2017年4月1日から小売りガスの全面自由化が始まりました。

 

今までガス料金について選択することがなかったので、自由化と言われてもガス会社を、どのように選べば良いか分からないですよね。

今回はガス自由化が始まり、それぞれの会社が特色を生かしたサービスを開始しているのでJ:COMガスを取り上げてJ:COMガスの魅力は何か調べてみました。

 

J:COMガスとは?

まずJ:COMガスとは何でしょうか。

J:COMはケーブルテレビ、インターネットや電話のサービスを提供している会社ですが、2016年の電力自由化の際にJ:COM電力という名前で一般家庭用に電力の販売も始めました。

 

そして今回2017年4月1日のガス自由化に伴いJ:COMガスとして、関西地区の大阪ガス管内で都市ガスの販売を始めます。供給と保安は大阪ガスが行い、J:COMは取次事業者となります。

 

J:COMガスの特徴

J:COMガスの特徴としては、ガスは大阪ガスのままで取次事業者がJ:COMなので、今まで通り安心してガスを使用することが出来ます。

そしてJ:COMのサービスと大阪ガスのサービスの両方が受けられることで、テレビやインターネットでJ:COMを利用中の家庭は、電気やガスと通信費まで合わせることで、光熱費の管理が簡単になります。

 

ですが契約時に事務手数料(3,000円)がかかることも念頭に入れておく必要があります。ただし電気とガスを同時に申し込んでも事務手数料は3,000円なのでこれも考える目安にしてください。

 

そして今までインターネットなど申し込んでいた方も電気、ガスの申し込みをするとプランも変更されます。そして契約期間が1年や2年とあるので、途中で止める場合解除料もかかります。

 

では次にJ:COMガスの具体的な料金プランを紹介します。

J:COMガスの料金プランと概要

大阪ガスの一般料金をご契約中のご家庭で、毎月のガス使用量が20㎥を超える場合は、J:COM ガスのもっと割料金コースをご契約いただくとおトクになります。

大阪ガス一般料金

J:COM ガス もっと割料金コース

 

J:COMガスに加入するためにはJ:COMの他のサービスとセットになった「ガスセット(長期契約プラン)」へ加入や契約変更が必要です。

そしてJ:COMガスの料金を決める方法は、大阪ガスと同じなので次の通りです。

 

毎月検針後届く請求金額はこの計算によって決まっています。

基本料金+単位料金(円/㎥)×当月のガス使用量=毎月のガス料金

 

例えば、「一般料金」でガスを35㎥使用した場合で4月のB料金の「単位料金」124.7円の場合

1337.4円+(124.7×35)=5701.9となり1円未満は切り捨てなので、請求金額は5,701円になります。

 

そして「単位料金」について説明するとこれは、毎月変わるものです。為替レートや原油価格の変動があるため都市ガスの原料費は一定していません。

 

これを「原料費調整制度」といいます。

ガス自由化前のガス料金は国の認可が必要でした。

 

各ガス会社で「基準単価料金」が決まっていて原料費の増減に合わせて加算、減算して「単位料金」は決まっています。ガス料金がだいたい一定を保つために必要なのですね。

 

ではJ:COMガスのサービスを詳しく見ていきましょう。すべてJ:COMのサービスとセットで適用されます。

J:COMガス もっと割料金コース

現在大阪ガスが用意している「一般料金」を契約中で、なおかつ一カ月あたりのガス使用量が20㎥を超えている家庭がお得になるプランです。

大阪ガスの「もっと割料金」に相当。

 

同社が用意しているJ:COM電力とセットで契約すると、さらにお得になります。

目安としては、1年目最大年間約18,000円お得になります。

J:COMガス エコジョーズ料金コース

高効率給湯器「エコジョーズ」を使用している家庭にお得なプランです。

これも大阪ガスの「エコジョーズ料金」に相当するものです。

J:COMガス 一般コース

大阪ガスの一般コースに相当するプラン。

J:COMガス 床暖料金コース

スタンダードプラン

エコジョーズプラン

オプション割引

スタンダードプラン(ガス温水床暖房と組み合わせる場合)

エコジョーズプラン(エコジョーズ、ガス温水床暖房と組み合わせる場合)

ガス温水床暖房をしている家庭にお得なプラン。

大阪ガスの床暖料金に相当するプランで、エコジョーズを使用していると「エコジョーズプラン」がその他は「スタンダードプラン」が適用されます。

J:COMガス ハウス空調料金コース

スタンダードプラン

エコジョーズプラン

オプション割引

スタンダードプラン(ガス温水床暖房と組み合わせる場合)

エコジョーズプラン(エコジョーズ、ガス温水床暖房と組み合わせる場合)

ガスを熱源とするハウス空調を利用している家庭に便利なプラン。

大阪ガスのハウス空調料金に相当するプランです。こちらもエコジョーズを使用している場合「エコジョーズプラン」が、その他は「スタンダードプラン」が適用されます。

J:COMガスマイホーム発電料金コース

オプション割引

エネファームなど使用している家庭に便利なプランで、大阪ガスの「マイホーム発電料金」に相当するものです。

ガス温水床暖房も使用しているときはオプション割引も使えます。

J:COMガスのメリット・デメリット

J:COMガスのメリット

J:COMのテレビ、ネット、通信や電気を利用している家庭またはこれから利用を考えている家庭では、支払い先がひとつになるので便利です。

家計簿の管理がみやすくできますね。

 

ガス料金は大阪ガスと同じなので、メリットはJ:COMの使用料金の割引になります。

対象の長期契約プランに加入して自身に合ったプランを検討することで、生活費の削減が見込めます。

J:COMガスのデメリット

大阪ガスが提供するエリアでJ:COMガスは利用出来ますが、ガスだけでは利用できません。

当然J:COMを利用していない方にはおすすめできません。でもガスを見直すときに光熱費を全て見直してみるのもひとつの手段ではあります。

 

おまとめお支払いにも対応

テレビ、インターネット、携帯電話、電力とガスをひとまとめにすると請求金額をネットで確認出来るので便利です。

J:COMガスを申し込むためには1年か2年の長期契約プランに加入する必要があります。

 

スマートお得プラン

テレビ92ch以上とネットに電話などのサービスで、J:COMがおすすめのコースは、テレビ80ch+320M+電話かVODの「スマートお得プラン320」で、月額9,048円(税抜き)です。

 

スマートお得セレクト

テレビ32ch以上とネット・電話のサービスに加入するタイプのサービスで、J:COMおすすめは「スマートセレクトNET320Mコース」で月額5,505円(税抜き)です。

NETパック

ネットと電話をまとめるコースで、J:COMのおすすめは「NETパック320MPHONEコース」は、月額5,200円(税抜き)です。

それぞれのコースの中でも家庭に合わせて必要なサービスを選べるようになっています。

まとめ

今回J:COMガスのサービスの紹介と乗り換えることでどんなメリット・デメリットがあるかを説明しました。

やはりJ:COMのテレビなどのサービスに加入することが条件なので、ガスだけではJ:COMガスはおすすめできません。

 

ですが関西地区にお住まいで大阪ガスを使用中で、J:COMに加入中の家庭にはお得なプランもありますから、検討してみてはいかがでしょうか。