21814
中部・東海エリアの一般家庭の電力のほとんどをこれまで担い続けてきたのが中部電力です。しかし、2016年4月の電力自由化以降は、一般家庭でも自由に電力会社を選ぶことが可能となります。
もちろん、中部電力がこれまで独占的に電力を供給してきたエリアでも、多くの新規参入企業の中から自由に選べるようになります。

日本の電力自由化は段階的に実施されてきましたので、このエリアでもすでに6社ほどが法人向けの電力供給をスタートしており、さらに、2016年4月以降の一般家庭向け電力の料金やプランなども発表しています。
20社以上が中部電力エリアでの家庭向け電力小売りへ参入を予定していますので、選択肢はさらに広くなります。

この激化する電力市場の中で、中部電力を選択することにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょう?

中部電力の新たな料金メニューには3つのポイントが!

21815
これまでは、ほぼ独占的に一般家庭向けの電力を供給してきた中部電力ですが、自由化によって今後は、市場での競争をしなければなりません。
そこで、すでに中部電力では顧客の獲得のため、従来の料金プランにプラスしてよりお得な料金メニューを追加しています。

この中部電力の新たな料金メニューには3つのポイントがあります。

まずは、この点をチェックしましょう。

2年間契約でさらに料金がお得に!

中部電力と2年間の契約をすることによって、電気料金がお得になる「ポイントプラン」「おとくプラン」「とくとくプラン」「ビジとくプラン」などが展開されています。

2年間は解約できませんが、その代わりに高い割引率が適用されるようになっています。携帯電話などの契約でも定番のスタイルですので、なじみがある、という方も多いでしょう。

さまざまなサービスと連携し、電気料金がお得に!

生活やビジネスなどに役立つサービスと連携することによって、電気料金の割引を受けることが可能となる「暮らしサポートセット」「会計お手伝いセット」「集客お手伝いセット」といったメニューも展開されます。新規参入企業の中にも、他サービスとの提携をすでに発表しているところが多いことから、どちらがお得なのかをしっかりと比較してみましょう。

時間帯割引によってお得に電気を使う!

すでに中部電力では夜間の時間帯割引プランは採用されていますが、さらに朝型などを加えた3つのパターンが追加されます。ライフスタイルに合わせた時間帯割引を受けることができれば、電気料金をさらに抑えることができるでしょう。

これらが中部電力の電力自由化にともなうサービス展開の基本となります。

attention一見、多くのメリットがあるように見えますが、デメリットはないのでしょうか?

 

今後も中部電力を利用し続けることのデメリットは?

21816
まず、最初に挙げられるのが電気料金の単価についてです。これは現在、一般家庭に電力供給を行っている全国の10の電力会社に共通している点になりますが、やはり電気料金単価が新規参入企業と比較すると割高になってしまう、という点でしょう。

送電網などは、現在の電力会社のものを使用することになっていますので、新規参入企業は小規模な投資で電力の小売りに参入できます。その分、電気料金の単価を引き下げることができるのです。
そう考えると、中部電力は単価面で不利になってしまうことは明らかです。

この単価面で不利になってしまうという点をカバーするために、前述の通り、お得な新メニューを用意していますが、この点に関してもデメリットがないわけではありません。

まず、2年契約によって割引が適用されるプランについてですが、その間に大きく電気料金の相場が変動してしまったとしても、他社に乗り換えることはできません。実際に電力自由化を行った欧米諸国では、急激に電気料金が変動し、家計に大きな打撃を与えたというケースも少なくありません。そのため、状況に応じて電力会社を乗り換えることができない、という点はデメリットとなるでしょう。

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_sそして、他業種のサービスなどと連携するというプランも魅力的ではありますが、新規参入企業の多くが、すでに同様のプランを発表しています。特に、通信大手ではインターネットプロバイダーや携帯電話料金とセットで、大幅な割引が適用されるプランなども発表されており、これらと比較すると中部電力の連携・提携プランはそれほど魅力的なものとは言えません。

もちろん、今後連携するサービスが広がる可能性もありますので、ひとまず様子を見るべきでしょう。

時間帯別プランに関しても同様で、すでに多くの電力会社で採用されているものですので、とくに目新しいものではありません。

また、中部電力エリアでも選択可能となる東京電力も非常に多くの時間帯別プランを用意していますので、中部電力ならではの魅力とは言えません。

エネシフト編集部エネシフト編集部


現時点では、すべての新規参入企業の料金やプランが出そろっているわけではありませんので、比較は難しいかもしれません。それでも、中部電力の新しいメニューは特別に大きな魅力を持っているわけではなく、今のところは新規参入企業の方が有利な点が多いでしょう。
しかし、今後の状況の変化によっては中部電力の持つメリットが大きなものとなる可能性もありますので、電力会社選びは慎重に行うべきでしょう。