01
ソーラーパネルの低価格化や、性能の向上から、一般家庭でも太陽光発電を行うケースが多くなってきています。
一般家庭向けのソーラーパネルの発電効率も高くなってきていますので、自宅で発電した電気を自宅で利用するだけでなく、売電できるようになっています。

icon042016年4月からは、電力自由化が実施され、電力の購入先を自由に選べるようになります。しかし、売電の売り先は、すでに自由に選べるようになっています。もちろん、売り先によって価格は異なっていますので、できるだけ高く買い取ってくれる企業を選ぶことが重要です。

では、どんな企業が高く買い取ってくれるのでしょう?

まず、基準となる売電価格をチェック

これからはじめて売電をする、という方の場合、まずは基準となる売電価格をチェックしましょう。
どの地域でも基準価格となるのは、東京電力などをはじめとする地域の電力会社のものです。この価格は国が定める固定価格となっています。なので、これよりも高い額で売電できる企業を探すことになります。

では、具体的にどんな企業が高値での電力の買取を実施しているのかをご紹介しましょう。

ソフトバンクのSBパワーの高値買取

ogimage_logo
高値で電力の買取を実施している企業として、真っ先に挙げられるのが通信大手のソフトバンクが運営しているSBパワーです。

通信会社のソフトバンクが電力の買取?と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、SBパワーは一般家庭向けの電力自由化に先駆けて、法人向けの電力販売を実施するなど、すでに電力会社としての実績を積み重ねています。
もちろん、2016年4月にスタートする一般家庭の電力自由化にも、「ソフトバンクでんき」としての参入が決定しています。

そんなSBパワーはどのくらい高く電力の買取を行っているのでしょうか?

pointその価格はなんと、1kWhあたり、固定価格に1円プラスとなっています。また、SBパワーの電力買取の場合、10kw未満の小さな設備での余剰電力の売電のみでなく、全量買取の場合でも、固定価格にプラス1円となっています。

SBパワーへの買取契約の切り替えもとても簡単で、さらに初期費用なども原則として必要ありませんので、安心して切り替えができるでしょう。

パナソニックでも固定価格より1円プラスのプレミアム買取を実施!

image20
家電をはじめとしてさまざまな事業を展開しているパナソニックも電力の買取を実施しています。
その価格は、前述のSBパワーと同様に、1kWhあたり固定価格より1円プラスとなっていますので、地域の電力会社よりもお得な売電が可能です。

icon04パナソニックでは、売電金額の支払いが6ヶ月に1度となっていますが、その際に250円のボーナスも一緒に振り込まれます。

また、毎月の売電金額は、ウェブ上で翌月の中旬には確認できます。

幅広いサービスを実施しているエナリス

img256
沖縄、北陸などの一部を除く全国で、一般家庭からの電力買取を行っているのがエナリスです。
エリアが限定されている企業が多い中、エナリスであれば広い範囲を網羅していますので、多くの方が利用可能です。

買取価格については、SBパワーやパナソニックと同様に、固定価格にプラス1円となっていますので、地域の電力会社への売電よりお得です。

もちろん、10kWh未満の余剰電力の買取から、全量買取、さらには高圧のものにいたるまで、幅広くサービスを展開している、という点も魅力的です。

さらに高額での売電も可能なNTTスマイルエナジー

ntt_smile_energy_logo
多くの企業で、固定価格にプラス1円の買取が実施されています。しかし、NTTスマイルエナジーでは、それ以上の高価買取が可能となっています。

最終的な買取価格は、取扱店によって異なりますが、固定価格より1kWhあたり1円~1.85円プラスとなることもあります。

ただし、無条件で誰でも利用できるわけではありませんので注意が必要です。NTTスマイルエナジーと売電契約するためには、同社が提供している「エコめがね」の利用が可能な設備である必要があります。

このエコめがねは、ソーラー発電システムを購入し、施工する時点で取り付ける必要があります。あとから取り付けることが不可能なわけではありませんが、規模の大きな工事が必要です。
そのため、最初の段階からエコめがねを使用している、という方でなければあまりお得とは言えません。

icon04ただ、他社よりも電力の買取価格がかなり高くなりますので、これからソーラー発電システムの購入を考えている方は、エコめがねの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

現時点では東京電力エリアのみのサービスとなっていますが、順次拡大予定となっていますので、関東近郊エリア以外の方もチェックしておく価値はあるでしょう。

売電先の切り替えにはある程度の期間が必要

ここでご紹介したように、地域の電力会社よりも高値で電力を買取ってくれる企業がいくつもありますので、売電先を切り替えたい、という方も多いでしょう。
その際に注意が必要なのは、売電先の切り替えには、申込みから平均して4ヶ月ほどの期間が必要となる、という点です。

もちろん、切り替えが完了するまでの間は、それまで契約していた電力会社に売電することになりますので、収入がストップしてしまうことはありません。
しかし、申し込めばすぐに高値での売電が可能なわけではありませんので注意しましょう。

エネシフト編集部エネシフト編集部

売電先を変えるだけで、価格は変わります。

より、お得に電力を売りたいのであれば、売り先についてもしっかりと選ぶようにしましょう。