auでんきと関西電力が提携!

2253
2016年4月の電力自由化に合わせて、従来の電力会社のみでなく、他業種の企業がいくつも新電力としての参入を発表しています。

中でも、大きな注目を集めているのが、通信大手のKDDIが提供するauでんきでしょう。多くの新規参入企業が、エリアを限定した参入となっているのに対して、auでんきは全国エリアで展開される予定となっています。

そんなauでんきと関西電力が提携し、お得なキャンペーンなどを実施しています。

auでんきと関西電力の提携によって「auでんきセット割」がさらにお得に!

今回の新規参入に合わせて、auでんきがもっとも強くアピールしているサービスが「auでんきセット割」です。
これは、スマートフォンや携帯電話など、KDDIがauブランドで展開している通信サービスと、電気を併せて利用することによって、キャッシュバックを受け取れるというものになります。

キャッシュバック率は通常の場合でも最大で5%と、かなりお得なサービスとなっていますので、高い注目を集めています。

pointただでさえお得なキャンペーンとなっていますが、関西エリアでは、大手電力会社の関西電力と提携することによって、さらにキャッシュバック率を強化しています。

その具体的な内容をご紹介しましょう。

キャッシュバック率が最大で12%に!関西エリア限定キャンペーン

通常「auでんきセット割」では、電気料金に応じてキャッシュバック率が変化するシステムとなっています。

そのキャッシュバック率は電気料金が4999円までは1%、5000円から7999円までは3%、そして8000円以上で最大の5%となります。

f979d23013b8d108ffc8fba239a5d6c0-e1453204310917
icon04しかし、関西エリアでは2016年5月31日までに申し込むことによって、電気料金が8000円以上のキャッシュバック率が12%となります。

kddi-new_plan-au_electrical2
このキャッシュバック率は利用開始から1年間となりますので、かなりお得なキャンペーンと言えるでしょう。

では、具体的にどのくらいのキャッシュバックを受けられるのかを考えてみましょう。

毎月の電気料金が10000円の家庭の場合、毎月のキャッシュバックは1200円です。これを年間で考えると14400円ものキャッシュバックがもらえることになるのです。

2年目以降は通常の5%となりますがそれでも年間で6000円のキャッシュバックですので、いずれにしてもお得なキャンペーンと言えるでしょう。

残念ながら電気料金が7999円までに場合は、キャッシュバック率は通常と同じですが、関西エリアの方で、毎月の電気代が8000円を超えているという方にとっては、非常にメリットが多くなっています。

各企業と大手電力会社の提携は今後もある?

2254
今回、auでんきと関西電力が提携することによって、ただでさえお得なキャンペーンがさらに強化されることになりました。
では、今後、同じように別業種の企業が新規参入の際に、地域の大手電力会社と提携することはあるのでしょうか?

もちろん、十分に考えられるでしょう。特に、全国エリアで電力販売のスタートを検討している企業の場合、全てのエリアで十分に販売可能な電力を確保することが難しいこともあります。
そうなれば、特定のエリアについては、電力会社と提携することによってサービスを提供することになるでしょう。

特に、離島などが多いことから送電コストが高くなることが問題となっている沖縄エリアでは、同様の提携が行われる可能性が高いと言えるでしょう。

新規参入企業同士の提携もありえる?

もちろん、大手電力会社のみでなく、新規参入企業同士で提携し、サービスが提供される可能性もあります。

今回、一般家庭への電力自由化がスタートすることになりますが、日本でははじめてのことですので、いくら送電などの設備は、現在の電力会社のものが使用できるとは言っても、かなりのコストがかかることに違いはありません。

attentionそのため、今回新規参入の届け出を提出しているものの、まだ具体的なプランや料金などを発表していない企業の中には、どこかとの提携を検討している可能性もあります。

今回のauでんきと関西電力の提携のケースのように、これによってよりお得なキャンペーンや割引など実施される可能性もありますので、こまめにチェックしておくべきでしょう。

今すぐauでんきと関西電力の「auでんきセット割」に申し込むべき?

2255
非常にお得なキャッシュバック率となる関西エリアの「auセット割」ですが、今すぐ申込みをすべきなのでしょうか?
すでに、auでんきの利用を決めているのであれば、早めに申し込んだとしても問題はないでしょう。

しかし、迷っているのであればもう少し待ってみても良いかもしれません。このキャンペーンは2016年5月31日までに申し込んだ方全員が対象となっています。
そして、このキャンペーンが適用されるのは利用開始から1年間となっていますので、ギリギリまで、他社の動向を見た上で申し込みをしたとしても、決して遅くはありません。

各社のプランや料金などが出そろってしまう前に申込みをしてしまうと、後になって他社からお得なプランなどが発表されたときに、後悔することになってしまうかもしれませんので、慎重に検討すべきでしょう。

エネシフト編集部エネシフト編集部

通信大手のKDDIが提供すれauでんきと、関西電力の提携は、私たち消費者にとっても、大きなメリットを生みだしてくれました。
今回ご紹介したのは、関西電力エリア限定のキャンペーンとなっていますが、ぜひ、対象の方は選択肢に入れてみましょう。