e_001

\ 関東の方へ /

banner

※重要 もしエネオス電気のサービスにご興味がある方は、まずは申し込み可能エリアをチェックしましょう!

⇒ページ下部、エネオス電気、稼働地域へ

2016年4月よりはじまる電力自由化に伴い、さまざまな電力会社が参入しています。
この政策によって各地域の電力会社に依存することなく、生活環境に合わせた好きな電力会社を選べるようになるのです。

しかし、多くの電力会社が名乗り出てくると、どこの電力会社がいいのかという判断が難しくなってくる人もいると思います。

電力会社が提供する電力の各種プランには、それぞれにメリットとデメリットがあるからです。

 

そんな中で、注目を浴びているのが「エネオス電気」

石油精製・販売最大手であると同時に、自社発電設備による電力提供で多くの実績を持つ「JXエネルギー株式会社」が提供している電力です。

e_002

発電所は九州から北海道まで日本全国を網羅しているエネオス電気ですが、他の電力会社と比べてどのような特徴や違いがあるのでしょう。
またどれくらい電気料金が下がるのかも、気になるところです。

そこで今回はエネオス電気のメリット・デメリットやプランなど、電気料金シュミレーションも交えてご紹介していきたいと思います。

エネオス電気の特徴ってなに?

e_003

エネオス電気の特徴は、発電のとき環境への負荷を抑えるためのエネルギーを採用しているところにあります。

エネオスというと石油のイメージが強い人もいると思いますが、実は10年以上前から電力事業を展開している電力提供・発電のスペシャリスト。
そのため、エネオス電気は自社発電用の設備もノウハウも全て習得しています。

これまではオフィスビルや学校などに対して電力の供給を行っていましたが、電力自由化によって、個人・法人問わず利用できるようになるのです。

エネオス電気は天然ガスなどいくつかのエネルギーを組み合わせて発電しており、その“電源構成比率”は以下の通り。
e_004

  • LGN火力発電(高効率天然ガス) 41%
  • 石油火力発電 35%
  • バイオマス発電 11%
  • FIT電気 1%
  • 取引所 10%
  • その他 2%

※2014年4月1日~2015年3月31日まで

エネオス電気は、川崎天然ガス発電所をはじめとする全国の自社発電所で発電しているので、安定した電力提供を受けることができます。
現在は関東の東京近郊のみが供給エリアになっていますが、徐々に拡大していく予定です。

e_005

またその他エネルギーである水力・風力・太陽光発電などにも積極的に取り組んでいるため、今後さらなる発展・活躍が期待できるでしょう。

エネオス電気の利用料金プランとは?

e_009

電力自由化がはじまり、もし電力会社をエネオス電気に移した場合、どれくらい電気料金が安くなるのでしょうか。

またどのようなメリットがあるのかも気にあるところです。
これは世帯ごとで契約のアンペア数や、1カ月に使用する電気使用量によって異なってくるので、断定はできません。

従量料金に関しては、基本的に電気消費量(電力使用量)が増えれば増えるほど、単価は安くなります。

 

エネオス電気の料金体系は、現状「基本料金+従量料金」から構成される“Aプラン”が主軸です。

Aプランの金額に以下の費用を組み合わせて追加します。

 

  • 燃料費調整額
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金
  • オプションメニュー(にねんとく2割)

 

エネオス電気のオプションメニューとは、長期契約して長く利用すればするほど割引額が大きくなる“にねんとく2割”のことです。
詳細については後ほど解説。

まずはあくまで一例ですが、エネオス電気に変えた場合、年間でどれくらい電気料金が安くなるのかについてご紹介しておきましょう。
現在使用されている消費電力によっても差はあるので、目安としてご覧ください。

単身・月間の平均消費量200w

e_006

合計年間割引額

1~2年 1,110円(月額92.5円)
3~4年 1,350円(月額112.5円)

1~3月までの平均電気料金が5,530円の場合

  • まずエネオス電気のAプラン単体で630円(月額52.5円)の削減。
  • さらに割引オプション“にねんとく2割”に加入すれば1年~2年までは480円。

※3~4年目は720円の割引が適用されます。
つまり長く利用すればするほど、割引額が大きくなっていくのです。

2~3人家族・月間の平均消費量300w

e_007

合計年間割引額

1~2年 4,940円(月額411.6円)
3~4年 5,300円(月額441.6円))

1~3月までの平均電気料金が8,210円の場合

  • Aプラン単体では年間4,220円(351.6円)の削減になります。
  • オプションの“にねんとく割”を利用した場合は1~2年まで720円の割引。

3~4年目は1080円の割引です。

これらの金額は目安です。
実際にエネオス電気に移行されるときには、現在の電力消費量や契約形態、月額費用などからどれくらい安くなるのかをしっかりとシュミレーションしてもらうようにしましょう。

e_008

簡易的にでも自分でシュミレーションしたい場合は、エネオス電気の公式サイトに料金シュミレーターが設置されているので、電気料金の請求書を参考に試算してみてはいかがでしょうか。

エネオス電気のお得サービスオプション!

2016年3月現在、エネオス電気が公開している割引サービスは、大きく分けて2つあります。

長期契約で年間の電気料金が割引かれる“にねんとく2割”

e_010

2016年3月31日までにエネオス電気契約を予約した人のみ適用される“今だけ早割!”キャンペーンにねんとく2割は、携帯料金プランなどにもある2年契約・毎月割と同じサービスです。
事前に2年契約を交わすことで、毎月の電気料金が一定額割引されます。

これらのようなメリットがある一方、2年以内に解約してしまうと違約金が発生してしまうデメリットもあるので、注意が必要です。

違約金を回避するためには、契約後23カ月~24カ月目の解約月に手続きを行わなくてはなりません。
25カ月目に入ると、再度2年サイクルがスタートします。

 

途中で電力会社を変更したくなったときのために、エネオス電気との契約書を大切に保管しておくようにしましょう。

電力自由化が浸透するのと同時に、途中でエネオス電気の料金プランにどのようなメリット・デメリットが発生するかも予測ができません。

 

なお、今だけ早割!は3月31日までにエネオス電気に予約契約を申し込んでおくと、初月の電気料金から2,000円が割引かれる早期契約割引サービスです。

エネオスカードでガソリンや灯油もお得に割引!

e_011

エネオスのクレジットカードでエネオス電気の利用料金を支払うと、ガソリン代や灯油代が1~3円/ℓ割引されるので、さらにお得に活用することができます。

利用方法はエネオス電気の支払いをエネオスカードに指定後、エネオスカード割引の登録を行い、直接エネオスカード決済で灯油やガソリンを購入するだけです。

エネオス電気契約に合わせてエネオスカードを作ってもいいですし、現状既にエネオスカードを持っている人も追加での割引登録ができます。

なお、エネオスカードには下記3つの種類があり、どのタイプかによって還元されるポイントや特典の比率がさまざまです。

 

ENEOSカードS

SS利用(サービスステーション)での特典:

ガソリン・軽油代を2円/ℓ引き/灯油代1円/ℓ引き

SS以外での利用:1000円ごとに6ポイント還元

 

ENEOSカードP

SS利用での特典:1000円利用ごとに30ポイント還元

SS以外での利用:1000円ごとに6ポイント還元

 

ENEOSカードC・NICOS

カード利用での特典:毎月の利用額に応じてガソリン・軽油代を最大7円/ℓ引き

card_table

普段から車での移動が多い人は、エネオス電気に移行するメリットが大きいといえるでしょう。

 

Tポイントカード・特別提携クレジットカード

エネオス電気では、上記のエネオスカード以外にもTポイントや、特別提携クレジットカードと呼ばれる特定のクレジットでもお得にポイントをもらうことができます。

 

エネオス電気料金をクレジットカードで支払うとある3つのメリット

・エネオス電気利用料金に比例したクレジットカードポイントが貯まる

・特別提携カードなら通常時よりも多くのポイント・マイルがもらえる

・自動引き落としだから、支払い忘れの心配がない

 

特別提携カード・クレジットカードの種類と得られる特典については、下記をご覧ください。

 

(1)ENEOSカード

※上述のENEOSカードの特典を参照

(2)ANAカード

ANAカードでエネオス電気料金を支払うと、本来のクレジット移行ポイントとは別に200円(税込)ごとに1マイルが付与されます。
クレジットカードのポイントをマイルに移行することも可能です。

※“マイル”とは航空会社が実地している“マイレージ”というポイントプログラムで、マイルはそのポイントです。主に航空券のグレードアップや、特定の景品交換などに用いられます。

 

毎月1万円の支払いなら

1カ月で50マイル

1年間で600マイル

2年間で1200マイル

10年間で6000マイル

貯まります。

普段から飛行機を頻繁に利用する人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

 

(3)ビューカード

エネオス電気料金をビューカードで支払うと1000円ごとに本来2ポイントのところ、2倍の4ポイントが付与されます。(ポイント2倍)

なお、ビューカードの種類は下記の通りです。

◆定期券機能付き

「ビュー・スイカ」カード

ビュー・ゴールドプラスカード

ルミネカード

・アトレビューSuicaカード

◆提携先でポイントが付与される

JALカードSuica

ビックカメラSuicaカード

◆旅行で使える

大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ジパングカード

◆駅ビル・地域密着

ジェクサービュー・スイカカード

フェザンカード

ペリエカード

weビュー・スイカカード

エスパルカード

(4)ティーエスキュービックカード(TS CUBIC CARD)

通常の1000円ごとにされる10ポイントが15ポイントに!(ポイント1.5倍)

 

◆ティーエスキュービックカードの主な種類

・TOYOTA TS CUBIC CARD ゴールド

・TOYOTA TS CUBIC CARD セレクト

・TOYOTA TS CUBIC CARD レギュラー

(5)レクサスカード

通常1000円で10ポイントが15ポイント付与!(ポイント1.5倍)

(6)エポスカード

通常200円ごと1ポイントが2ポイント付与!

◆エポスカードの種類

・エポスカード VISA

・エポスカード ゴールド

・エポスカード プラチナ

 

その他、エポスカードでは、70種類以上の中からデザインを選べるエポスデザインカードなどがあります。

(7)エムアイカード

通常200円ごとに1ポイントのところ、2ポイント付与!

各種それぞれのカードでエネオス電気の料金を支払えば、お得にポイントを貯めることができます。

ただし、ENEOSカード以外での支払いではTポイントは付与されないので注意しましょう。

 

エネオス電気への申し込み手順は?

電力会社を変更すると聞くと、電線工事など手続きが面倒なのではないか?と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

基本的には現在の環境のまま、WEBからの申し込みだけで電力会社の移行は完了します。

ただし、電気メーターが従来の機械式メーターの場合は、スマートメーターへの交換工事が必要です。
スマートメーター自体や交換費用は原則として無償で、自宅内部の大きな電線工事なども行いません。

現在契約中の電力会社からエネオス電気への移行手順は以下の通りです。1.エネオス電気公式サイトにてWEB申込み
(あるいは申請書をダウンロードして郵送)2.エネオス電気が申請内容の確認・審査を行い、切り替え手続きを行う
(メーター交換の場合はこの段階で行う)3.利用開始

.
現在の電力会社の解約手続きなどはエネオス電気が全て代行してくれるので、申請者は特に何もしなくて大丈夫です。
エネオス電気への申請から利用開始までの期間は、申請者の人数や混雑状況によって最長1カ月前後かかる場合があります。

スマートメーターって?

e_012

従来のメーターは、月に1回係の人が検針しに来て、メーターの数値を目で確認するものでした。
スマートメーターは、自動的に電気の使用量を計量し、電力会社へ送る機能がついたものです。

つまり、自動検針ができるのです。
これが従来のメーターとの大きな違いです。

そのほか電力会社が遠隔操作もできるので、引越しのときは連絡を入れるだけで立ち会う必要もなくなります。
同様にアンペア数の変更も、設定ひとつで変更できるのでこちらも立ち会う必要がなくなります。
そのほか滅多にありませんが、停電からの復旧も早く行えるようになります。

私たち使用者は、電力の使用量を細かく見られるようになります。
なんと30分ごとの使用量が見られるようになるのです。

何時頃、一番電気を使っているかなどが分かるようになるため、多様化されていく電気料金のプランを選びやすくなりますね。

現在エネオス電気が申し込み可能な地域

e_005エネオス電気が現状供給可能としているエリアは、以下の地域です。

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 静岡県の一部

電力自由化が普及していくのと同時に、エネオス電気の供給エリアも拡大していくと思われます。
なお、離島や建物全体で一括の電気契約をしている場合は、供給エリア内でも対象外となるので注意してください。

 

\ 車を使う方はオススメです♪ /

banner