electricity-liberalizatio-01
以前から話題になっていた電力自由化が2016年4月から本格的にスタートすることになりました。

これまでは、一般家庭が契約することのできる電力会社は地域によって決まっていましたので、あまり電気を「購入している」という意識を持つことはなかったでしょう。

しかし、2016年4月以降は、各家庭で契約する電力会社を自由に選ぶことができるようになりましたので、電気をお金を支払って「購入している」という意識を持ち、各社の料金やサービスにも注目しなければなりません。

では、この電力自由化によって、どのような変化があるのか、そしてどのように電力会社を選べば良いのかを考えてみましょう。

電力自由化による最大のメリットは?

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s
まずはメリットからチェックしてみましょう。

電力自由化に伴う最大のメリットはやはり電気料金は安くなる、という点でしょう。

これまで、各電力会社は国によって保護され、ほぼ独占状態となっていたことから、他社との価格競争をする必要はありませんでした。また、他に選択肢がなかったことから、消費者の声が届くこともない…そんな特殊な環境の中で電気を販売してきました。

しかし、今回の電力自由化によって、独占状態が崩れてしまうことになりますので、価格面でも、他社と競争しなければならなくなります。

acceptそうなれば、市場原理によって料金が値下げされることが期待できるのです。

サービスの品質が向上することも期待できる!

前述の通り、これまではほぼ独占状態となっていたことから、電力会社はサービス面でも他社と競争する必要はありませんでした。そのため、ほとんどの企業では、顧客満足度などについてあまり考えることすらなかったのです。そのため、電力会社のサービスは十分に満足できるものであった、とは言えないでしょう。

64c6103a1092189520590f3148659262_s
今回、電力自由化されることによって、すでに多くの企業の新規参入が決定しています。そこで、今後は新しく参入してきた他社と、顧客獲得のために競争をしなければならなくなります。
そうなれば、価格面のみでなく、サポートなどのさまざまな面でのサービスの向上を期待できるでしょう。

どんな企業が新規参入するの?そして、どう選べばいい?

競争が生まれることによって、従来の電力会社でも料金の値下げやサービスの向上を期待できます。しかし、せっかく自由に契約する企業を選ぶことができるのですから、

新規参入企業もチェックしてみましょう。

85d32f25b5cc3ca8187d676ad70a0ac8_s
新規参入企業にもさまざまなところがあります。もともと法人向けに電力販売を行っていた企業もあれば、新たに電力販売部門を設立する企業も少なくありません。

中でも特に多いのがENEOSなどをはじめとする、エネルギー系企業です。すでに、発電設備を所有していることが多いことから、安定して電力供給を期待できます。

また、ソフトバンクやauをはじめとした大手通信企業も参入を発表しています。こういった通信企業の場合は、インターネットのプロバイダーや、スマホ・携帯電話とセットで契約することによって、割引を受けることができる、といったお得なサービスを武器として展開をスタートしています。

 
このように、それぞれの新規参入企業が魅力・メリットを持っていますので、あなたの家庭にとってベストはどこなのかをしっかりと見極めた上で、契約する企業を選ぶようにしましょう。

電力自由化によるデメリットは?

電気料金が安くなり、サービスも向上する…電力自由化には非常に大きなメリットがあります。
しかし、その一方でデメリットもないわけではありません。

まず、最初に挙げられるのが停電などのトラブルです。今や、私達の生活に電気は欠かすことができないものです。
自然災害などによって、電気の供給がストップしてしまった場合、従来のような素早い対応はできるのでしょうか?
a71d445b9e654c818a8e6f9b584226f7_s
これまでは、一般家庭への電気の供給は地域によって1社に限られていましたので、停電をはじめとするトラブルに対してもスムーズに対応することができていました。

しかし、複数の企業がそれぞれの家庭に電力を供給するとなれば、これまでのように1社だけでなく、複数の企業が連携しなければなりません。

attentionこの点に関するシステム作りも進められてはいるものの、しっかりと確立されているわけではありませんので、やや不安が残ります。

海外では電気自由化による過当競争が原因のトラブルも

日本より一足先に電力自由化が行われたアメリカでは、これが原因のトラブルも発生しています。

電力自由化で多くの企業が参入することになれば、それだけ競争も厳しいものになります。これがあまりにも過激なものになってしまうと、過当競争となり、業界全体が大きなダメージを受けてしまうことも考えられます。

attention実際に2003年には電力自由化の影響で、価格面サービス面などの過当競争が生まれ、各電力会社の予備電力がなくなったことが原因でニューヨークで大規模な停電が発生しています。
ny-braces-sandy-1029

 
日本でも同じことが起こらない、とは限らないのです。

もちろん、こういった事態を防ぐために、国では段階的な規制緩和が進められてきました。しかし、新規参入企業が多くなれば、競争が激化するのを避けることは難しいでしょう。

電力自由化にはとても大きなメリットがある一方で、このようなデメリットから目を背けることはできません。
利用者の視点からもしっかりと考えてみましょう。

エネシフト編集部エネシフト編集部

電力自由化によるメリット・デメリットについてまとめてみました。

これらを頭に入れた上で、従来の電力会社、そして新規参入企業の中から、どこを選ぶべきなのかを決めてください。