新電力会社として電力小売事業に参入した「株式会社Looop」の”Looopでんき”

基本料金が必要のない電力会社ですが、ここではLooopでんきのメリットとデメリットの両側面から解説していきましょう。

 

2016年4月より、一般家庭に対しての電力販売が自由となり、100社以上の企業が電力小売事業に参入しています。

banner

これまで電力市場を独占していた地域電力会社も、新たな電力会社やプランを立ち上げるなど、電力小売市場の競争で戦わなくてはならなくなったのです。

 

東京電力の「くらしTEPCO」などは特に代表的で、電力事業を子会社化してリスタートしています。

一方、ここで紹介する「Looopでんき」は、2011年に設立された「株式会社Looop」がはじめた新電力サービスです。

株式会社Looopは、太陽光発電所のシステム開発や販売・工事・設置・メンテナンス・管理・保守などの運営全般及び、自社太陽光発電所設置・管理、その他自然エネルギーに関わるさまざまな事業を行っています。

 

今回の電力自由化にもこの特性を活かして、再生可能エネルギーなどのエコに注力した電力サービスを展開しているのです。

 

電力自由化以降、電力会社の選択幅が増えたことで、ユーザーの多くが「脱原発」や「再生可能エネルギーを多く使っている電力会社」など、特定の条件を満たしているかどうかに重点を置くようになっています。

 

どれだけ自然エネルギーや再生可能エネルギーを利用できるかは、今後の電力会社が抱える大きな課題となるでしょう。

そのためか、この会社の社名である”Looop”には「自然エネルギーを循環させる社会を目指す」という意味を込められています。

 

本来の綴りは”Loop”なのですが、風力・水力・太陽光の3つの自然エネルギーを循環させるという目標から3つの”o”を並べているそうです。

 

■Looopでんきの特徴は?

Looopでんきの主な特徴は3つあります。

 

(1)再生可能エネルギーやFIT電気などの自然エネルギーの比率が多い

(2)契約プランに関わらず基本料金が無料

(3)個人・法人ともに利用可能

 

“Looop”の社名通り、新電力会社の中では再生可能エネルギーやFIT電気の電源比率が、他の電力会社よりも多くなるように計画されています。

 

平成28年4月~平成28年9月30日までの計画電源構成

・再生可能エネルギー6%

・FIT電気20%

・その他74%

 

※新規電力会社の中でもっともエコを追求した電力サービスを行っているのは、日本エコシステムの”じぶん電力”ですが、非常に契約条件が厳しいなどのデメリットが多いので、選択できる人はかなり限られてくるでしょう。

 

太陽光発電100%の自分電力については”日本エコシステムのじぶん電力の仕組みは?自宅で太陽光発電ガイド“を参考にしてみてください。

 

ほぼ全ての電力会社は、契約するA(アンペア数)に応じて基本料金が発生し、さらに使用した分の電力量料金が加算されるにようになっています。

Looopでんきでは、どれだけ電気を使っても基本料金が無料なので、使用量が大きくなればなるほどメリットが大きくなるのです。

 

■Looopでんきの供給エリア

2016年4月現在Looopでんきの供給エリアは、東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力エリアの3つとなっています。

順次拡大していく予定のようですが、具体的なスケジュールや計画は公開されていません。

 

基本料金が無料というのは、多くの家庭にとって非常にメリットが出やすいポイントなので、是非とも拡大してほしいですね。

■Looopでんきの料金プラン

Looopでんきの料金プランはとてもシンプルに設定されており、低圧契約の場合は一般家庭向けの「おうちプラン」と小規模店舗や事務所向けの「ビジネスプラン」の2種類しかありません。

 

高圧電力での契約は、別途法人向けの電力小売サービスがあります。

こちらには料金プランなど具体的な料金表はなく、企業別に最適な電力コスト削減の提案・サポートを行うというサービスです。

 

まずは”おうちプラン”と”ビジネスプラン”について見ていきましょう。

 

◆おうちプラン

Looopでんきのおうちプランは、電力の使用量に関わらず基本料金がずっと無料です。

以前はキャンペーンとして期間内に申込をした人となっていましたが、現在では特に期限が設けられていません。

 

ただし、契約状況などによっては再度期間が再設定される可能性はあるので、検討中の方は注意しておいてください。

以上のことから、東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力の3エリアにおいて、Looopでんきで加算されるのは主に従量料金のみとなります。

 

※その他、電力料金とは別に燃料調整費・再生可能エネルギー発電促進割賦金も必要です。

それぞれの電力単価は地域によって若干異なります。

 

東京電力・中部電力 26円/kWh

関西電力 25円/kWh

いずれも基本料金は無料です。

 

下記の東京電力・関西電力の従量電灯Bプランと比較した際、120kWh~300kWh以上電力を使っていれば、ほぼほぼLooopでんきのメリットの方が大きくなると言えるでしょう。

さらに東京電力や関西電力、その他多くの電力会社では基本料金も加算されるため、Looopでんきのメリットがより際立ちます。

仮に以下の条件で料金シュミレーションを行ってみましょう。

 

東京電力エリア

従量電灯B

30A(アンペア)契約

5月計算

1カ月700kWh使用

結果、1年で約27330円の節約につながる計算となりました。

基本的に電力使用が多ければ多い家庭ほど、削減やメリットが出やすくなっています。

 

なお、ご自身の家庭の電気料金シュミレーションをしたい場合は、Looopでんき公式の料金シュミレーションを利用するといいでしょう。

契約後にどれくらいの電気を使っているかなどについては、Looopでんき会員のマイページにログインして確認することができます。

 

◆ビジネスプラン

ビジネスプランも基本的におうちプランと違いはありません。

各地域の電力単価が1~2円高くなるだけです。

こちらも一般家庭同様、基本料金が不要のため、使えば使うほどにメリットが大きくなります。

低圧契約の中でも電力消費が激しい事務所や店舗では、Looopでんきは新規電力会社の中でも検討価値が高いと言えるでしょう。

 

■なぜ基本料金が無料なのか?

他の電力会社では当然のように必要になる基本料金がかからないのは何故でしょうか。

安い分品質が悪いのではないか、停電が多くなるのではないかといった不安を感じる人もいると思います。

 

その点について、Looopでんきは従来の電力会社のように火力発電所や原子力発電所などの大規模な施設を持たないため、余計なコストをカットしているからだと返答しています。

 

詳細については公式の”よくある質問について“をご覧ください。

 

■Looopでんきのデメリット

Looopでんきは再生可能エネルギーやFIT電気の積極的な運用姿勢、基本料金が無用などのメリットが多いにも関わらず、明らかなデメリットというポイントがありません。

 

ただ上記の料金表の通り、1カ月の電気使用量が120kWh以下の場合、関西電力・東京電力と比べて5円前後割高になってしまいます。

基本料金を視野に入れれば、ほとんど差はありませんが、単価的には割高になるのでデメリットと捉えることもできるでしょう。

 

また契約期間や縛りについても、Looopでんきは原則1年更新とはしているものの、途中解約による違約金などもありません。

数多い電力会社の中でも、融通性に優れているといえます。

 

■法人向けサービスについて

高圧契約をしている法人を対象にしたサービスも提供しています。

Looopによる電力コスト削減の提案やサポート、コンサルティングなどで、各企業に最適なプランを提案しているとのことです。

 

具体的な内容は掲載されていませんが、過去Looopに切り替えた法人の電力コスト削減実績が掲載されています。

平均年間で200万円前後の削減に成功しているそうです。

実際に相談してから切り替えるまでには約2カ月ほど必要になります。

 

相談の際には過去12カ月分の電気使用量明細を用意しておきましょう。

 

■マンションや賃貸でも大丈夫?

マンション・賃貸・仮家など持家でない場合でも電力会社を切り替えることはできます。

電気契約者が借主であれば、問題ありません。

 

ただし、建物全体で一括受電契約をしている場合は、個別の電力会社切り替えはできないので注意しましょう。

電気契約がどのようになっているか不明な場合は、建物の管理会社や現在の電力会社に問い合わせて確認してみてください。

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

Looopでんきの基本料金無料は、電力会社の中でも非常に珍しい料金設定です。

太陽光発電による電気の買取などは行っていませんが、これまでの電力会社に電気を売りつつLooopでんきに切り替えることもできます。

契約しているアンペア数が大きいほど、基本料金が高くなるため、そのような家庭・事務所・店舗などは、1度Looopでんきを検討してみてはいかがでしょうか。

 

banner