの各所各種発電施設

◆風力発電施設

・天塩風力発電所 北海道

・久美原風力発電所・細谷風力発電所 愛知県

・的山(あづち)大島風力発電所 長崎県

・神栖風力発電所 茨城県

◆ソーラー発電所

・水郷潮来ソーラー発電所 茨城県

・富津ソーラー発電所 千葉県

◆バイオマス発電所

・ミツウロコ岩国発電所(木質バイオマス発電) 山口県

各所発電所の運営会社はそれぞれ異なりますが、ミツウロコグリーンエネルギーの電気はこれらの発電所で大量の再生可能エネルギーを活用することで作られ、仕入れられています。

 

現在は北海道や沖縄、北陸エリアへの電力供給に対応できていませんが、今後拡大していく可能性は十分にあるでしょう。

また解約時の違約金なども設定されていないという魅力もあります。

■ミツウロコグリーンエネルギーの評判・口コミ

ソフトバンク電気au電気など大手企業の電力サービスと比べて、知名度が低いミツウロコグリーンエネルギーの電気ですが、実際に検討されている人たちの評価や口コミも集めてみました。

上記のツイートは電力自由化解禁前の情報も含んでいますが、ミツウロコグリーンエネルギーを検討している人の多くは大阪ガスの電気やエネオス電気、東京ガスの電気と比較しているようです。

 

違約金がなく、状況によっては電気代も東京ガスの電気などより安くなる場合があるので、ライフスタイルによっては魅力的な電力会社になります。

 

反面、ミツウロコグリーンエネルギーの電気と他の電力会社と比べた際に、キャンペーンやポイントによる還元がなく、メリットが少ないと感じている人も多いようです。

banner

エネシフト編集部エネシフト編集部

ミツウロコグリーンエネルギーの電気はLPガスとのセット利用もでき、電気とガスを分けたくないという人にはオススメの電力会社です。

また脱原発やエコに対しての意識が高い人などにも、切り替えを検討してほしいと思います。

一方で電気代以外の部分で還元やキャンペーンを重視している人は、他の電力会社を考えた方がいいというのが、エネシフト編集部の見解です。

ライフスタイルや重視するポイントのバランスを考えて、最適な電力会社を選ぶようにしましょう。