21825
北陸エリアの一般家庭では、これまで北陸電力以外の電力会社を選択することはできませんでした。
しかし、2016年の4月に本格的に一般家庭の電力自由化がスタートします。
まだ、電力自由化って何?という方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単に言ってしまえば、2016年4月以降は、一般の家庭でも自由に契約する電力会社を選べるようになるのです。

この電力自由化にともない、北陸エリアでもすでに10社近くの新規参入企業がプランなどを発表しており、今後の参入の届け出を出している企業の数は50社近くにのぼります。

これだけ選択肢が多くなると、どこを選べば良いのかわからない、という方が多いかもしれません。
それぞれの新規参入企業が、次々と魅力的なプランやキャンペーンなどを実施していますので、乗り換えを検討している方もいらっしゃるでしょう。

しかし、北陸電力も電力自由化に向けて新たなプランなどを用意しています。

そこで、ここでは北陸電力を選ぶメリットやデメリットなどについて考えてみましょう。

北陸電力の目玉プランは「節電とくとく電灯」!

各社がさまざまなプランを用意している中、北陸電力の目玉となるプランは、なんと節電した分だけ料金の割引が適用される「節電とくとく電灯」です。
このような形で割引をされるのは、日本史上初のものとして、今全国的に高い注目を集めています。
04-03
このプランの特徴は、基本的な電気料金単価は、スタンダードな従量電灯と同じです。その代わり、夏や冬などの電気使用量が多くなるシーズンに、節電することによって割引を受けることが可能です。

現在、従量プランを使用している方の場合、基本的な料金は変わりませんので、このプランに切り替えても損をすることはありませんので検討してみましょう。

しかし、単に節電すると言ってもどうすればよりお得に利用できるのかがわからない、という方がほとんどでしょう。

そこで、この「節電とくとく電灯」をさらにお得に利用するために、その仕組みや使い方のコツなどをご紹介します。

節電をするタイミングはいつ?

21826
電力使用量が多くなるシーズンと言っても、具体的な期間が決まっているわけではありません。その時の状況に応じて、北陸電力が期間を決める形になります。

暑さや寒さが厳しくなったり、発電所の点検やトラブルなどによって、電気の使用量に対して発電量が追い付かないという状況が予想されるタイミングで、北陸電力からプラン加入者にお知らせが届きます。

このお知らせが届いたタイミングで電力の使用量を減らすことによって割引が受けられるというシステムになっています。

そのため、普段はいつも通り電気を使用し続けても問題ありません。節電の方法についても、お知らせが届いたタイミングでエアコンの設定温度を変える、といったちょっとした工夫で節電し、大幅な割引を受けることが可能となっています。

icon04この割引は、指定された節電期間の電力使用量と、直前の平日5日間の同じ時間帯の使用量を比較し、使用量の減った分だけ、割引を受けられるようになっています。

 

「節電とくとく電灯」の欠点・デメリットは?

21827
前述の通り、基本的な電気料金はこれまでの従量プランと同じですので、損をすることはないでしょう。
しかし、電力自由化以降は多くの新規参入企業という選択肢が増えます。中には北陸電力よりも低い単価や、割引サービスを実施する企業も少なくありません。

そう考えれば、「節電とくとく電灯」で適用される基本的な従量プランが割高に感じられるかもしれません。
もちろん、節電によって割引を受けることはできますが、毎年どのくらいの日数が節電期間になるのかは、現時点ではわかりません。また、節電のお知らせが来たタイミングでうまく節電できない可能性だってあります。

たとえば、平日の昼間にはほとんど自宅におらず、電気を使用しない、という方の場合、もともとの使用量が低いことからそれ以上の節電はできません。そうなると、このプランの恩恵をほとんど受けることはできません。

また、節電の実施日は北陸電力が決めますので、ほとんど実施されない可能性もあります。そうなれば、当然割引は適用されません。

一見とても魅力的に見える「節電とくとく電灯」ではありますが、このようにほとんど節電による恩恵を受けることができず、新規参入企業と比較すると、ほとんど割引を受けることのできないプラン、となってしまう可能性もあるのです。

spain_006もちろん、北陸電力ではエコキュートをはじめとするヒートポンプ式の給湯器を使用している方のために「くつろぎナイト12」といった夜8時から翌朝の8時までの12時間の料金単価が安くなるプランなども用意されています。

しかし、当然夜間電力の料金が安くなるといったプランは、すでに全国の電力会社で採用されており、人気をあつめていますので、新規参入企業も当然採用することになるでしょう。そのため、北陸電力ならではの強みである、とは言えません。

エネシフト編集部エネシフト編集部

北陸電力では「節電とくとく電灯」という目玉プランを中心に、電力自由化に向けてアピールしています。
確かに魅力的なプランであることは確かですが、割引額が安定しない、あるいはほとんどその恩恵を受けることができない可能性もありますので、残念ながら、新規参入企業に大きく差をつけるほどに魅力的なものであるとは言えません。

電気料金の単価や、その他のプランなどもあわせた上で、新規参入企業と比較し、検討する必要があるでしょう。