img_014

2016年4月より、低圧電力を契約している一般家庭の電力自由化が解禁されました。

 

その影響で地域電力会社以外の、ガス会社・通信会社・電力発電会社・石油会社など、さまざまな業種の企業が電力小売事業に名乗りを挙げています。

 

通信会社であれば”au電気“や”ソフトバンク電気“がありますし、石油会社なら”エネオス電気“や”東燃ゼネラル石油のmyでんき“などが代表的です。

 

そんな中で、とくに人気を集めているのが「ガスとセットで利用できる電力会社」

 

ガスは都市ガスかプロパンガスが一般的ですが、生活の中でほとんどの家庭が利用している二大エネルギーと言ってもいいでしょう。

これを1つの会社で一貫することでまとめて管理でき、利用できるというメリットから、ガス会社の提供する電力プランが各家庭の注目を集めています。

 

現在、ガスと電気をセットで利用できる電力会社はあまり多くなく、ほとんどが地域ガス会社の提供する電力事業です。

そのため、各地域でガスと電気のセットプランがある電力会社は、多くても2~3社ほど。

 

その代表的な電力サービスが”大阪ガスの電気“と”東京ガスの電気“です。

 

※大阪ガスと東京ガスについては”大阪ガスの電気のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド“と”東京ガスの電気”のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド“のコンテンツをご覧ください。

 

ここでは、関西で契約できる電気とガスのセットプランがある電力会社について、ご紹介します。

 

※関東エリアのガスと電気セットプランがある電力会社については“【関東】ガスと電気をセット契約できる電力会社はどこ?セット割引がある電力会社で解説しています。

 

■関西のガスセット割引プランは大阪ガスの電気一択?

関西・近畿エリアの電力会社でガスセット割引のある電力プランを提供しているのは、主に”大阪ガスの電気”と”はりま電力株式会社”の2社になります。

 

大阪ガスの電気とはりま電力の電気は、どちらも関西エリアに対して電力供給を行っている電力会社です。

いずれも関西電力で、従量電灯Aや従量電灯Bで契約している一般家庭をターゲットとしています。

 

それぞれの主な電力プランとガスセット割引の概要は以下のとおりです。

◆大阪ガスの電気


・プラン名

(1)ベースプランA(関西電力の従量電灯A相当)

(2)ベースプランB(関西電力の従量電灯B相当)

(3)※家庭用ガス発電プラン

※エネファームやエコウィル利用家庭向け/ガスセット割引ではないため今回は割愛

・電気とガスのセット割引

ベースプランA・B共に大阪ガスの「都市ガス」と「電気」をセットで契約すれば、電気料金より1%割引。さらに長期2年契約を結ぶことで、さらに2%割引。

合計3%のガスセット割引が適用されます。

 

また大阪ガスの電気の電力単価は、関西ガスの最大2%引きの金額(300kWh以上)に設定されているため、上手く活用すれば最大5%分もお得に電気が使えるのです。

 

なお、長期2年契約の場合、途中解約には違約金が発生します。

違約金は2000円(税込)なので、あまり深く気にする必要はありませんが、覚えておくといいでしょう。

 

※これらのガスセット割は電気料金のみに適用されるので、ガス料金の割引はありません。

大阪ガスの電気の詳しいプランや料金については”大阪ガスの電気のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド“で解説しています。

◆はりま電力の電気

・プラン名

(1)電灯プランA(関西電力の従量電灯A相当)

(2)電灯プランB(関西電力の従量電灯B相当)

・電気とガスのセット割引

はりま電力の電気が提携しているプロパンガスをセットで利用することで「LPGセット割引プラン」が適用されます。

最低料金あるいは電力量料金と基本料金の合計金額から3%の割引が適用。

 

上記の電灯プランAとBが対象です。

ただし、大阪ガスの電気のガスセット割引と同様に、LPG割引プランを利用すると自動的に2年契約となります。

 

途中解約する場合は、3240円(税込)の違約金が発生するので、注意しましょう。

■ガス以外にどんなセット割引がある?

今回は関西でガスセット割引がある電力会社を紹介しましたが、電力自由化により新規参入した電力会社にはさまざまなセット割が用意されています。

 

基本的には電気+αの2種類のセットなのですが、電力会社によってはガス・電気・ネットなど、3つ以上のサービスを利用することで適用される料金割引プランもあるのです。

 

関西ではありませんが”東京ガスの電気“の「東京ガストリプル割」などが代表的なプランになります。

地域を問わず、各種電力会社が用意しているセット割の組み合わせは下記の通りです。

(1)電気+ガス

・大阪ガスの電気

・東京ガスの電気

・西部ガスの電気

・長崎地域電力の電気

・鈴与の電気

・京葉ガスの電気

・静岡ガス&パワー

・青海ガスの電気

・はりま電力の電気

・入間ガスの電気

・大東ガスの電気

・武州ガスの電気

・中央セントラルガスの電気

・坊ちゃん電力の電気

(2)電気+インターネット回線

・eo電気

・J:COM電力の電気

・ソフトバンク電気

・東京ガスの電気

(3)電気+インターネット回線+ガス

・東京ガスの電気

(4)電気+スマートフォン

・au電気

・ソフトバンク電気

(5)電気+スマートフォン+インターネット回線

・au電気

・ソフトバンク電気

(6)電気+ガソリン・石油・灯油

・エネオス電気

・昭和シェル石油の電気

 

以上が、現在公開されている主な電気や、ガスセット割引を提供している電力会社です。

それぞれ期間を設けているところや、無期限に設定しているところなど電力会社によっても条件が異なります。

 

またこれら以外にも、HISのHTBエナジーは、ツアー料金の割引キャンペーンなどを実地しており、ガス・電気・インターネット・スマホ以外にも色々なメリットが用意されているのです。

これらのセット割引は必ずしも利用しなければならないわけではなく、ガスと電気で会社を分けることもできます。

2017年からのガス自由化が解禁されれば、恐らく大阪ガスや東京ガスの状況も変わってくるでしょう。

 

電力会社の途中違約金はスマホやネット回線ほど高額には設定されていないため、必要に応じて電力会社を乗り換えるのも1つの方法です。

 

これらの時代に合わせて、自分のライフスタイルや家庭に最適な電力会社やガス会社を見極めて、節約効果を最大限にまで高めていきましょう。

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

関西で契約できる電力会社自体は多いのですが、ガスセット割引を提供している電力会社はまだまだ少ないです。

しかし、2017年のガス自由化が実地されれば、ガス小売事業に新規参入してくる企業も爆発的に増えることが予測されます。

そうなれば、ガスと電気両方をセットで提供する電力会社も増えてくるでしょう。

今年は今年で電力会社を乗り換えてメリットをだし、来年にはまたガス共々電力会社を見直すことで、より多くの電気代を節約することができます。