06171

九州、福岡でオススメな電力会社

01電力自由化により、各地域電力会社以外の企業も個人に対して電力の販売ができるようになりました。

しかし、新規電力会社は供給できるエリアが限られており、全ての電力会社の中から好きな企業を選ぶことはできません。

 

エネシフトでは、大阪や関西に住んでいる人に向けて”大阪でオススメな電力会社はどこ?各種メリット・デメリットから徹底比較!“のコンテンツでオススメの電力会社を紹介しています。

 

関東や東京近郊に住んでいる人は”東京【関東】でオススメな電力会社はどこ?メリット・デメリットから徹底比較!“を参考にしてみてください。

 

新規電力会社の電力供給エリアは、これから拡大していくと予測されますが、2015年6月現在の時点では、自分の在住エリアに電力供給をしている電力会社を選ぶ必要があります。

電力自由化になって以降、同じ地域であっても電力単価やサービスが同じとは限りません。

 

ここでは九州・福岡エリアに住んでいる人に向けて、オススメの電力会社を紹介していきましょう。

メリットやデメリットをしっかりと比較した上で、家庭やライフスタイルに合った電力会社を選んでくださいね。

 

これまでにエネシフトで紹介している電力会社を中心に解説しますが、各情報や電力会社の掲載に合わせて、随時追記・更新していきます。

福岡・九州エリアでオススメの電力会社一覧

九州電力エリアは、東京電力エリアや関西電力エリアと比べると、まだまだ対応している電力会社も多くありません。

一方、九州や福岡に電力を供給している大手企業の電力サービスも徐々に増えてきています。

 

まずは九州電力エリアに対応している電力会社と、それぞれのメリットやデメリットについて解説していきましょう。

九州電力エリアの主な電力会社一覧
      ・九州電力
      ・auでんき
      ・エネワン電気
      ・丸紅新電力
      ・楽天エナジー
      ・じぶん電力
    ・HTBエナジー

九州電力

618
電力自由化開始前まで、九州・福岡エリアへの電力供給を全て行ってきた地域電力会社です。

電力自由化がはじまって以降は、料金プランを一新して従来の従量電灯B以外にもオール電化住宅向けの「電化でナイト・セレクト」や、電力を多く消費する家庭向けの「スマートファミリープラン」が追加されました。

電化でナイト・セレクト

スマートファミリープラン

昼間の料金を割高に、夜間の料金を割安に設定。
夜間時間帯は3パターンから選択。昼間の料金は季節および平休日により変動
時間帯に関係なく、ご使用量ごとに料金を段階的に設定。

九州電力についての詳細は”九州電力の魅力はなに?選ぶメリットとデメリット。賢く電力選び!“を参考にしてみてください。

 

banner

au電気

電気稲
携帯キャリアのKDDIが、関西電力と業務提携して提供しているのが「au電気」です。

沖縄電力エリアを除く地域全てを網羅しており、auの携帯やスマホを使っている人はメリットも大きくなります。

au電気の料金に応じて年間2万円以上の還元が受けられるなど特典も盛り沢山です。

auでんきセット割の適用例
世帯人数 毎月の電気代 auでんきセット割
適用時のおトク額(年間)
1人 5,122円/月 年間 1,319円おトク
2人 10,510円/月 年間 6,312円おトク
3人 13,181円/月 年間 7,912円おトク

 

ただしオール電化住宅には対応していないといった、思わぬデメリットもあるので注意しましょう。

au電気についての詳細は”au電気のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド“で解説しています。

 

banner

エネワン電気

エネワンでんき
エネワン電気は、大手ガス会社のガスワングループである「株式会社サイサン」が提供する新規電力サービスです。

東京・関西・中部・九州・北海道と非常に幅広いエリアに電力を供給しているため、ほとんどの人は契約することができます。

06181

明確なデメリットはないのですが、その他ガス・石油会社が提供する電力サービスと比べると、割引やキャンペーンなどが弱いのは否めません。

 

エネワン電気の料金など具体的な解説については”ガスワンが届けるエネワン電気のメリット、デメリット完全ガイド“を参考にしてみてください。

banner

 

丸紅新電力

-Jkw_ouQ_400x400
東証一部上場企業である丸紅グループが提供している電力サービスです。新規電力会社の中でも電力の買取、売電を行っている数少ない存在。ジブリとのコラボで動画を作るなど、非常にユニークな宣伝を行っています。


より多くの電力を消費する家庭ほどメリットが出るように料金設定されているので、九州・福岡エリアで電力会社を探しているのであれば、丸紅新電力を検討してみてはいかがでしょうか。

 

丸紅新電力の詳しいメリット・デメリット、料金プランなどについては”丸紅新電力のメリットは?売電もできるサービスを完全ガイド“をご覧ください。

banner

 

楽天エナジー

url
ショッピングサイトなどで有名な楽天が提供する電力サービスです。

電力の調達や供給は上記の丸紅新電力が行っているので、電力の質等は丸紅新電力と全く同じになります。

 

楽天エナジーのメリットは、さまざまなコンサルティングを行う法人向けの「iシェアリングサービス」や、電気料金支払いに応じて貯まる楽天ポイント、楽天関連サービスのお得クーポンの配信などです。

06182

普段から楽天のサービスを使っている人にはとてもオススメな電力会社です。

 

楽天エナジーについては”楽天エナジーの電気とは?気になる電気料金やメリットを解説“にて、詳細な料金・プラン・メリット・デメリット・キャンペーンなどを掲載しています。

\ 楽天エナジーについて詳しく知る /

banner
https://click.j-a-net.jp/1582280/616524/” target=”_blank” rel=”nofollow

 

じぶん電力

d5040-16-164650-1
06185日本エコシステムが無償で太陽光発電システムを貸し出してくれるじぶん電力。

100社以上ある電力会社の中で、唯一100%太陽光発電による電力供給を行っています。脱原発や、火力発電に抵抗がある人にはこれ以上オススメの電力会社はありません。

 

ただし、契約条件も他の電力会社と比べて厳しく、新築あるいは築10年以内の戸建持家でなければならず、さらに1度契約すると太陽光発電システムの買取以外の途中解約方法がありません。

 

契約する場合は、事前に将来のことを考えた上で行うようにしましょう。

じぶん電力の詳細なガイドコンテンツは”日本エコシステムのじぶん電力の仕組みは?自宅で太陽光発電ガイド“です。

 

banner

HTBエナジー

service132
旅行代理店として有名なエイチ・アイ・エス(H・I・S)が提供する電力サービスです。

地域電力会社と比べて、電力単価が安くなるほか、キャンペーン期間中には国内外ツアーの料金が割引かれるなどのメリットがあります。

06186

反面、デメリットとしてキャンペーン以外の割引が基本的にありません。恐らくは、常に何かしらのキャンペーンを実地していくのでしょう。

HTBエナジーのことは”H・I・S電気のメリットは?旅行、旅好きにオススメの理由とサービス完全ガイド“を参考にしてみてください。

banner

 

まとめ

エネシフト編集部エネシフト編集部

九州・福岡エリアでもこれだけの電力会社の中から選ぶことができます。

今後エリアを拡大することを公表している電力会社も複数社あるので、欠かさず情報をチェックするようにしましょう。