電力自由化で電気代が倍増って!?

225
目前に迫った電力自由化ですが、具体的にはあなたの生活にどのような影響を与えることになるのでしょうか?
テレビなどの報道や、新規参入企業の宣伝文句を見てみると、これまでよりも電気代が安くなると言われています。

確かに、現在よりもお得な電気料金単価や割引サービスを展開している新規参入企業も少なくありません。そのため、電力自由化によって「必ず電気代は安くなる」と考えている方も多いでしょう。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

実は電力自由化によって、電気代が高くなってしまうどころか、倍増してしまう可能性だってあるのです。
ここでは、現在よりも電気代が高くなってしまうケースについてお話したいと思います。

電力会社・プラン選びを間違えると電気代が高くなる!?

2251
2016年4月の電力自由化にともなって、電力会社やプランの選択肢が一気に増えることになります。もちろん、これは自由化の大きなメリットでもありますが、選び方を間違えてしまうと、デメリットとなってしまうこともあります。

例えば、電気料金の単価が現在より安い電力会社と契約したとします。しかし、時間帯割引などが適用されるプランをこれまで利用していた場合、その割引がなくなってしまうことによって、毎月の最終的な電気代は高くなってしまうかもしれません。また、時間帯割引や、電力の使用量による割引が適用されるプランを利用する場合、生活スタイルや、電力の使用量がそのプランにマッチしていなければ、やはり逆に電気代が高くなってしまう恐れもあるでしょう。

このように、選択肢が多くなれば、それだけ選び方が難しくなってしまいます。

新規参入の電力会社に乗り換えれば絶対に電気代は安くなる!

そんな安易な考えで、電力会社やプランを選んでしまうと、逆に電気代が高くなり、後悔してしまうことになるかもしれません。

電気代は下がっても、最終的な出費が増える?

4dde8a4631b11c279a9138a8a1909453_s電力会社やプランの選び方によっては、電気代を下げることはできても、最終的な毎月の出費が増えてしまう、というケースも考えられます。

今回の電力自由化によって、エネルギー系の企業だけではなく、さまざまな業種の企業が新電力として参入します。

通信大手のソフトバンクやKDDIがその代表です。このような、異業種から参入してきた新電力の多くが売りにしているサービスが、同社の提供するサービスとセットで電気の契約をすることによって、割引など、さまざまなサービスを受けることが可能となるというものです。

その割引率やキャッシュバック率もかなり高いことから、確かに電気代を下げることはできるでしょう。
しかし、単に電気代を下げるために、不要なサービスを契約してしまうと、電気代を下げることはできても、最終的な毎月の出費は逆に高くなってしまうかもしれません。

そのため、他サービスとセットの割引プランを利用する場合は、単に電気代の割引率のみを考えるのではなく、総合的にどのくらいの出費になるのかを計算する必要があるでしょう。

もちろん、セットになっているのが必要なサービスであれば、お得であることは間違いありませんので、現在使用しているものや、これから必要となるものをしっかりとチェックした上で検討してみましょう。

 

市場の競争によって逆に電気料金が高くなる?

2252
電力自由化で、多くの企業が新電力として参入することによって、これまでは存在しなかった市場が生まれ、これによって電気料金が下がる、と言われています。
しかし、本当にそうなのでしょうか?

確かに、競争の中で顧客を獲得するためには、料金をできるだけ引き下げたり、サービスを向上させる必要があるでしょう。これによって、電気料金が安くなる可能性は十分にあるでしょう。
実際に、現在プランなどを発表している新規参入企業は、これまでよりも安い電気料金単価や、高い割引率を売りにしています。

attentionしかし、この状況がずっと続くとはかぎりません。競争が激化したことが原因で、市場そのものが疲弊してしまう可能性も考えられます。
さらに、発電のためのコストは燃料費などの変動によって一定ではありません。市場が疲弊しているタイミングで、大幅に発電コストが上がってしまったらどうなるでしょう?

当然、どの電力会社も電気料金を上げる必要が生まれるでしょう。各電力会社、ある程度余裕を持って料金を設定できるのであれば、発電コストの変動が、電気料金に大きく反映することはありません。しかし、競争が激しいものになれば、どの電力会社も余裕を持った料金設定が難しくなってしまうのです。

その結果として、最終的には電気料金が現在より高くなったり、場合によっては倍増してしまうことも十分に考えられます。

実際に、日本より先に電力自由化を実施した国の多くでは、実施前と比較すると電気料金が高くなっています。国や地域によっては、倍増してしまったところも少なくありません。

エネシフト編集部エネシフト編集部

一見すると、良いことばかりのように感じられる電力自由化ですが、場合によっては電気料金が倍増し、私たちの家計を圧迫することになるかもしれません。
もちろん、できるだけお得な電力会社やプランを選ぶことは重要なことですが、できるだけ将来を見越した上で、私たち消費者側も、電気の使い方などについて考える必要があります。

この電力自由化という機会を活かして、あなたの電気に対する考え方を見直してみてはいかがでしょう?