221
今まで特定の企業が独占していた電気という商品を、2016年の4月から電力会社を選べるようになりました。これまでは、特定の電力会社からした購入できなかった電力ですが、どの地域であっても自由に電力会社を選んで購入できるのです。そのためより価格の低い電力会社を選んだり、サービスの良い会社を選択することも可能です。

688a6d7142cd5c121b86f1713d1050ff_s社会的にも大きく注目されている電力自由化ですが、最も関心を集めているのは「価格」についてではないでしょうか。
知名度の高い電力会社も当然電力競争の中に入ってきますが、全く新しい会社が参入してきています。

またガス会社等の会社も電力分野に力を入れ始め、電力というのは思いのほか多くの会社から購入できるうようになると予想されます。

ただ、安い背景にはそれなりの理由があるでしょう。電気料金というのは、単純に電気に関するお金だけでなく、販売管理費用というものが出てきます。これを会社ごとに最小限に抑えるような努力をし、競うことによって、その分電気料金安くすることが可能になります。

 
また使う電気量によって料金分けをしていることも多いのです。多く使えば安くなるということではなく、少ない量のほうが安くなるケースもあり、これは会社ごとに大きく違ってきます。

現在ある電力会社では北陸電力や、沖縄電力が安いとされています。ただ、新しい会社が次々と参入してくるので、プランや地域によっては新しい会社のほうが電力が安くなる可能性があります。

安いというだけで、新しい電力会社を選んで良いのか・・・

今まである会社よりも新しい会社のほうが電力や安くなりがちですが、その反面デメリットもあります。

attentionそのうちの1つが供給量です。新しい会社だけに供給量はそれほど多くなく、1日に大量に電気を利用する人は、利用できない電力会社もあります。
(申し込みを断られてしまう可能性があると言われています)。

 

attentionまた、今までと同じ様に自由に電気を利用することが難しくなる可能性を理解する必要があります。(供給量が少ないことは、停電しやすいというわけではありません。電力を自由に使うという意味で不便な面が出てくる可能性が少しあるということです。実際に電気の供給量が不安定になる心配は不要とされています。これは新しい会社の供給量が不安定になったとしても、地域の電気会社が保障をしてくれる仕組みがだからです。ただ、これは現状このようになっているだけで、将来的にずっとこの形が続いていくのかどうかはわかりません。そういう意味で供給量に不安が残るのも事実です。逆に新しい会社が安定した供給量を提供できるようになる可能性も当然あります。)

今まである電力会社は、長年のノウハウがあるので、今までどおり電力を利用できる可能性は高いでしょう。

電力が安くなる理由のひとつは、独自のサービス展開

電力が安くなる理由として、販売管理費用を抑えることも影響していますが、ほかの影響もあります。それは会社独自のサービスです。ポイントサービスを提供したり、セット契約することにより、料金を安くするというものです。

これらは企業の特色を強く色出していくことになるので、それぞれの会社の特徴を見抜くのが大切です。
2211

また、電力自由化により「どのような経緯で出来た電力なのか」という点についても注目をするようになるでしょう。これは東日本大震災で問題になった原発が挙げられます。
原発は利用してほしくないという人をターゲットにし、「利用しない方法で電力提供」を軸にサービス展開をしていく企業も、今後活発な活動を見せていく可能性は高いでしょう。

 
独自のサービスによって料金が大幅に変わっていく可能性があり、新しい会社はよりこの傾向が強くなります。現在130社ほどの、電気事業者があること、一つ一つの会社が違う特徴を持っています。それを考えれば、どこの電気会社が安いのかというのは、その時々で変わるでしょう。

電力自由化は、これまでと同じ意識でいることはできない

これまで電力というのは特定の会社からしか購入することができず、選択肢はありませんでした。しかしこれからは、自由に選択をすることができます。

これは大きなメリットですが、その反面自分で調べ、関心を持つ必要が出てきています。

icon04調べるのが面倒と感じる人は、今までと同じ電力会社を利用し続けても問題ありません。できれば安い会社を選びたいという人は、しっかりと時間をかけて調べた方がいいでしょう。

 

今は安くても、今後は高くなる?

2212
電力自由化における大きな問題としては、価格競争が起こってくる中で、徐々に電力料金が値上がりしてしまうことです。

多くの企業が競争に参入してくるので、安くなる可能性はあります。しかし、高くなっても大丈夫というような風潮が出てきてしまうと、業界全てが値上げの方向に動くこともあります。

日本の電力自由化において、このようなことが起こらないよう対策は採られているようですが、今後はどのような流れになるのか誰にもわかりません。

電力価格への関心を高く持っておかないと、消費する側が大きな損をしてしまう可能性もあるのが電力自由化です。メリットも大きいですが、無関心でいるとそれに伴いデメリットも大きくなるということを知っておく必要があるでしょう。

 
2213
※新規参入をしてくる会社は、少人数での事業を基本として行なっていることが多く、人件費の関係でも安くなると言われています。当然上記で紹介したようにそれ以外の要素もありますが、少人数で経費を削減していることも大きく影響していると言えるでしょう。事業が経費削減をし、電力火を軽減させるのはとても魅力的です。しかし、やりすぎると逆に電力の不安定化につながる恐れもあります。上記で紹介した、「今は安くても、今後は高くなる可能性」の中には、ある程度経費をかける企業が出てきてもおかしくないという意味も含まれています。(効率の良い運営方法によって、料金が安くなる可能性もあるので、リスクばかりとも言えません)

エネシフト編集部エネシフト編集部

良くも悪くも、これまでの電力事情とは大きく変わってきます。
今までと同様の気持ち、意識でいると、思わぬところで電力の不備が出てきてしまう可能性は否定できません。
安くなったと手放しで喜んでしまうのではなく、その裏にある情報・安くなる理由・背景について関心を持っておくことをオススメします。