img_006

2016年4月よりはじまった電力自由化には、すでに多くの企業が参入しています。
携帯キャリアや通信会社においては、KDDIのauでんきやジュピターテレコムのJ:COM電力などが代表的です。

そんな携帯三大キャリアの一角であるソフトバンクが提供するのが「ソフトバンクでんき」です。

東京電力とソフトバンクが業務提携したことではじまったソフトバンク電気には、東京電力の「くらしTEPCO」とは異なるメリットやデメリットがあります。

そこで今回は、料金やプラン・供給エリアなども含め、ソフトバンク電気のメリット・デメリットの全貌を解説していきましょう。

ソフトバンク電気とは?

ソフトバンク電気は、ソフトバンクと東京電力が業務提携したことではじまりました。

つまり、ソフトバンク電気の電力は、東京電力(東京電力エナジーパートナーのくらしTEPCO)と同じものです。

ただし、ソフトバンク電気のプランである“FITでんきプラン(再生可能エネルギー)”で用いられている電気は、ソフトバンクがグループ企業であるSB EnergyやSB Powerで太陽光発電により調達・発電した電力を使用しています。

再生可能エネルギーで発電されたFIT電気の比率は以下の通りです。

fig_fit_denki

FIT電気 57%
リサイクル発電 5%
卸売電力取引所 24%
その他 14%

原発や火力発電に抵抗がある人でも、FITでんきプランであれば安心して導入することができます。
その他プランと同様に“おうち割”や、Tポイントによる還元も適用されるので、あえてFITでんきプランを選択しても、十分にメリットがあると言えるでしょう。

ソフトバンク電気の料金プラン

ソフトバンク電気には大きく分けて4つの料金プランがあります。
1人暮らしから大人数の家族まで、それぞれの家庭環境に合わせてプランを選ぶことができるのです。

ソフトバンク電気の料金プランは以下の通りです。

スタンダードプランS/M/L

img_022

普段からあまり電気を使わず電気代が高くない1人暮らしや、夫婦共働きの家庭向けプランです。
東京電力からの切り替えで、年間約3500円前後お得になります。
2年間で平均7000円ほどです。

※おうち割でんきセット併用時

バリュープラン

img_023

3~4人前後の家族など、毎月それなりに電気を使う家庭向けのプランです。
東京電力からの切り替えで年間約8800円お得になります。
2年間だと17600円。

※おうち割でんきセット併用時

プレミアムプラン

img_024

5~8人以上などの大家族で、とにかく多くの電気を使う家庭向けのプランです。
年間 12000円、2年間で24000円ほどお得になります。

※おうち割でんきセット併用時

FIT電気プラン(再生可能エネルギー)

img_025

ソフトバンクが発電・調達した、太陽光発電などの再生可能エネルギーが供給されるプランです。

北海道エリア限定ですが、電気料金自体は、その他プランと大きな違いはありません。
原発発電や火力発電を避けたいという人には、魅力的なプランではないでしょうか。

これら4つのプランは、それぞれ東京電力エリア・関西電力エリア・中部電力エリアと、エリア別の料金が設定されています。

ソフトバンク電気の電力料金単価(東京電力エリア/バリュープラン)

スクリーンショット 2016-05-16 21.52.09

現在の電力会社からソフトバンク電気に切り替えた際のシュミレーションがしたい人は、ソフトバンク公式サイトに設置されている料金シュミレーターを利用してみてください。

ソフトバンク電気のメリットや特徴

ソフトバンク電気のメリットには、東京電力の従来プランと比べて料金が安くなるほか、スマホ・ネット回線のセット契約により、適用される割引などがあります。
またソフトバンク電気の料金支払いでTポイントが使えたり、貯まったりするのも見逃せないメリットでしょう。

これらのメリットや特徴について、1つずつ解説します。

スマホやネットもセットでお得な「おうち割」

fig_main

ソフトバンクの携帯/スマホやネットを電気とセットで契約すると、「おうち割」が適用されます。
おうち割が適用されると、スマホ代/携帯代やネット料金がそれぞれ割引されるのです。

セット内容は“光セット”と“でんきセット”の2種類があり、スマホ/携帯・ネット・電気の組み合わせによって適用される割引が異なります。

光セット

img_018

光セットは、スマホ/携帯・ネットの両方を利用するプランです。
電気は含まれません。

スマホ/携帯+ネット

スマホ/携帯料金を1人あたり最大2000円引き(毎月/2年間)
1人2年で48000円、3人家族だと144000円

光セットはネット・スマホ・タブレットの組み合わせと、契約するデータ定額パックの種類によって割引額が決定します。
それぞれの割引額と組み合わせは以下の通りです。

大容量 ネットとスマホ/携帯/タブレットセット
毎月2000円の割引(2年で48000円)
標準 上記と同条件
毎月1522円の割引(2年で36528円)
3G携帯 ネットと3G携帯
毎月500円の割引(2年で12000円)

 fig_campaign

また、利用できるインターネット固定通信サービスは以下の通り。

  • Softbank光
  • SoftbankAir
  • Yahoo!BB ADSL
  • Yahoo!BBバリュープラン
  • SoftbankブロードバンドADSLなど

でんきセット

でんきセットはスマホ/携帯かネット、どちらか片方と電気をセット利用するプランです。

スマホ/携帯+でんき

img_019

スマホ/携帯料金が1世帯あたりで最大300円引き(毎月/2年間で7200円)

ネット+でんき

img_020

ネット料金が1世帯あたりで最大300円引き(毎月/2年間で7200円)

でんきセットと光セットの割引は併用することができるので、電気・ネット・スマホ/携帯をまるごとソフトバンクに乗り換えたいという人には、大きなメリットがあります。
さらにソフトバンク1本で契約すると、支払いも一括でまとめることができるので、料金支払いの手間も省けるなども嬉しいポイントです。

Tポイントが使える・貯まる

ソフトバンク電気では、事前に手続きを行うことで料金支払いごとにTポイントが貯まります。
電気料金1000円ごと1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円で利用可能です。

さらに2016年4月から、関東エリアでプレミアムプラン(2年契約)を申し込むと、Tポイント8000Pが付与されます。

ソフトバンク電気

現在のところ、期限などは設定されていませんが、いつ終了するかは不明確です。
仮に終了する場合は、東京電力エナジーパートナーの公式サイトにて1カ月前に告知されます。

おうちレスキューとは

bnr_rescue

2016年3月31日までに「おうち割」を申し込んだ人と、2016年4月以降ソフトバンク電気に申込んだ人が、2年間無料で利用できるソフトバンク独自のサービス特典です。

電気に限らず、水回り・鍵・ガラスなどのトラブルが発生した際に出張料・作業・修理料無料で、24時間365日いつでも駆けつけてもらえます。
ただし、全て30分以内の作業量に限り、部品交換なども伴わない範囲の処置が条件です。

30分以上の作業、あるいは部品交換を伴う場合は別途費用が発生する可能性があります。

おうちレスキューを利用したい場合は、ソフトバンクの公式サイトにある「おうちレスキュー受付センター」の電話番号に連絡しましょう。

おうちレスキュー受付センター
0120-007-049

デメリット・違約金について

携帯キャリアと電力契約を検討するとき、気になるのが2年縛りの違約金です。

ソフトバンク電気のデメリットとして、各種電力プランの解約と期間中解約の2種類で違約金が発生します。

ソフトバンク電気の更新月は「契約満了日からさかのぼって2カ月間」
つまり、23カ月目と24カ月目。
この期日以外で解約すると、違約金が発生するのです。

違約金の金額は契約しているプランによって異なりますが、プランの解約手数料(違約金)は一律540円(税込)。

2年縛りの途中解約によるプラン別違約金は以下の通りです。

タンダードプラン なし
バリュープラン 2500円
プレミアムプラン 5000円

また注意が必要なデメリットとして、ソフトバンクは電気に限らずネットとスマホ・携帯にも違約金を設定しています。
もし、ソフトバンク1本でネット・電話・携帯をまとめるのなら、各契約期間はしっかりと把握しておくようにしましょう。

ネットとスマホ/携帯の途中解約は、それぞれ違約金が9500円かかります。
全ての違約金を合わせると、それだけで最大24000円です。

ただ現在のところオール電化に対応したプランは用意されていないので、オール電化の家庭はソフトバンク電気に申し込むことはできません。
しっかりと2年先まで利用することを視野に入れて、検討するようにしましょう。

ソフトバンクでんきはこんな人がお得!

img_026

ソフトバンクの公式サイトには、料金診断シミュレーターがあります。
試しに、東京電力エリア・関西電力エリアでシミュレートしてみました。

ソフトバンクには、スマホや光回線とセットにするとお得になるプランがありますが、純粋に電気料金のみでみてみました。

現在の電気料金 東京電力エリア 関西電力エリア
1万円 -2,262円 -36,178円
1.5万円 -5,753円 -43,351円
2万円 -11,306円 -75,781円

※2年契約のため、2年間で安くなる金額です。
※契約容量によって若干金額は異なります。

ソフトバンク電気は、どの地域でも同じ程度安くなるわけではないのです。
なんと関西電力エリアは、目を疑うほどのお得さです。

さらに、スマホや光回線もソフトバンクを利用していると、割引がもっと大きくなります。

つまりソフトバンク電気を使って1番お得なのは、この2つの条件に当てはまる人です。

  • スマホやネット回線がソフトバンクである
  • 関西電力エリアである

関西電力エリアに住んでいる方は、料金診断シミュレーターを試してみてください。

ソフトバンク電気の供給エリア

ソフトバンク電気の供給エリアは、以下の4エリアとなっています。

東京電力
エリア
東京都 / 神奈川県 / 千葉県 / 埼玉県 / 栃木県 / 群馬県 / 茨城県 / 山梨県 / 群馬県
関西電力
エリア
京都府 / 大阪府 / 滋賀県 / 奈良県 / 兵庫県 / 和歌山県 / 福井県 / 三重県 / 岐阜県
中部電力
エリア
長野県 / 岐阜県 / 三重県 / 愛知県 / 静岡県
北海道電力
エリア
FITでんきプラン(再生可能エネルギー)のみ

現在、上記いずれかの地域電力会社と契約している家庭は、基本的にソフトバンク電気への切り替えが可能です。
ただし、一部供給エリア対象外の地域もあるので、事前に確認するようにしましょう。

マンションや賃貸は?

マンション・アパート・借家など持家ではない賃貸物件でも、電力契約を個人名義で行っているのであれば、問題なく切り替え可能です。

マンション一棟まるごと一括受電契約をされている場合は切り替えできませんので、事前に管理会社や電力会社に確認するようにしましょう。

申し込み方法と条件

ソフトバンク電気に申し込む条件は以下の2つです。

  • iPhoneやスマホ・タブレット、ネットなどソフトバンクの固定通信サービスを契約している
  • 電力供給先の電気契約者本人か、その家族

ソフトバンク電気への申し込みは「ソフトバンクでんき公式サイト」から、あるいはソフトバンクでんき取扱店舗で行えます。

電気契約者本人以外の場合は、店舗での申し込みしかできません。
申し込み時には家族確認書類(住民票など)・印鑑・本人確認書類を持参するようにしましょう。

また一度契約してしまえば、途中でスマホや携帯・ネットを解約して、ソフトバンク電気だけを利用し続けることが可能です。
その場合は各種セット割が適用されなくなるので、メリットとデメリットを吟味しながら検討してくださいね。