a71d445b9e654c818a8e6f9b584226f7_s
一般家庭での電力自由化が2016年4月からスタートします。しかし、具体的にどのようなことが起こるのか、そして、自分はどうすべきなのかがわからない、という方も少なくないようです。
そこで、ここでは電力自由化に関するさまざまな疑問についてお答えしたいと思います。

Q1.電力自由化って何?具体的にどんなことが起こるの?

a2今回の一般家庭向けの電力自由化でもっとも変わることは、自由に電力会社を選ぶことが可能となるという点です。
これまでは、地域ごとに、1社の電力会社が一般家庭向けの電力供給を行ってきました。そのため、契約する電力会社を自分で選択はできませんでした。

電力という私たちの生活には欠かすことのできない重要なインフラを提供する企業を守るための国が厳しい規制を行っていたのです。
しかし、1社によるほぼ独占体勢であったことから、料金やサービスに満足することができていなくても、他に選択肢がない、という問題がありました。

こういった問題を解消するために、規制が緩和され、新規電力会社が参入できるようになったのが今回の電力自由化です。

icon04この電力自由化は突然始まったような印象を持っている方も多いかもしれません。しかし、実は段階的に進められており、実は法人の電力供給の自由化はスタートしており、多くの企業がすでに電力会社として新規参入を果たしているのです。
そして、2016年4月からは、いよいよ一般家庭向けの自由化がスタートする、という形になります。

 

多くの企業が一般家庭向けのプランなどをすでに発表していますので、生活スタイルなどに合わせて今後は、自由に契約する電力会社を選ぶことができます。できるだけ早めに、新規参入企業のプランや料金、サービスなどについてチェックしておきましょう。

Q2.新規参入企業って本当に大丈夫?停電などの心配はない?

a2これまでずっと利用し続けてきた電力会社から、新規参入企業に乗り換える際に、不安を感じてしまう方も多いでしょう。
今や電気がなければ私たちの生活は成り立たない、と言ってしまっても過言ではありません。そのため、いくら魅力的なサービスを提供してくれたとしても、安定して電力の供給を受けることができるのか、また停電などのトラブルはないのか不安、と心配になってしまうのは仕方のないことです。

しかし、この点に関してはほとんど心配する必要はありません。

icon04まず、電気を送る電線などはこれまで通りの電力会社のものを使用します。そのため、大規模な工事が必要も必要ありませんし、もちろん停電などのトラブルが発生することもないでしょう。
また、前述の通り、電力自由化は段階的に進められてきましたので、新規参入企業だからといって、電力供給のノウハウがまったくない、というわけではありません。

もちろん、規制が緩和されただけであって、なくなってしまったわけではありません。電力会社として一般家庭に電力を供給するには、厳しい条件をクリアする必要があります。そして、しっかりと監視だってされています。
なので、新規参入の電力会社であっても、安心して利用できます。

Q3.電気料金は安くなるの?サービスの品質は変わる?

a2電力自由化によって、一般家庭の方が受けることのできるもっとも大きな恩恵の1つが電気料金が安くなる、という点でしょう。
これまでの1社によるほぼ独占体勢では、市場での競争がまったくありませんでした。しかし、今回の自由化によって多くの企業が参入できるようになったことから、料金面での競争が発生します。こうなると、市場原理によって料金が下がることになるのです。

すでに、新規参入企業のほとんどが、これまでよりも安い料金プランを提示しています。そのため、上手に電力会社はプランを選ぶことができれば、今までよりも電気料金をずっと低く抑えることも可能でしょう。

また、料金面だけでなく、サービスの向上も期待できます。前述の通り、多くの企業の新規参入によって、サービスにも競争が生まれますので、それぞれの電力会社がより多くの顧客を獲得するために、お得なサービスを展開するようになるでしょう。

icon04電気料金の値下げ、そしてサービス品質の向上は、電力自由化に伴って、一般家庭で受けることのできる最大の恩恵と言えるでしょう。

 

Q4.電力自由化によって問題は起こらないの?デメリットは?

a2もちろん、電力自由化によって起こることは良いことばかりではありません。問題やデメリットだってあります。

まず、最初に考えられるのが自然災害などによって電力の供給が困難になってしまった場合の対策です。
これまでの1社体勢であれば、すぐに対策を打つことができていました。しかし、一般家庭向けの電力供給元が複数に別れている場合、これまで通りの迅速な対応ができなくなってしまう可能性があります。
もちろん、この点に関してもある程度の対策が打たれてはいますが、実際に大規模なトラブルが発生した場合、システムが予定通りに機能するとはかぎりません。
この点に関しては、より慎重になる必要があるでしょう。

icon04この他にも、競争が厳しいものになりすぎてしまい、市場全体が疲弊することによるトラブルなども予想されます。新規参入企業が多くなれば、途中で経営が困難になり、市場から撤退せざるを得なくなってしまう電力会社が出てくることも考えられます。

 

もちろん、これらの問題点やデメリットについては、国や各電力会社で対応策が検討されていますが、これまでとはさまざまな点が大きく変わることになりますので、思いがけないところでトラブルが発生してしまう可能性はあります。

Q5.電力会社はどう選べばいいの?

a2これまでは選択肢がありませんでしたので、どのような点をチェックして電力会社を選べば良いのかわからない、という方も多いはずです。
まず、最初にチェックしたいポイントは、あなたの家庭の生活スタイルや使用している電力量です。

今回の自由化によって、さまざまな契約プランの中から選択できるようになります。より、電気料金やサービスなどの面で恩恵を受けるためには、あなたの家庭にマッチした電力会社、そしてプランを選ぶ必要があります。なので、まずはあなたがこれまでどのように電力を利用してきたのか、そしてこれからどのように電力を使用したいのかを把握することからスタートしましょう。

エネシフト編集部エネシフト編集部

電力自由化に伴うさまざまな疑問にQ&A形式でお答えしました。

あなたの生活にも大きな影響を及ぼす可能性のある規制緩和ですので、しっかりと考えた上で、できるだけ大きな恩恵を受けることができるように電力会社選びをしましょう。