一人暮らしにオススメの電力会社をお探しですか?

 

2016年4月からの全面電力自由化で、一般家庭も契約する電力会社を自由に選べるようになりました。

多くの電力を使う家庭ほど、その恩恵は大きくなります。

 

一人暮らしの場合は、仕事や学校などで在宅している比率が極端に少なく、月々の電気代も平均して3000~5000円(150~200kWh)ほどにしかなりません。

 

元々の電気代が安いので、家族の誰かが常に在宅して電気を使用している環境と比べると、一人暮らしの人が電力会社を切り替えるメリットはあまりないのです。

 

その中でも一人暮らしが電力会社を乗り換えてメリットを出すためには、電力単価以外の部分にも目を向ける必要があります。

電気料金が変わらなくても、ガソリン代割引やポイントによる還元があるなら嬉しいですよね。

 

エネシフトが一人暮らしにオススメする電力会社は、電力使用量に関係なく地域電力会社より5%安くなるHISの「HTBエナジー」です。

 

HISエナジーは、供給エリアも沖縄以外をほぼ網羅しており、電力使用量が少なくても電気代削減が期待できる数少ない電力会社になります。

 

もしあなたがauのスマホや携帯を使っているのであれば、電気代に応じてauWALLETポイントが還元される「au電気」

車やバイクで頻繁に外出するのであれば、ガソリンや灯油が安くなる「エネオス電気」がオススメです。

 

逆に「東京ガスの電力」は、ガスとのセット利用による割引で人気を集めていますが、最初の140kWhまでは東京電力よりも単価が割高になるので、ガスの使用量も少ない一人暮らしの人にはオススメできません。

 

今回は一人暮らしの人が電力会社を見直すとき、環境に応じたオススメの電力会社をランキング形式で比較解説します。

第1位 HTBエナジー


■一人暮らしには「HTBエナジー」が一番オススメな理由

なぜ、一人暮らしの方にはHTBエナジーをオススメするのか。

 

それは、電力使用量に関係なく電気代が安くなるからです。

ほとんどの新規電力会社の電力単価は、最初の120kWhまで地域電力会社よりも割高で、121kWh以上からは割安になるよう設定されています。

 

現状の電力使用量が多ければ多いほど、メリットも大きくなるのです。

新規電力会社もたくさん電力を使ってもらえないと利益が出せないので、電気使用が少ない人よりも多い人を優遇しています。

 

その点において、HTBエナジーは電力使用量に関係なく、現状の地域電力会社の電力単価から、5%を割引した価格で料金を設定しているのです。

 

従量料金・基本料金ともに5%引きなので、一人暮らしなどで電気使用量が少なくても電気代節約にほぼ確実つながります。

当然元々の電気代が高いほど割引額も大きくなるので、一人暮らしだけでなく、大家族や家電が多い家庭などにもオススメ。

 

HTBエナジーで惜しいのは、”au電気“や”東京ガスの電気“のようなポイント還元がないところです。

 

キャンペーンによる国内外ツアーの割引制度は行っていますが、一度きりの割引になります。

欲を言えば、独自ポイントやキャッシュバックなど直接的な割引も実地してほしいですよね。

 

※HTBエナジーの詳細については”H・I・S電気(HTBエナジー)のメリットは?旅行、旅好きにオススメの理由とサービス完全ガイド“の記事で解説しています。

第2位 au電気


■ポイント還元が嬉しいau電気

あなたの使っている携帯やスマホキャリアがauなのであれば、au電気もオススメできる電力会社の1つです。

 

電力料金自体も東京電力よりも若干ですが安く設定されており、何より電気料金の金額に応じてauWALLETプリペイドカードのポイントがキャッシュバックされます。

 

auWALLETのポイントは、貯まり次第コンビニや加盟店で1ポイント1円として利用することが可能です。

電気代の金額によって還元率が異なり、4999円以下であれば1%、5000円以上8000円未満なら3%、8000円以上なら料金の5%がキャッシュバック。

一人暮らしでも電気代が5000円を超えることは珍しくありませんし、例えば6000円ほどであればauWALLETポイントが180ポイント貯まります。年間で2160円分ですね。

 

夏場や冬場はエアコンや暖房・冷房などで電気代が上がりやすい時期なので、還元ポイントは恐らくもっと多くなります。

さらにau電気が随時行っているキャッシュバックキャンペーンが適用されれば、最高10%まで還元率がアップ。

 

対象となるのは主に関西エリアの人のみですが、もし乗り換えを検討するのであれば、キャンペーンの確認は必ず行っておきましょう。

 

※au電気の詳細については”au電気のメリットは?料金、セット割り、キャンペーンを完全ガイド“の記事で解説しています。

第3位 エネオス電気(ENEOS電気)

■ガソリン代も安くなるエネオス電気

次にオススメなのが、大手石油会社であるエネオス電気です。

エネオス電気は、数多い電力会社の中でも10Aや20Aなどの低用量のアンペアプランも用意している貴重な電力会社。

 

エネオス電気の電力料金自体は、他の電力会社と同じく最初の120kWhまでは東京電力よりも割高になり、それ以降は割安になるよう設定されています。

一人暮らしにエネオス電気をオススメする理由について、ご説明していきましょう。

 

まず、エネオス電気の料金は電力使用量が120kWh以降からしかメリットが出ないようになっていますが、にねんとくとく割(長期2年契約)に加入することで、上記からさらに0.20円~0.30円の割引が受けられます。

 

これでも、まだ120kWhまでは東京電力の方が安いです。

しかし、電力の使用量は一人暮らしであっても平均160~200kWh前後にはなりますので、80kWh分でも電気料金によるメリットは出せます。

加えてエネオス電気で契約すれば、エネオスSS(サービスステーション)でのガソリンや軽油代が1Lあたり2円の割引。

各種エネオスカードと組み合わせれば、最大1Lあたり7円も安くなるんです。

 

上限として一カ月150Lまでですが、車での遠出や出張が多い一人暮らしの人には、非常にありがたいサービスといえます。

注意すべき点として、にねんとくとく割はその名の通り2年縛りのある契約です。

 

更新月以外で途中解約をすると1080円の違約金が発生します。

過剰に気にするほどの金額ではありませんが、頭の片隅に入れておくようにしましょう。

 

※エネオス電気の具体的なメリットやデメリットについては”エネオス電気(ENEOSでんき)のメリットとデメリット!サービスの内容を完全ガイド“で解説しています。


エネシフト編集部エネシフト編集部

一人暮らしの電力会社乗り換えの場合、四人以上の家族などと比べると直接的な電気料金削減幅は著しく少なくなります。

使用電力が少ない家庭の電力会社選定のコツは、電力単価と合わせて、電気料金以外のポイント還元や他サービスのメリット部分です。

総合的に見て、あなたが納得できる電力会社を選ぶことが大切になります。