電力小売自由化を機に電力小売事業へと参入した企業は、大阪ガス東京ガスなどのガス会社や、auでんきソフトバンクでんきのような通信会社だけではありません。

 

大手旅行会社のオリオンツアーや、テーマパークで有名なハウステンボス株式会社を展開するH・I・S(エイチ・アイ・エス)グループも、電力事業に参入した企業の1つです。

 

エイチ・アイ・エスが電力自由化によりはじめたのが「HTBエナジー」と呼ばれる電力サービスになります。

 

HTBエナジーで契約すると、海外ツアーや国内ツアーの料金が割引かれる他、現在の電気代より5%安くなることが保障されるのです。

ここでは、以上のようなHTBエナジーのメリットやデメリット・特徴・料金などについて、詳しく解説していきましょう。

H・I・Sの電気とは

HTBエナジーは2016年6月からの電気値上げに先駆けて、エイチ・アイ・エスグループが新設した新規電力会社です。

graph

主に再生可能エネルギーや、LNG火力発電などのクリーンエネルギーを元にした新電力の開発や提供を行っています。

送電網はこれまでの電力会社と同じものを利用するため、サービスの品質低下や停電が頻繁になるなどの心配もありません。

 

HTBエナジーの供給エリア

HTBエナジーの最大の特徴は、新規電力会社の中でも供給エリアが広範囲というところです。

北陸電力エリア・沖縄電力エリア・四国電力エリアの3エリア以外は、すべて網羅しています。

 

今後未対応の3エリアにも範囲を広げる可能性は十分に考えられるので、将来的にはメリットもさらに大きくなるかもしれません。

 

HTBエナジーのプランと電気料金

HTBエナジーの電力単価とプラン名は、各地域別に設定されています。

基本料金・従量料金共に既存の地域電力会社の料金から、5%割り引かれた金額です。

 

なお、地域ごとのプラン内にある種別は“従量電灯A・B・C”のみになります。

それぞれの一般家庭向けプランの電気料金比較は、以下の通りです。

 

東京電力エリア

たのしいでんき 東京大江戸プラン
基本料金 東京電力 H.I.S.の電気料金
30A 842.4 800.28
40A 1,123.20 1,067.04
50A 1,404.00 1,333.80
60A 1,684.80 1,600.56
従量料金
120kWhまで @19.43 @18.46
120~300kWhまで @25.91 @24.62
300kWhから @29.93 @28.44
従量電灯B

関西電力エリア

たのしいでんき 関西たこやきプラン
基本料金 関西電力 H.I.S.の電気料金
最初の15kWhまで 373.73 355.05
15~120kWhまで @22.83 @21.69
120~300kWhまで @29.26 @27.80
300kWhから @33.32 @31.66
従量電灯A

中部電力エリア

たのしいでんき 中部しゃちほこプラン
基本料金 中部電力 H.I.S.の電気料金
30A 842.4 800.28
40A 1,123.20 1,067.04
50A 1,404.00 1,333.80
60A 1,684.80 1,600.56
従量料金
120kWhまで @20.68 @19.65
120~300kWhまで @25.08 @23.83
300kWhから @27.97 @26.58
従量電灯B

中国電力エリア

たのしいでんき 中国もみじプラン
基本料金 中国電力 H.I.S.の電気料金
最初の15kWhまで 330.26 313.75
15~120kWhまで @20.34 @19.33
120~300kWhまで @26.90 @25.56
300kWhから @28.98 @27.54
従量電灯A

東北電力エリア

たのしいでんき 東北なまはげプラン
基本料金 東北電力 H.I.S.の電気料金
30A 972 923.4
40A 1,296.00 1,231.20
50A 1,620.00 1,539.00
60A 1,944.00 1,846.80
従量料金
120kWhまで @18.24 @17.33
120~300kWhまで @24.87 @23.63
300kWhから @28.75 @27.32
従量電灯B

九州電力エリア

たのしいでんき 九州めんたいこプラン
基本料金 九州電力 H.I.S.の電気料金
30A 874.8 831.06
40A 1,166.40 1,108.08
50A 1,458.00 1,385.10
60A 1,749.60 1,662.12
従量料金
120kWhまで @17.13 @16.28
120~300kWhまで @22.63 @21.50
300kWhから @25.57 @24.30
従量電灯B

北海道電力エリア

たのしいでんき 北海道かにプラン
基本料金 北海道電力 H.I.S.の電気料金
30A 1,004.40 954.18
40A 1,339.20 1,272.24
50A 1,674.00 1,590.30
60A 2,008.80 1,908.36
従量料金
120kWhまで @23.54 @22.37
120~280kWhまで @29.72 @28.24
280kWhから @33.37 @31.71
従量電灯B

 

HISの電気料金は、既存電力会社の料金単価の5%引きとなっています。

上記の表の通り、基本的にHISの電気(HTBエナジー)は、既存電力会社よりも電気代が安くなるように設定されているのです。

 

6月からの電気代値上げに先駆けたプランということもあり、値上げされた分はHISの電力に切り替えることで取り返せるかもしれません。

 

1つ注意点として、HIS公式サイト情報によれば、HISの電気料金は【2015年12月時点の既存電力会社の料金より5%引き】と記載されています。

 

つまり、2016年4月の電力自由化により参入した新規電力会社からHIS電気に切り替えたとしても、そこから5%引きにはならず、地域別の料金に固定されているということです。

 

HTBエナジーのメリットとデメリット

natsucampaing

HTBエナジーはエイチ・アイ・エス(H・I・S)グループの電力会社なので、HTBエナジーの契約と同時に国内外ツアーを申し込むことで、ツアー料金から1000円~2000円割引かれるなどのメリットがあります。

 

国内ツアーでは1000円割引

国外ツアーでは2000円割引

 

キャンペーン対象となるH・I・S主催ツアーと条件は以下の通り。

 

海外ツアー 5万円以上

国内ツアー 3万円以上

HTBエナジーの30A(アンペア)以上での契約完了者

 

これは2016年6月30日までの期間限定のキャンペーンですが、今後も同じようなサービスやキャンペーンが実地される可能性は高いといえるでしょう。

このキャンペーン割引は一世帯1人あたりの金額なので、5人家族の海外ツアーであれば、合計10000円の割引を受けることができます。

 

また質問や相談などをしたい場合、スマホやタブレットを利用したWEBからの問い合わせはもちろん、全国に300カ所以上あるH・I・Sの店頭でも随時受け付けています。WEBが苦手な人にとっては、これもメリットの1つとなるでしょう。

 

さらにHTBエナジーでは、電力会社を切り替えた際に現在電気代の5%を割り引くという保障をつけています。

 

例えば現在の電気代が1万円/月なら、HTBエナジーに切り替えること毎月500円が割引かれる計算です。

年間で6000円。電気代が高額な人であれば、これも大きなメリットとなります。

waribiki

しかし、現在の電力会社の契約プランや電力単価によっては、5%割引されてもお得にならない可能性もあるので、注意が必要です。

 

またHTBエナジーのデメリットとして、国内外ツアー料金の割引キャンペーンはHTB電気の申し込みと同時でなければ適用されません。

 

キャンペーン対象になるためには、30A以上での契約が条件となっているので、単身者や普段電力をほとんど使わない家庭では、基本料金などでデメリットの方が大きくなってしまいます。

 

現在の電気代や契約プランなどを把握したうえで、最適な電力会社を選ぶようにしましょう。

 

マンションや賃貸は?

マンションやアパートなどの賃貸であっても、その部屋の電力契約者が借主であるなら問題なく電力会社を切り替えることができます。

建物ごと一括受電契約をしている場合は不可となるので、事前に現在の電力会社か賃貸の管理会社に確認するようにしましょう。