大手ガス会社”ガスワングループ”が電力自由化に伴って、電力小売事業に参入しました。

ガスワンの運営会社である株式会社サイサンは、ガス事業に限らずミネラルウォーターの宅配や、リフォーム事業などさまざまな方面にビジネスを展開しています。


今回、ガスワンが新たにはじめた電力サービス”エネワンでんき”は、以前から法人向けに電力提供していたサービスが、電力小売自由化に伴い個人向けになったものです。

 

2013年4月から2015年10月の法人向け高圧電力継続利用率は、99.6%と非常に優秀な数字を維持しています。

では、主にLPガスを扱うガスワンの提供する”エネワンでんき”には、一般家庭にとってどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

地域電力会社との電気料金比較や、供給エリアなども含めて解説していきます。

 

サイサンってどんな会社?

株式会社サイサンは、元々LPガスなどの提供をメイン事業としていた企業です。

ミネラルウォーター宅配やリフォーム事業など、日本全国に20社以上のグループ企業があります。それら全体のグループ名が”ガスワングループ”です。

 

1954年に設立されて以降、現在では従業員1000名を超える大企業となっています。

グループ会社も含めた主な事業は以下の通りです。

・ガスエネルギーの提供と販売(家庭用・医療用・産業用)

・省エネルギーエスコ

・各種高圧ガスの関連機器販売と設計施工

・LPガスの集団供給設備設計施工

・都市ガスや簡易ガス供給プラントの設計施工

・石油製品の販売

・電力/電気事業

・ミネラルウォーター「Water One」宅配事業

・住宅に関する設備機器の販売・設計施工「リフォーム・ワン」

電力提供に関しては、以前から法人相手に行っており、その電力供給実績は年間1000件を超えています。

今回の一般家庭向け電力自由化に伴い、個人への電力供給・販売を開始したのです。

 

エネワン電気の供給エリア

エネワン電気の供給エリアは以下の通りです。

・北海道電力エリア

・東北電力エリア

・東京電力エリア

・中部電力エリア

・九州電力エリア

 

エネワン電気のメリットと料金プラン

エネワン電気には「エネワンBプラン(従量電灯B)」と「エネワンCプラン(従量電灯C)」「エネワンSプラン」の3つがあります。

各地域の基本的な電力量料金は、エネワンプランB・C共に同じです。

 

ただし、エネワンBプランは、契約するアンペア数(A)によって基本料金が異なります。

エネワン電気のエリア別料金は以下の通りです。

東京電力エリア


東北電力エリア


中部電力エリア


九州電力エリア


北海道電力エリアのみ担当会社がエネワンではなく、ガスワングループの「株式会社いちたかガスワン」であるため、他の電力エリアとは料金設定が別です。

エネワン電気最大のメリットとして、灯油やガスなどとセットで契約することで、基本料金や電力量料金の割引が受けられます。

北海道電力エリア


エネワン電気の料金プランは地域電力会社の料金プランと比較すると、それぞれ今より安くメリットが出るように設定されています。

エネワンの東京電力エリア料金と、東京電力の従来プランの比較は以下の表を参考にしてください。

基本料金 東京電力 エネワン電気
10A 280円80銭

15A 421円20銭

20A 561円60銭

30A 842円40銭 810円
40A 1,123円20銭 1080円
50A 1,404円00銭 1350円
60A 1,684円80銭 1620円

電力量料金/1kWh

東京電力

関西電力

エネワン電気

~120kWh 19円43銭 20円47銭 19円52銭
120kWh~300kWh 25円91銭 24円75銭 26円00銭
300kWh以上 29円93銭 28円33銭 26円42銭
従量電灯B ※30A

毎月の電力料金は、上記の表を元に基本料金のほか、燃費調整費や再生可能エネルギー発電促進割賦金などを加えて計算されます。

 

電気料金の基本計算式

基本料金+電力料金+再生可能エネルギー発電促進割賦金

なお、エネワン電気の再生可能エネルギー発電促進割賦金単価は1円58銭です。

これに使用量を掛けた金額が毎月の電気料金に含まれています。

 

ガスワングループはその名の通りLPガスを中心に扱う企業なので、LPガスとのセット契約で割引があります。東京電力、中部電力、東北電力、九州電力、北海道電力エリアのお客さまを対象

 

北海道電力エリアでは灯油やLPガスとのセット契約で電力料金単価や基本料金の割引があります。電力自由化の浸透によって、今後のセット割などに期待したいところです。

 

その他のメリットとして、身近にいつでも相談できる窓口が多数あります。

ガスワンのグループ会社はもちろん、エネワン電気を取扱う企業は100社以上あるので、お年寄りや電力契約など複雑なことが苦手な人にとってはとても魅力的なポイントではないでしょうか。

エネワン電気のデメリット

現在のところ、エネワン電気にデメリットらしいポイントはありません。

ただ、エネオス電気や昭和シェル石油、東燃ゼネラル石油(myでんき)などと比べると、灯油やガソリンとの連携が弱いのが気になるところです。

 

北海道電力エリア以外でのセット割引もなく、今後のキャンペーンやプランによって、エネワン電気のメリット・デメリットは大きく変化するでしょう。

エネワン電気のキャンペーン

泉ワン子社長のLINEスタンプが公式に販売されています。

さまざまなシチュエーションで使える泉ワンコ社長オリジナルスタンプです。


全40種類で価格は120円。

 

LINEのアプリ内で「泉ワンコ社長」と検索すれば出てきます。

興味がある方は購入されてみてはいかがでしょうか。

 

マンションや賃貸でも契約できるの?

電力会社の乗り換えは、基本的にマンションやアパート・借家などでも行えます。

そのための条件が、借主がその部屋(あるいは家)の電気契約者本人であるということです。

 

もし建物全体で一括受電契約されている場合などは、個別の電力会社切り替えはできないので注意しましょう。

どのような契約になっているか不明なのであれば、賃貸の管理会社か現在契約中の電力会社に問い合わせてみてください。

 


エネシフト編集部エネシフト編集部

エネワン電気は全国に展開するガスワングループが提供する電力サービスです。どこでも相談ができて、各地域に密着してユーザーをサポートしてくれます。

今後は北海道エリア以外での灯油やガソリンなど、石油セットによるメリットが増えてくれば、より需要は大きくなっていくのではないでしょうか。