05093

日本エコシステムが提供する電力サービス“じぶん電力”

4月より解禁された電力の小売自由化で、多くの新規電力会社が誕生しました。

これまでは地域別電力会社としか契約できなかったものが、各家庭で自由に選べるようになったのです。

 

電力会社を自由に選べるようになり、中には原発に頼らないエコに優しい太陽光発電を取り入れたいと考える人もいると思います。

そんな人たちにオススメなのが、株式会社日本エコシステムの提供している“じぶん電力”です。

banner

 

他の電力会社では太陽光・自然ガス発電・火力発電・バイオマス発電など、発電方法を問わず自社の発電所で作った電気を各家庭に提供する方法を採用しています。

しかし“じぶん電力”は、日本エコシステムが無償で自社所有の太陽光発電システムを各家庭に設置し、その電気を供給するという仕組みなのです。

 

つまり、原発に頼らずエコに優しい太陽光発電での生活が送れるようになります。

p_15138794-460x300

今回はこの日本エコシステムが提供する電力サービス“じぶん電力”について、詳しく解説していきましょう。

 

じぶん電力の特徴は太陽光発電

05094
日本エコシステムは、もともと太陽光発電システムを取り扱っている企業です。

それが今回の全面電力自由化に参入し、自社が持つ太陽光発電システムをプランとして組み込みました。

 

一般的に太陽光発電システムを検討する人は多い反面、初期投資や費用回収までの時間が長く断念する人も少なくありません。

じぶん電力はそれらの悩みを解消し、特定条件の自宅を所有している人であれば、無償で日本エコシステムの国産太陽光発電システムを利用することができるのです。

 

じぶん電力の仕組み

じぶん電力の仕組みは他の電力会社とは根本的に違います。

一般的な電力供給までのプロセスは、各電力会社が自社や外部の発電所から電力を調達し、それを各家庭に販売・供給するのです。

 

しかし、じぶん電力は日本エコシステムの太陽光発電システムを契約者の家庭に設置し、そこで発電された電気をそのまま家庭内に供給します。自宅が発電所になるのです。

123456

余った電力は、日本エコシステムが外部の電力会社に販売するので、無駄はありません。

 

一般的な電力会社の場合

各地の発電所が電力を発電

(火力発電・水力発電・風力発電・原子力発電・バイオマス発電など)
arrow058_06

電力会社が内外の発電所から電気を調達

arrow058_06

調達した電力を各家庭に提供

arrow058_06

提供した分の電気料金を請求

 

じぶん電力の場合

日本エコシステムが契約者宅に太陽光発電システムを無料で設置

arrow058_06

設置された太陽光発電で作られた電気を家庭内に供給

arrow058_06

使った量に応じた電気料金を日本エコシステムに支払う

arrow058_06

余った電力は日本エコシステムが外部に販売

 

太陽光発電システムは初期投資が高く、いきなりの購入には抵抗を感じる人も多いですが、じぶん電力と契約すれば無料で太陽光発電を取り入れることができます。

 

また、日本エコシステムから提供されている太陽光発電システムは、買取も可能です。

価格は経年すればするほど安くなるので、何年か経ってからそのまま購入してもデメリットはありません。

さらに契約満期である20年間を経過すれば、太陽光発電システムはそのまま無償で譲渡されます。

 

原発が嫌いな人やエコ(環境)を最優先に考えたい人にとっては、じぶん電力はメリットも大きく非常に魅力的な電力サービスではないでしょうか。

 

太陽光発電が停止する夜間の時間帯は日本エコシステムが株式会社エネットから仕入れている電気が供給されるので、心配はいりません。

 

対象エリアと対象外エリア

05095
2016年4月現在、供給エリアとなっているのは下記の地域です。

・東京電力エリア・関西電力エリア

・中部電力エリア

・中国電力エリア

・四国電力エリア

・九州電力エリア

・東北電力エリア

 

また2016年4月現在、供給対象外となっているのは以下の地域です。

・北海道・青森県

・秋田県

・岩手県

・山形県

・新潟県

・富山県

・石川県

・福井県

・沖縄県

 

じぶん電力の電気料金はどれくらい?

太陽光発電システムによる発電であっても、電気料金が必要なのは同じです。

環境に優しくても料金が高ければ意味がありません。

 

じぶん電力の電力単価は、住んでいるエリアによって変動します。

代表的な東京電力エリアでの“じぶん電力”の料金は以下の通りです。

じぶん電力

 

じぶん電力では日中の電気をほぼ太陽光発電システムが発電するので、その間の燃料費調整額や再エネ発電割賦金などは必要ありません。

ただ、夜間の発電が停止している時間帯は日本エコシステムからの供給を受けるので、他の電力会社同様に燃料費調整額と再エネ発電割賦金が発生します。

 

東京電力エリアにおけるじぶん電力の1kWhあたりの単価は27円です

東京電力の従来プランでは19.43円~28.33円が各段階の電力単価なので、じぶん電力の料金単価は若干高めに設定されているといえるでしょう。

  • じぶん電力 1kWhあたり27円
  • 東京電力 1kWhあたり19.43円~28.33円

ただ、日中発電分の燃料調整額と再エネ発電割賦金が不要である点、太陽光発電システムが無償で提供される点を考慮すると、必ずしも高いとは言えません。

 

じぶん電力は太陽光発電システムを利用している時間帯や状況によって、日本エコシステムからの供給に切り替わるため、事前の電気料金の試算が難しいサービスです。

検討している人は、事前にじぶん電力のサポートや窓口担当に相談するようにしましょう。

 

なお、じぶん電力に申し込んでから、太陽光発電システムが設置されて実際に運用するまでには、約1カ月ほどかかります。

 

じぶん電力のデメリット・注意点は?

05096
じぶん電力は電力自由化に伴う電力会社の中でも、珍しい電力サービスです。

その一方で他の電力会社にはないデメリット・注意点が存在します。

 

デメリット1

マンション・賃貸・借家では契約できない。

太陽光発電システムを屋根に直接設置するため、契約者自身が所有している戸建でしか利用できません。

また二階建て以下などの条件もあるので注意しましょう。

 

デメリット2

すでに別の太陽光発電システムが設置されている家庭も契約不可。

これは所有宅であっても同じです。じぶん電力は新築・築20年未満の家でしか利用できません。

 

デメリット3

1度契約して太陽光発電システム(設備)を設置すると、設備買取以外の途中解約方法がない。

じぶん電力の契約は原則満20年になっており、満期20年で設備は無償譲渡となりますが、途中解約する場合は設備の買取となります。

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

以上のように、契約するための条件・途中解約するための条件が共に他の電力会社よりも厳しく、費用も高額です。十分に検討した上で契約するようにしましょう。

またこれらの条件を満たしていても、立地やその他要因によって太陽光発電システムの設置が困難になる可能性もあります。

 

じぶん電力はスマートメーターと電力会社の切り替えだけではないので、これらの条件等が多くなってしまうのです。

 

今だけのキャンペーン

2016年4月30日までにWEBから申し込むと、先着1000名に5000円分の商品券がもらえます。

じぶん電力2

banner

期間限定のキャンペーンですが、4月30日以降にも何かしらの特典を設ける可能性は高いでしょう。

それらは分かり次第発信します。

 

 

 

エネシフト編集部エネシフト編集部

じぶん電力の魅力は、自宅で太陽光から生み出した電力をそのまま利用できるという安心感にあります。

原発は火力発電に抵抗感がある人でも、安心して太陽光エネルギーの活用が可能です。

電力の生産方法に不安を感じて電力会社の切り替えを見送っていた方は、じぶん電力を検討してみてはいかがでしょうか。