一般家庭の電力自由化が解禁されて数カ月が経過して、これから新しい電力会社に乗り換えようと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、電力の小売が自由になったことで新規の電力会社が爆発的に増えました。

 

その結果、自分はどこの電力会社に乗り換えれば、電気料金を大きく削減することができるのか分からないという家庭も少なくありません。

 

各地域別で契約できるオススメの電力会社については”大阪でオススメな電力会社はどこ?各種メリット・デメリットから徹底比較!“や”東京【関東】でオススメな電力会社はどこ?メリット・デメリットから徹底比較!“で解説しています。

 

ここでは関東エリア(東京電力エリア)に住んでいる人が、地域電力会社(東京電力エナジーパートナー)から別の電力会社に乗り換えた場合、5年間でどれだけの電気代を削減できるのかということを考えていきましょう。

 

なお、関東エリア(東京電力エリア)は契約できる電力会社が他の地域に比べて圧倒的に多いため、大手や目立ったメリット・特徴を持つ電力会社を中心に紹介します。

 

■関東エリアで契約できる電力会社一覧

下記は関東エリアで契約することができ、5年後多くの電気代を削減できる可能性が高い電力会社を一覧です。

 

それぞれの電力会社の特徴やメリット・デメリットについては”東京【関東】でオススメな電力会社はどこ?メリット・デメリットから徹底比較!“や、各電力会社個別のコンテンツを参考にしてみてください。

◆主な関東エリアおすすめの電力会社

1エネオス電気

2東京ガスの電気

3昭和シェル石油の電気

4ソフトバンク電気

5au電気

上記は東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOとの比較を行う電力会社なので、東京電力は一覧に加えていません。

■5年間の電気代削減額算出条件と方法

関東エリアの電力会社でも、それぞれ用意されているプランやサービス内容が異なります。

 

そのため、当コンテンツでは東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOでの電気料金シュミレーションを中心に、各電力会社の料金との比較・計算を行っていきましょう。

 

住居・家族等の条件は以下の通りです。

住まい人数:4人家族

契約プラン:従量電灯B

オール電化:なし

契約アンペア(A)数:40A

月間電気使用量:500kWh

試算月:5月

戸建

 

その他、ポイントやガソリンによる還元がある電力会社は、それぞれに応じた還元も含めて考察していきます。

選択するプランはその電力会社でもっともメリットが大きいとされるメニューです。

 

燃料調整費や再生可能エネルギー発電促進割賦金などは、初期設定のまま行います。

■東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOの試算額

比較元となる東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOの電気料金を上述した条件で試算した結果、以下の通りとなりました。

内訳はこちら。

東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOの1カ月あたりの電気代は、約1万3580円です。単純計算で1年間だと16万2960円。

 

ですが、電気の使用量は季節によってエアコンや暖房器具などで変動するため、今回は20万の電気料金設定で行います。

1カ月あたり1万6666円です。

 

ただし、各社シュミレーションの結果、東京電力の年間電気料金が20万以下の場合は、シュミレーションの数値を優先。

あくまで目安としてお考えください。

 

では、この金額とその他電力会社の5年間の電気料金を比較していきましょう。

■電力会社の電気料金比較

関東エリアのおすすめ電力会社のシュミレーション結果をそれぞれ比べていきます。

 

※同じ条件でシュミレーションを行っても、各電力会社が表示する東京電力の推定電気料金には差があります。

エネオス電気(ENEOSでんき)の電気料金

エネオス電気はAプラン+にんねんとくとく割のプランで契約すれば、東京電力よりも年間1万9339円電気料金が安くなります。

1カ月あたり1611円の削減です。

 

※東京電力の電気代は比較のため20万円として計算しています。

東京電力エナジーパートナーくらしTEPCO

1カ月の電気料金1万6666円

1年間の電気料金20万円(推定)

5年間の電気代100万円

エネオス電気

1カ月の電気料金1万5055円(1611円の削減)

1年間の電気料金18万660円(19340円の削減)

5年間の電気代90万3300円(9万6700円の削減)

 

※エネオス電気の料金プランやにねんとくとく割については”エネオス電気(ENEOSでんき)のメリットとデメリット!サービスの内容を完全ガイド“を参考にしてください。

東京ガスの電気

東京ガスの電気は、ガスと電気をセットで利用している設定で試算しています。

その結果、東京ガスの電気では”ずっとも電気1″のガス・電気セット割利用がもっとも削減の大きくなるプランでした。

 

東京電力エナジーパートナーくらしTEPCO

1カ月の電気料金1万6666円

1年間の電気料金20万円(推定)

5年間の電気料金100万円

東京ガスの電気

1カ月の電気料金1万5697円(約969円の削減)

1年間の電気料金18万866円(約1万9134円の削減)

5年間の電気代90万4330円(約9万5670円の削減)

 

東京ガスの電気のずっとも電気などについては東京ガスの電気のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド“をご覧ください。

昭和シェル石油の電気

昭和シェル石油の電気は、毎月600kWh以上の電気使用量がない場合、電気料金の変動はほとんどありません。

 

その代わり、昭和シェル石油の電気で「ドライバーズプラン」を契約すると、ガソリン代が1Lあたり10円、最大で年間1万2000円安くなります。

今回の条件であれば、東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOから昭和シェル石油に乗り換えると、電気代は最大6659円、ガソリン代は1万2000円の削減です。

 

1年間の合計削減額は1万8659円になります。

5年間で9万3295円の削減です。

 

ただし、普段車に乗らない人は電気料金削減額である6659円の5年分33295円しかお得になりません。

 

昭和シェル石油の電気についての詳細は”昭和シェル石油の電気料金、ガソリンはお得?メリット&デメリット“を参考にしてください。

ソフトバンク電気

ソフトバンクが提供するソフトバンク電気では、プレミアムプランに乗り換えるのがもっとも電気料金削減になるという結果でした。

ソフトバンクのスマホやネット回線と電気をセットで利用することで、割引額を増やすことができます。

 

表示通りであれば、ソフトバンク電気に乗り換えることでポイントによる還元を含み削減できる電気料金は、以下の通りです。

1年間の電気料金1万5314円削減

2年間で電気料金3万628円削減

5年間で電気料金7万6570円削減

ただ、今回のシュミレーション条件である東京電力の年間電気代を20万円で計算すると、2年間で40万円となるのでソフトバンク電気に乗り換えると割高という計算になります。

 

その他電力会社のシュミレーションでは、東京電力の年間電気料金は20万円前後がほとんどなので、ソフトバンク電気のシュミレーションは、東京電力の電気料金がかなり割高になるように計算式が組まれているのかもしれません。

 

ソフトバンク電気は、ネット回線や電話などの組み合わせによって割引額が大きく変動するので、事前に具体的なシュミレーションをすることをオススメします。

 

ソフトバンク電気の詳細については”ソフトバンク電気(でんき)のメリット・デメリットは?料金やプランを徹底解説!“を参考にしてみてください。

au電気

au電気では年間の電気料金が18万5337円となりました。

 

東京電力エナジーパートナーくらしTEPCOが20万円での試算なので、年間14663円の削減です。

 

東京電力エナジーパートナーくらしTEPCO

1カ月の電気料金1万6666円

1年間の電気料金20万円(推定)

5年間の電気料金100万円

au電気

1カ月の電気料金1万5444円(約1222円の削減)

1年間の電気料金18万5337円(約1万4663円の削減)

5年間の電気料金92万6685円(約7万3315円の削減)

 

au電気もソフトバンク電気同様に、スマホとのセット利用で電気料金の割引額が増します。

 

ただキャンペーンや割引などは期間限定であったり、料金の変更なども考えられるため、上記の予想通りの金額になるとは考えづらいです。

あくまで目安ということを理解した上で、検討するようにしましょう。

 

■各電力会社の電気料金の削減額比較

最後に、今回紹介した関東の電力会社の中で乗り換えた場合、どれくらいの削減額が出るのか一覧にしておきます。

上から順に削減額が大きい電力会社です。

 

エネオス電気

1年間の電気料金削減額

約1万9340円

5年間の電気料金削減額

約9万6700円

東京ガスの電気

1年間の電気料金削減額

約1万9134円

5年間の電気料金削減額

約9万5670円

昭和シェル石油の電気

1年間の電気料金削減額

約1万8659円

5年間の電気料金削減額

約9万3295円

ソフトバンク電気

1年間の電気料金削減額

約1万5314円

5年間の電気料金削減額

約7万6570円

au電気

1年間の電気料金削減額

約1万4663円

5年間の電気料金削減額

約7万3315円

 

今回紹介した関東の電力会社比較は、単純に各社のサイトにあるシュミレーションシステムから算出した数値です。

季節ごとの電気代の算出方法などは電力会社によってさまざまなため、全く同じ条件で算出することはできません。

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

また純粋な電気料金だけでなく、ライフスタイルに合わせてポイントによる還元やガソリンの値引きなども電力会社選びの材料にするといいでしょう。

関東エリアの電力会社は紹介した以外にもたくさんあるので、エネシフトで解説しているその他コンテンツも参考にどうぞ。

当コンテンツの比較内容を参考に、現在の電気代や使用電力量などの資料を揃えて、じっくり検討してみてくださいね。