2017年4月1日から都市ガスの小売り販売の自由化が始まり、電気に続き各家庭でお得なガス会社を選べるようになりました。

でも今までガス会社を選ぶということを考えたことがなく、何もかも初めてのことなので選び方が良く分かりません。

 

やはり手始めは色々な会社を比較するべきですが、どこを比較してみればよいかポイントを押さえなければ上手く比較することもできません。今回はその手助けになるガス比較サイトについて活用の仕方を調べてみました。

 

ガス比較サイトとは?

 

まずガス比較サイトというものは何なのでしょうか?

 

ガス自由化を迎えて、各家庭で「自由化の目的は何か」「何が変わって何がそのままか」「乗り換えるときの手続きは?」など疑問に感じていることをひとつにまとめ、しかも数社ある乗り換え先をいくつかの質問に答えることで、シミュレーションにより比較してくれ、それぞれに合ったガス会社を紹介してもらえます。

 

ガス比較サイトは、皆様にお得なガス会社を選びやすくするためのサイトです。

 

ガス比較サイトの活用方法

ガス比較サイトを一言で表すと、皆様にお得なプランが見つかるように手助けをするサイトです。

 

何社もある中から自分で1社ずつ検索していては、お得なプランを探し出す前に疲れてしまいますが、ガス比較サイトを使って現在の状況を入力するだけで簡単に見つかります。

 

しかも関連する記事で細かく説明しているので、ガス自由化について、都市ガス代が何故安くなるのか?など疑問に感じていることもサイトの中で解消することができます。

 

ガス比較サイトを活用して光熱費を節約できる方法を見つけてみましょう。

ガス料金を比較できるサイト

自由化によるガス料金の違いを比較できるサイトはいくつかあります。

ぞれぞれの比較サイトに特色がありますので、皆さんが読みやすいと感じたサイトをご利用されると良いでしょう。

 

エネチェンジ

「エネチェンジ」は2016年に行われた電力自由化の際に、新規参入業者の情報をまとめデータ管理をすることで、現在の状況を入力するとおすすめの会社を紹介してもらえるシステムを導入したサイトです。

 

ガス自由化についても同様に、ガス会社の比較をすることが可能です。

まず郵便番号を入力してみると、次の質問が出ますので何個か答えると、候補のガス会社が出てきます。そこからまた詳細を確認できますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

タイナビスイッチ

「タイナビスイッチ」は株式会社グットフェローズがサイトの中立性とシミュレーションの正確性にこだわって作られたサイトで、太陽光発電導入ナビゲーションサイトの姉妹サイトです。

 

全国の電力会社の料金をシミュレーションで比較できるように、高精度シミュレーションシステムを使用して、各家庭に最適な電力会社を探してくれます。

 

「エネチェンジ」も同様なのですが「タイナビスイッチ」でもガス自由化についての情報も充実しており、ガス自由化についての予備知識を確認するにも適したサイトです。

 

 

シミュレーションすることで都市ガスは「エネチェンジ」では41社「タイナビスイッチ」でも関東エリアのセット割など15社から比較して調べることが可能です。

 

登録された会社の数だけではどちらが良いとは言えません。

皆さんが実際に利用してみて使いやすいサイトを選択してみるか、あるいはサイトも両方利用してみて結果を比較してみるという手もありますよ。要は自分が納得できる結果を得られることが重要ですね。

価格.COM

買い物をするときに悩んでいるときに、納得できるものを探すために「価格.COM」を利用された方も多いかと思います。

 

ガス会社も同じように「価格.COM」で「エネチェンジ」「タイナビスイッチ」と同様に、シミュレーションでガス会社を絞ることができるようになっており、自分に合ったガス会社を選べるようになっています。

 

この「エネチェンジ」「タイナビスイッチ」「価格.COM」が比較サイトの中では有名な3つのサイトになります。そしてシミュレーションでき、ガス自由化の記事も充実していることも同様です。

 

敢えて比較サイトを比較してみると「エネチェンジ」は電力については素晴らしい情報量ですし、「タイナビスイッチ」は中立性を謳っているだけあり、まんべんなく情報を得ることが可能です。そして知名度は「価格.COM」が一番です。

 

サイトを覗いてみるとそれぞれに特色がありますが、どこかひとつが良いとは言い切れないところがあります。

読みやすいと考えるのは個人でさまざまなので、是非自分で確認してみてはいかがでしょうか

 

ガス比較サイトの基本的な使い方

今までガス比較サイトはガス会社に迷ったときに便利なサイトと説明してきました。

活用方法でも案内した通り、ガス比較サイトにてシミュレーションし各家庭で一番お得なプランを探すのが目的です。

 

基本的な使い方

  1. 自由化の目的など記事で確認しておきましょう
  2. 自分の家庭でも乗り換えできるかどうかをシミュレーションにて確認する

(ガス自由化はまだ地域によっては参入業者がなく、選択できないところもあります。まず確認をしましょう)

  1. 乗り換え可能な業者があり、お得プランが表示されたら詳細を確認していく

 

そして詳細を確認するときは「金額が安くなる」ことだけでは不十分なので、次にガス会社を選ぶときの基準をお伝えします。

 

ガス会社を選ぶ基準

 

乗り換えるガス会社を選ぶ基準は現在支払っている金額より安くなる会社を選ぶわけですが、それに気をつける点があります。

 

プランなど詳細を吟味しませんと、気づいたら支払金額が割高になっていたのでは意味がありません。

 

ガス会社が電気代とのセット割や通信費とのセットで割引になるケースもあります。それぞれの会社の特色を生かしているので確認してみてください。

 

まとめ

今回はガス比較サイトの紹介と比較方法について説明してみました。

大きいサイトは3つありますが、それぞれ特色があり利用してみることでガス会社が比較できるでしょう。

 

しかしながら地域によっては新規参入業者がないところも多いので、まだこれからプランも変わっていくでしょう。あせらないで納得のいくガス会社が見つかったとき乗り換えを検討してみましょう。