海外の自由化はどうなった?

22510
いよいよ2016年4月から日本でも全面的な電力自由化がスタートします。これまでとは違い、一般の家庭でも契約する電力会社を自由に選べるようになりますので、一見するとメリットばかりのように感じられるかもしれません。

しかし、電力自由化は本当にメリットばかりなのでしょうか?

実は、先進国の多くが日本より先に電力自由化を実施しています。しかし、残念ながら失敗に終わってしまったという国も少なくありません。
そこで、ここでは海外の事例から、電力自由化後の日本を占ってみましょう。

アメリカの電力自由化は失敗?電気代は倍増!さらに大停電も!

22511
まず、最初にチェックするのはアメリカです。世界最大級のエネルギー消費国であり、同時に豊富な資源を持つエネルギー生産国でもあります。
そんなアメリカの電力自由化は成功したのでしょうか?

05bec30d72b6dcc49fe5040f9e36ca8a_sアメリカでは各州によって異なった形で電力自由化が実施されました。そんな中でももっとも大失敗となったのが、カリフォルニア州です。

同州では、今回の日本と同じ電力小売りの完全自由化を実施しました。それだけでなく、発電コストのかかる再生可能エネルギーの高額での買取を義務化する、という政策をとっています。これは、国全体で再生可能エネルギーの占めるシェアを上げるためのもので、環境問題に配慮したものです。

さらに、値上げに関しては、州の認可が必要となっており、大幅な値上げはできない、という制度になりました。

この政策や制度を見る限りでは、一般家庭にとってデメリットはほとんど無いように思えます。太陽光発電などの再生可能エネルギーの高値での売電も可能ですし、大きく電気料金が値上げされることもないのですから、メリットばかりです。

しかし、この政策・制度は電力会社を苦しめることになりました。再生可能エネルギーの買取、さらに原油価格の高騰による発電コストもアップ、それなのに電気料金を値上げできません。
当然ながら、州内の多くの電力会社が赤字に陥りました。2001年には、カリフォルニア州最大手の電力会社であったパシフィック・ガス&エレクトリック社の破たんし、州内の電力は大きく混乱することになりました。

これが原因で、大規模な停電が起こるなど、大きなトラブルとなりました。

停電には至らなかった他の州でも、市場の混乱によって、最終的には電気料金が自由化前と比較すると100%近い値上げとなったケースもあります。

このように、アメリカの電力自由化は残念ながら成功したと言えません。

電力自由化の先駆け!イギリスの電力自由化は成功?

225152
イギリスでは1989年に成立した電気法によって電力自由化が実現しています。世界的に見ても、非常に早い段階での自由化が実施しされたのがイギリスなのです。

イギリスの電力自由化の流れは、日本で行われてきたものと似ており、段階的に進められてきました。
その結果として、特に大きなトラブルは起こっていません。それどころか自由化の実施から10数年にわたって電気料金は下がり続けました。
ここまでの結果を見ると、一見イギリスの電力自由化は大成功だったように思えるかもしれません。

attentionしかし、値下がりを続けたのは2000年代の前半まででした。それ以降は天然ガスなどの燃料費の高騰によって、電気料金の値上がりが始まります。
値上がりのスピードも早く、また止まることはありませんでしたので、10年間で平均的な家庭の電気料金はなんと2倍にまで膨れ上がっています。

電力自由化が実施されると、市場にで電気の価格が決められることになります。そうなれば、もちろん、競争によって、2000年代前半までのイギリスの様に、電気料金が下がる可能性はあるでしょう。
しかし、発電コストの大幅な上昇などが起こった場合、そのまま電気料金に反映され、高騰してしまう可能性があります。

結果的に、電気代が倍増してしまった、となれば、やはりイギリスの電力自由化も大成功だったとは言えないでしょう。

これは日本にとっても他人事ではありません。2016年4月の電力自由化から、しばらくの間、電気料金はこれまでよりも多少低くはなるでしょう。
すでに料金を発表している新規参入企業も少なくありませんので、これはほぼ確実です。

icon04しかし、市場によって電気の価格が決まってしまう以上は、急激に高騰してしまう可能性があるのです。

 

海外の失敗例を無視して電力自由化は進められた?

22513
アメリカ、イギリスだけでなく、ドイツなどでも電力自由化は決して成功したとは言えません。
むしろ、電力自由化を実施した国の中で、文句なしの成功だったという例はあまり見られません。

フランスやスペインなどでは、電気料金はそれほど変動することなく、安定していますが、規制市場の設定など、日本の自由化とは大きく異なっており、市場シェアの面から見れば、本当の意味の自由化ではない、とも言われています。

このように、世界中の多くの国で電力自由化は失敗、または成果を得られていないという状況であるにも関わらず、今回、日本でも全面的な自由化がスタートすることになりました。
これは、世界の失敗例を無視している、と言われても仕方のないことかもしれません。
エネシフト編集部エネシフト編集部

もちろん、日本の電力自由化が必ず失敗してしまうというわけではありません。しかし、現時点ではあまり楽観視はできないでしょう。

電力自由化は私たちの家計にも大きな影響を与える可能性があります。世界の状況なども踏まえて、あなたも電気についてもう一度しっかりと考えてみませんか?