電力会社を選ぶなら老舗?新店舗?

2234
電力自由化で、各家庭での電力屋さんを自由に選べるようになります。遠い将来の話ではありません。2016年4月です。

近所にはスーパーマーケットが1軒しかなかったことが一気に増えます。今まであったスーパーマーケットで買い物をするのか、新しくできたお店に変えるのか、これは大きな問題です。

なぜなら、基本的にひとつのお店でしか買い物ができません。

老舗の電力屋さんとは?

従来からある地域の電力会社のことです。チェーン店みたいな感じでしょうか。一般的には、このような10店舗があります。

・北海道電力
・九州電力
・四国電力
・中国電力
・関西電力
・中部電力
・北陸電力
・東京電力
・東北電力
・沖縄電力

南の方から並べてみました。

おそらく、ほんの一部を除いて、一般の家庭なら、どこかのお店で電力を買っているはずです。この会社を正確には一般電気事業者と呼びます。

新規の電力屋さんとは?

新電力やPPSと言われ、この数年で一気に増加しました。新規のお店らしく格安です。格安を売りにしないと老舗には勝てません。

accept商品の質は同じです。電気には変わりがありません。新しいお店といっても、豊富な資本力で参入してきた電力屋さんもあります。

本当に小さな規模の店舗もあるので、なかなか、ひとくくりに新規の電力屋と言い切れません。難しいところです。

老舗のメリット

老舗は自社で電気という商品をつくっています

商品である電気をつくる施設を、老舗は持っています。発電所です。施設には初期投資という名の経費がかかりますが、それでも自分でつくっているという点はあまりにもメリットとして大きすぎます。

最終的に同じ電気という商品であっても、自社で安定した商品をつくれるのは老舗にしかできない強い看板です。

老舗には売り手に安心感を与えてくれます

老舗にはネームバリューという名の安心があるので、買い物するときも安心できる点でメリットです。

ネームバリューとは、世間での知名度。昔からテレビなどでCMが流れているので、知らない人がいないぐらいです。少し高価でも安心を優先する方にはオススメの商品になります。

老舗はすべて株式会社なので信頼感があります

上に10個の店舗を挙げました。すべて、株式会社です。会社間の取り引きでも株式会社かどうかは信用度のひとつになります。

例えば、北海道電力。正式な名前は、北海道電力株式会社です。

現状のままであれば、電柱や送電線などの設備まで頭にいれると、お店が急に潰れることはないと思っていいでしょう。

新規のメリット

新規のお店は格安で電気という商品を売ります

電力自由化のメインになります。老舗と競争するには価格を下げないと勝てません。オープン記念でセールをするとも言われています。

いろいろな販売方法を考えてくるはずです。新規同士の競争もあります。買い手側には嬉しい流れです。どれぐらい安くなるのか、期待してしまいます。

何といっても現代社会に電力で必要なものです。

新規のお店は自由な経営で買い手がお得になる可能性があります

老舗は自分で商品をつくれますが、新規のPPSと呼ばれるお店の大半は発電所を持っていません。大規模な工場などで余っている電力を買って、別の消費者に売ります。

商品をつくれないことはデメリットのように思えますが、実は自由に商品を扱える面もあるということです。お店の努力によって、価格やサービスを自由に取り引きできます。

新規のお店には企業努力によってムダが減っていくでしょう

格安の競争になった場合、経費などをおさえる方向になるでしょう。お店としてムダを省いていきます。

ムダがなくなるとお店としての意思決定が早くなる可能性が高いです。素早い対応が期待できます。

商品の値上げはお店には不利です。サービスへの怠慢は、お店の評判を下げてしまいます。老舗よりも良いサービスが期待できるしょう。

買い物は老舗?それとも新規?

2235
これはとても難しい質問です。「どこで買い物してもいいです!」と言いたいところですが、これだけはどちらがお得なのかは言い切れません。

point老舗には老舗の良さが、新規には新規の良さがあります。メリットがあればデメリットもある、ということです。

また、電力自由化が始まってから、いつごろまでに落ち着くのかは専門家でも意見も分かれています。未来は、誰も見られません。電力という商品選びは非常に難しいです。

言えるのは、老舗も新規も同じ街にあり、買う側にとっては選択肢が増えたという現実でしょう。

老舗も黙っていません。新規と似たような電力自由化に合わせたサービスを出してくるようです。この数年で急増した新規も老舗ばかりでなく、同じ街にあるお店すべてがライバルになります。これは確実な現実として目の前に出てくるはずです。

もしかすると、銀行のように吸収合併していくかもしれません。例を出すと、三菱東京UFJ銀行。その前は東京三菱銀行とUFJ銀行でした。UFJ銀行は4年弱しか続いていません。それ以前は三和銀行と東海銀行が合併したものです。

他の銀行や、他の業種でも似たようなことが多くあります。

エネシフト編集部エネシフト編集部

老舗と新規。どちらを選ぶのかは住んでいる地域によっても考えが変わってくるでしょう。

今から情報を集めて、備えておくのが最も良い方法です。しばらく様子を見るのも選択肢のひとつです。

賢い買い物をするためには、それぞれのお店が出すはずのチラシを集めて、どこが自分にとってお得なのか見定めてください。買い物上手になることを目指しましょう。