スクリーンショット 2016-07-12 05.35.18

banner

電力自由化をきっかけに、多くの家庭が電力会社の見直しを検討していると思います。

しかし、一般家庭に対する電力小売自由化の影響で電力事業に参入した企業は200社以上に及び、ユーザーにとってはどこの電力会社がいいのか混乱してしまう状況です。

 

そんな中で多くの人は、電力会社を一括で比較できるサービスやサイトを利用しようと考えるでしょう。

電力会社一括比較サービスでもっとも有力なのは「エネチェンジ」というサイトになります。

エネチェンジとは、代表的な電力会社の各種プランや電気料金、メリット・デメリットなどをはじめとして、あらゆるエネルギー情報を網羅している電力会社・電気料金の一括比較サイトです。

 

エネチェンジ内にあるアプリ(アプリケーションサービス)を利用すると、気になっている電力会社に乗りかえた場合の電気料金シュミレーションはもちろん、いままで知らなかった電力会社の料金プランや特徴なども一括で調べることができます。

 

はじめて電力会社を調べる人にとっては、そもそも”エネチェンジ”がどんな会社なのか、信用できるサイトなのか気になるところではないでしょうか。

 

そこでここでは、エネチェンジの会社概要から事業内容、評判や口コミからエネチェンジサイト内にある電気料金一括比較のアプリの使い方まで、徹底的に解説します。

■エネチェンジとはどんな会社?

エネチェンジは「エネチェンジ株式会社」が運営する、電力会社や電気料金の比較サービスサイトです。現在ある電力会社比較サービスの中では、最大手の部類に入ります。

 

エネチェンジの会社概要と事業内容は以下のとおり

会社名

エネチェンジ株式会社

本社所在地

〒130-0012

東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー12階

設立年

2015年4月

役員

取締役会長 岩崎 辰之

代表取締役社長 有田 一平

取締役CTO 白木 敦夫

主な事業内容

エネチェンジ運営

SIMチェンジ運営

電力データの統計・データマイニング

 

2016年7月現在は、電力自由化に伴う電気料金や電力会社の比較が中心ですが、今後はガスなど生活に関わるさまざまなエネルギーに関する情報を扱っていくようになるでしょう。

 

その先駆けとしてエネチェンジ以外に、格安SIMカードの一括比較サイトである「SIMチェンジ」の運営も行っているのです。

 

またエネチェンジが取り扱っている電力会社や電気料金プランの比較や相談は、個人の一般家庭に限らず、法人向けの電力情報も多く掲載しています。

■エネチェンジと他の比較サイトとの違いは?

同じような電力比較サイトは数多く存在する中で、エネチェンジには以下のような特徴があります。

公正かつ中立のスタンスでオススメの電力会社を斡旋

エネチェンジでは特定の電力会社を贔屓することもなく、公正に比較しメリットやデメリットを明確にした中で、各家庭に合った最適な電力会社と料金プランを表示してくれます。

簡単に電力会社の比較・切り替えができる

エネチェンジでは簡単に電力会社を比較できるだけでなく、気に入った電力会社があればそのまま切り替えの手続きをすることができます。

正確な情報と分析のもと、最適なプラン・電力会社をオススメする

季節や地域、家庭による電気利用状況など、ライフスタイルをしっかりと配慮した中で最適な電力会社とプランをオススメしてくれる。

電力自由化のプロが提供するサービスだから安心

エネチェンジは、先に電力自由化を行っているイギリスから専門知識を身に着けた専門家が提供しているサービスなので、非常に安心です。

■エネチェンジの評判や口コミは?

一般家庭の電力自由化自体が解禁されてからまだ日が浅く、エネチェンジの設立も2015年4月と最近なため、電力会社を乗り換えた結果としての口コミや評判はあまり多くありません。

エネシフトが調査したところ、エネチェンジを利用した人の口コミや評判、感想として以下のような意見がありました。

基本的にそのままの言葉を抜粋しているため、エネチェンジを推す意見もありますが、エネシフト編集部による贔屓などはありません。

エネチェンジの口コミ・評判一覧

エネチェンジを利用した電力会社の比較は誰でも簡単にできます。

無料会員登録をすれば、最新の電力会社や電気料金プランなどをいち早くメルマガで知ることが可能です。

 

会員登録をしなくても、エネチェンジのアプリによる電力会社一括比較を行うことはできるので、したことがない人は1度シュミレーションしてみてはいかがでしょうか。

 

電力会社の乗り換え自体は、それぞれの環境や電力使用状況によってメリットが出るか、デメリットが大きくなるか異なってきます。

 

そのため電力会社を乗り換える前に、電力会社一括サイトで電気代削減や加盟店のポイント増加などのメリットがあるかを詳細にチェックしておきましょう。

 

現在ある電気料金・電力会社比較サービスで代表的なのは以下の3サイトです。

・エネチェンジ

・タイナビSwitch

・価格.com

どのサイトでも電力会社や電気料金の一括比較を行うことができますが、入力する情報が異なるほか、概算の電気料金を算出式も各社独自のものとなるため、同条件で試算をおこなっても結果には大きな違いが生まれます。

 

あくまで概算の比較なので、実際に申し込む際には各電力会社に乗りかえたときの削減額やメリットなどについて、詳しく相談するようにしましょう。

 

なお、電力会社一括比較サービスの具体的なシュミレーション方法については”電力会社、料金比較サービス完全ガイド!シュミレーション方法とランキング“を参考にしてみてください。

■エネチェンジ電力会社一括比較アプリの使い方

ここからエネチェンジ内にある電力会社比較アプリの使い方について解説します。

エネチェンジの電力会社比較アプリは非常にシンプルに作られており、表示されている電気使用情報を入力するだけで、オススメの電力会社を一覧で表示してくれるのです。

 

必要となる情報は以下のとおり。

・自宅の郵便番号

・家族人数(同一世帯)

・ガスの利用状況(オール電化・都市ガスと電気・LPガスと電気)

・生活の時間帯(電気を使う時間帯や夜の電気使用状況など)

・現在の電力会社

・現在のプラン名(従量電灯や契約アンペア(A)など)

・現在の電気代あるいは電力使用量

上記の情報は、基本的に毎月の検針票や電気代請求書類などに記載されています。

 

分からない場合は電力会社に問い合わせて、検針票や契約状況について聞いてみるといいでしょう。

ステップ1:郵便番号の入力

ステップ2:同一世帯人数とガス利用状況を入力

ステップ3:生活の時間帯を入力

ステップ4:現在の電力会社と契約プランを入力

ステップ5:今の電気代か電力使用量を入力(基本先月分)

全て入力が終わったら「シュミレーション結果へすすむ」を選択します。

すると現在の年間電気代や年間電気使用量などの情報がグラフとして表示され、オススメの電力会社と料金プラン、削減できる電気代の金額などを一覧で見ることができるのです。

さらに表示された電力会社の料金の隣にある「内訳を見る」を選択すれば、実際に請求されるであろう年間電気代と実質の節約額も表示できます。

「内訳を見る」を選択

年間の削減額と請求される概算電気代が表示される

そして、各電力会社の右下にある「プランの詳細・切り替え」を選択すれば、その電力会社の選択したプラン詳細を調べられるのです。

プランの詳細・切り替えを選択

該当プランの詳細が表示される

各種プランの特徴やメリット・デメリット・違約金の有無など気になるポイントの情報は全て網羅しているので、非常に使いやすい設計になっています。

 

同じ電力会社でもプランによっては、メリットとなる部分が変わってくるので、電力会社を切り替えるにあたって、何を重要視するのか明確にした上で検討するようにしましょう。

■エネチェンジを運営しているのはどんな人?

エネチェンジの運営は、エネチェンジ社員スタッフのWEBディレクターやマーケターと外部ライターによって成立しています。

 

エネチェンジの社員数は15~20名ほどで、外部ライターについては学生から社会人まで広く募集しているため、具体的な数は不明確です。

エネチェンジのスタッフ一覧

取締役会長 岩崎 辰之

代表取締役 有田 一平

副社長 巻口 守男

取締役CTO 白木 敦夫

エネチェンジ編集長 草間 将太

エネチェンジ副編集長 荒木 翔子

リードマネージャー 田中 真之

営業マネージャー 内藤 義久

WEBディレクター 曽我野 達也

チーフエンジニア 川西智也

エンジニア 佐久間 尚宏

エンジニア James Anderson

WEBマネージャー 中村 有希

デザイナー 星 亮輔

デザイナー 小林 勝己

CSマネージャー 長谷川 覚

経営戦略室長 伊予部 誠

広報 荻原 朋実

ソリューション営業リーダー 市原 弘規

データサイエンティスト Giuseppe Vettigli

ビジネスアナリスト Paul Monroe

上記はエネチェンジ公式サイトに掲載されているスタッフと役職名になります。

 

なおライターや記者などのコンテンツ作成のスタッフは、基本契約スタッフか外部の人材で運営しているようです。

エネチェンジのライター求人の雇用形態は以下のように記載されています。

学生バイト・インターン

社会人バイト・委託・契約

 

エネチェンジに掲載されているコンテンツのライターには、大学生なども数多く掲載されています。

外部ライターや記者が取材・執筆した内容を内部スタッフのディレクターがチェックして、エネチェンジのコンテンツとして掲載しているのでしょう。

 

エネチェンジのインタビュー記事がこちらのコンテンツで公開されています。

banner

エネシフト編集部エネシフト編集部

エネチェンジは電力会社比較サイトの中では最大手のサービスです。電力会社の切り替えは電気代が高ければ高いほど、削減できる金額も大きくなります。

毎月の電気代が削減できれば、その分のお金を他のことに使うことができるのです。日本中の家庭がそうなれば、社会経済的にも潤い、各家庭も電気代が節約できるのでいいことだらけになります。

切り替えることを手間に感じるかもしれませんが、いずれやるのであれば今のうちから検討しておくのもよいのではないでしょうか。