2017年4月1日からガスの小売りが電気に次いで全面自由化しました。

電気のときもそうでしたが、自由化したけれど、私たちは何を基準に選べば良いか分かりません。

 

今回はガスの自由化に際し、まず自由化に参入する企業はどこかをチェックしてみましょう。

 

あなたのご家庭にとって良い条件の企業が見つける参考にどうぞ。

 

ガス自由化とは?

ではその前にガス自由化とはどういうことなのでしょうか?簡単に説明すると、

今までは地域のガス会社と契約するのが唯一の方法でしたが、これからは自由に選ぶことが出来るということです。

 

そして自由化されるのは都市ガスを利用している家庭と、70戸以上の団地やマンションで利用している簡易ガスを使用している家庭です。

 

またガスが自由化したからといってガスを使う私たちは書類上の手続き以外は何もすることはありません。

それはガスの規格は変わらないので同じガス管を共有出来るため、改めてガス管を引かなくても大丈夫なのです。

 

今まではひとつの会社だけだったので考える必要がなかったのですが、自由化することによってそれぞれの会社の特色を生かしたサービスを受けるという選択肢が生まれます。

 

そんなガス自由化に新規参入するのはどんな企業なのでしょうか。

 

ガス自由化に参入予定の企業はどこ?

やはり電力会社がガス自由化へ新規参入することは避けられません。

何故電力なのにガスが?と思ってしまいますが、火力発電にはガスを燃料として使用しており、すでにガスに対する設備が揃っているという点が挙げられます。ガスの知識もあるから安心して利用することも出来ます。

 

東京電力

東京電力は日本の企業では輸入量は一番多く、天然ガスは年間で約2500万トンのLNG(液化天然ガス)を輸入しています。

これは火力発電用やすでに自由化されている工場へ供給するためで、これらの実績がすでにあるので家庭用のガス自由化に際しても安心して利用できるでしょう。

 

関西電力

関西電力も東京電力と同様に大きな工場などにはすでにガスの販売を開始していました。

燃料としても利用するので、すでに設備がしっかりしていることからも家庭用のガス自由化には安定したサービスが期待できるでしょう。

 

九州電力

やはり火力発電に利用するため発電用に大量に輸入していた実績があります。

西部ガスの供給エリアで九州電力のガスが利用出来るようになります。

 

電力会社以外も新規参入します。

 

J:COM

J:COMはテレビ、インターネット、電話や電力を扱っている会社です。

テレビなどと電力とのセット割引が利用できます。その他にも石油会社などが新規参入を表明しています。

 

ガス事業新規参入は慎重な企業が多い

 

しかしガス自由化には電気自由化のときより新規参入に名乗りを上げる企業は慎重になっているようです。

 

なぜなら新規参入するにも電気のときは、いろいろな選択肢があり準備もしやすかったのですが、ガスはほとんど輸入に頼っていることから資本が必要です。しかもガス事業にはある程度の設備投資も必要になるからです。

ガス自由化の主なメリット・デメリット

今までは地域に1社だけだったガス会社が自由化以降選べるようになると私たちに、どんなメリットがあるのでしょうか。

 

ガス自由化によるメリット

やはり一番のメリットはガス料金が下がることにあります。今までの料金設定は総括原価方式と呼ばれる方法で決定していました。

総括原価方式とは燃料費や人件費などガスの事業に関わる金額に会社の利益を加算したものを指します。

 

この方式で計算すると事業者は経営が安定するため先の計画も立てやすくガスの供給も安定していますが、ガス利用者のガス料金の面を考えると、必ずしも適正な価格であったどうか不透明と言わざるを得ません。

 

それがガス自由化によってそれぞれの企業の特色を生かし、各自の家庭に合った料金メニューを選択することが可能になり、より割安なサービスを選ぶことが出来ることが出来ます。

 

しかし何事もメリットがあればデメリットもあります。ガス自由化することでどんなデメリットがあるのでしょうか。

 

ガス自由化によるデメリット

日本では都市ガスの燃料である天然ガスのほとんどを輸入に頼っているのが現状です。

輸入に頼るということは、天然ガスの価格や為替レートの変動を考慮しなければなりません。

 

今まではガス料金の値上げには国の認可が必要だったため大きな値上げは起きませんでした。

しかし自由化によって自由に料金設定が出来るようになるため、変動がダイレクトに料金に反映する可能性もあります。

 

そしてもう一点危惧されていることが、このガス自由化が都市圏に集中してしまう恐れがあるということです。

東京、大阪などでは新規参入の企業があり選択肢が増えたけど、地方では参入する企業がなく今まで通りになることで、地域間格差が生まれるのではないかというのです。

 

では安くなるというもののどのくらい安くなるのかも知っておきたいところです。

 

ガス会社乗り換えでどれくらい安くなる?

ガスの料金は燃料調達費、託送料金、保安料金、販売促進費の4つで決定されます。

聞きなれない言葉もありますので、簡単に説明すると、

 

・燃料調達費:天然ガスの輸入にかかる費用

 

・託送(たくそう)料金:今までのガス会社に導管を借りて新規参入業者は各家庭にガスを届けます。新規参入業者が今までのガス会社に払う使用料金です。

 

・保安料金:安全を守るため器具の点検や緊急連絡先が必要になるところが電気とは異なります。これは人の手で行いますから、保安料金として徴収するのです。

 

・販売促進費:これは言葉の通り販売促進のための広告などの費用です。

 

では値下げがガス自由化の一番のメリットでしたが、どれくらい安くなるのでしょうか。

 

例えば東京電力にて一般料金で現在月額8,000円支払っている家庭で、東京電力エナジーパートナーにてプレミアムプランまたはスタンダードプランで契約していれば、セット割引で、年間約5,700円の節約になります。

 

ガス料金の値下げは、このように一般的には電気とガスのセット割引になります。

 

しかも電力会社以外の参入業者であれば、通信、小売りのサービスとのセット割引や各社のポイントプログラムとの連携など、ご自身の家庭でお得になる事業者を選べるのです。

 

まとめ

4月1日から一般家庭でも都市ガスの自由化が始まりました。

電力会社、石油会社など新規参入してガス料金の値下げを目的として、各社がサービスを打ち出しています。

 

電力会社はガス販売の実績もあることから電気とガスのセット割などお得なサービスは魅力的です。

携帯電話会社など各社の特色を生かしたサービスもあり、それぞれの家庭に合ったサービスを検討できこちらも考慮してお得なサービスを見つけましょう。