エネシフトってどんなサイト?

エネシフト編集部エネシフト編集部

2016年4月より電力の自由化が決まりました!電力の自由化により企業との価格競争が起こりユーザーにとって電気料金だけではなく、様々なメリットが受けられることがあります。
例えば電話料金とセットでもっと安くなったりといった事が可能です!全ての人にあった納得する電気料金をしっかり比較するサイトを目指して日々運営&情報の更新をおこなっています。

 

ranking

皆さんは2016年4月よりはじまる“電力自由化”について、どのように感じているでしょうか。
“言葉だけは知っているけど、実際どんなシステムなのかは知らない”という人もいると思います。

エネシフトではどんな情報を発信してるの?

img_001

エネシフトが発信しているのは、以下のような人に役立つ情報です。

  • そもそも“電力自由化”とは何かがよく分からない人
  • 電力会社別にどんな特徴やメリット・デメリットがあるのか知りたい人
  • 実際にどれくらい電気代が安くなるのか知りたい、比較したい人
  • 各電力会社の口コミや情報を知りたい人
  • スマホとセットで電力契約を考えている人
  • 電力に限らず、ガスなど生活に必要なエネルギーに関する情報が欲しい人
  • 省エネ・節電に興味がある人

など。

上記のような方々に向けて、エネシフトでは電力自由化に伴う電力会社ごとの口コミや、電気料金の違いなどについて解説しています。

電力自由化とは

2016年4月より法律の改定によって解禁される“電力自由化”とは、正確には「電力小売りの自由化」であり、各家庭が契約できる電力会社を自由に選べるようになる制度です。
また、一般の企業も電力を直接消費者に対して販売できるようになります。

例えば、関西に住んでいるから関西電力、関東に住んでいるから東京電力というような、地域の電力会社に依存する必要がなくなるのです。


img_002

これまでは地域の電力会社が独占できていたものが、電力自由化によって大手・中小問わず、各新電力会社と競争しなくてはならなくなります。それぞれの電力会社はユーザーを獲得するために、独自のサービスや割引などを提供するようになるでしょう。

もちろん、電気料金・基本料金なども会社ごとに違います。
そのため、ユーザーは自分の生活環境や家庭環境に応じて、自分に合ったプラン・料金を提供している電力会社を選ぶことになるのです。

携帯会社で契約プランを自由に選べるのと同じ原理になります。
ただ、電力自由化にはメリット・デメリットもあるので、とにかく切り替えればいいというわけでもありません。

電力自由化に伴うメリット・デメリットについては“【重要】電力会社はどこを選ぶ?自由化に伴うメリットとデメリット”を参考にしてみてください。

電力自由化で電気代が安くなるの?

img_003

電力会社を切り替えれば、どんな人でも絶対に安くなる!という保証はありません。

現状でどれくらいの電力を使用しているかによって変わってくるためです。
電力単価や基本料金、割引制度などは電力会社によってさまざま。

例としてエネオス電気であれば、以下のような特典が受けられます。

  • エネオスカードで電気料金を支払えば、ガソリン・灯油・軽油が割引される
  • 2年以上など、長期契約を結ぶことで毎月電気料金を割引(1kWhあたり0.20円~0.30円引きなど)

携帯キャリアのauでんきソフトバンクでんきなどであれば、スマホとセットで利用することでセット割が受けられます。

上記3つの電力会社の電力単価は以下の通り。
※従量電灯Bの場合

1kWhあたりの料金単価 エネオス電気 auでんき ソフトバンクでんき
120kWhまで 19.43円 18.07円 23.40円
120kWhから300kWh 23.26円 25.99円
300kWh以上 25.75円 30.01円 30.02円

これは単純な電力単価の比較ですが、契約するA(アンペア)数や各種割引などを考慮すると、人によって金額の大きさは違ってくるでしょう。

このように、電力会社によって受けられる割引や電力単価などが違うので、必ずしも契約会社を変えた方が良いとは限りません。

上記3社のそれぞれの詳細については、各種コンテンツを参考にしてみてください。

・エネオス電気のメリットとデメリット!サービスの内容を完全ガイド

ソフトバンクでんきは、携帯電話やネットとセットでめちゃお得!

実際はいくらになるの?au電気の料金をシミュレーションしてみよう

 

新規電力会社だと停電が頻繁に起こるのか?

新しい電力会社だと設備が整っていないから、これまでのようなクオリティ・安定性はないんじゃないの?などの不安を抱く人もいると思います。

電力自由化が解禁されてからも、全ての電力会社から各家庭に電力を送り届けるための“送電網”はこれまでと同じく、地域の電力会社のものを利用するので、契約会社による停電・断線などの心配はありません。

img_004

新規・大手問わず、自身の家庭に合った電力会社を選ぶようにしましょう。
電力自由化に伴うより細かな詳細については“電力会社の自由化スタートで、新規参入企業はここ!おすすめ企業は?”で解説しています。

 

電力会社の切り替えって面倒じゃないの?

電力会社の切り替えは、新しい電力会社に申し込めば自動的に切り替えてくれるので、面倒な工事などは基本的に必要ありません。

ただ、電気メーターがスマートメーターというものになっていない場合は、付け替えの工事が行われます。その際には15~20分ほど停電しますが、その工事以降は特別電線を引くなどの作業はありません。

e_012

また電力メーターは屋外に設置されている機器なので、業者が室内に入って工事・施工を行うこともないのでご安心ください。

またスマートメーター本体や取り付けの工事費なども原則として無料なので、新しい電力会社との契約で多額の初期費用などが発生することもありません。

賃貸のマンションやアパートでも契約できるの?

賃貸などでも問題なく電力会社の変更は行えます。
ただ、建物全体で契約している場合は個別の電力会社切り替えができないので、注意が必要です。

その辺りの詳細が不明な場合は、電力会社や建物の管理会社に問い合わせてみると良いでしょう。

各電力会社の評判・口コミは?

電力自由化が実地されるのは2016年4月からなので、具体的な評判や口コミなどはほとんどありません。

しかし、自由化が浸透するにつれて情報が集まってくると思うので、随時皆さんにお届けしていきたいと思います。

現状ある各地域別の電力会社については、それぞれの解説コンテンツを参考にしてみてください。

その他エネシフトでは、自由化に限らず電力に関わるニュースが発表され次第、随時発信していきます。

【保存版】電力自由化に伴う電気会社の選び方を完全ガイド

img_005

電力自由化で電力会社を自由に選べるようになったのは分かったけど、自分はどこの電力会社に乗り換えればお得になるの?と感じる人も多いでしょう。

電力自由化で参入する新規電力会社の数は100社以上にも及び、今後さらに増えてくるのは間違いありません。
しかし、全員がどこの電力会社でも選べるというわけではなく、選択できるのは住んでいる地域が供給エリアに含まれている電力会社だけです。
その中で、各家庭の生活環境に合ったプランを提供している電力会社を選びましょう。

エネシフトでは随時コンテンツを発信していきますが、まずは代表的な電力会社とそれぞれのメリット・デメリット・特徴・供給エリアなどを項目別に分けて紹介します。

代表的な新規電力会社

下記は現状すでに電力小売市場に参入している企業です。
業界別にそれぞれの電力サービス名を記載しています。

なお、供給エリアは2016年4月時点での情報です。
時期によって変更・追記を行う場合があるのでご注意ください。

エネシフトが選ぶ厳選オススメ電力会社

img_64

ソフトバンクでんき

ソフトバンクでんき

供給エリア 東京電力エリア / 関西電力エリア / 中部電力エリア / 北海道電力エリア

通信会社の電気ならソフトバンク!
東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリア、北海道電力エリアと提供エリアも広くプランが豊富なのが魅力。
スマホやインターネット回線がソフトバンクなら、お得なおうち割も!
スマホなどでソフトバンクを使っている人は、要チェックです。

banner

img_65

東京電力エナジーパートナー くらしTEPCO

img_007

供給エリア 関東エリア / 関西エリア / 中部エリア

東京電力エナジーパートナーは、東電の子会社。
東電の電力小売部門で、提供エリアは、中部、関西にも広がりました。
豊富なプランがあり、なかでも関西エリアで月に400kWhを越える家庭はお得!
料金シミュレーションでチェックしてみる価値あり!

banner

 

img_66

エネオス電気

img_008

供給エリア 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県 / 静岡県の一部(富士川以東)

電気料金の支払いをエネオスカードにすれば、ガソリンや灯油も安くなる!
よく車に乗る人は、電気料金だけではなくガソリン代も割り引かれるので、お得も倍増。
現在のところは、東京近郊のみと供給エリアが狭いのが残念。
北海道から九州まで各地に発電所を持っているので、供給エリアの拡大は今後に期待。

banner

ガス会社

img_010
ガスと一緒に利用すると割引を受けられるプランがメインです。
別な会社のガスを使っている場合は、ガス料金の比較もお忘れなく。
ガスを使っている家は、要チェック!

000

東京ガスの電気

供給エリア 東京電力エリアのみ
代表プラン ずっともプラン
違約金 なし

※電気の解約による違約金は不要ですが、インターネットやガスでは別途違約金が発生する可能性があります。

特徴・メリット

img_013
ガスやインターネットとセットで電気を利用すると、それぞれの料金から一定額の割引を受けられます。
さらに東京ガスの「パッチョポイント」も貯まるので、割引とポイントによる還元の2つの魅力があるのです。
新生活などでガスもインターネットもこれからという人にオススメ。

banner

大阪ガスの電気

供給エリア 関西電力エリアのみ
代表プラン ベースプラン / 家庭用ガス発電プラン
違約金 2年契約を途中解約すると違約金2000円が発生
特徴・メリット

img_014
大阪ガスのガスと電気をセットで2年契約すれば、最大3%の割引が受けられます。
純粋に関西電力の電気代と比べても2~5%は削減できるように設定されているので、現在関西電力と契約している方はメリットが大きいでしょう。

banner

東邦ガスの電気

供給エリア 中部電力エリアのみ
代表プラン シンプルプラン / ファミリープラン / ビジネスプラン
違約金 なし
特徴・メリット

img_014
東邦ガスの電気のガスと電気をセットで利用することで割引を受けられます。
またエネファームや床暖房を利用している家庭向けの割引もあるので、それらを導入している家庭には嬉しいプランです。

※現在の電気使用量が少量(30A以下)などの場合は、割高になる可能性があります。

banner

北ガスの電気

供給エリア 北海道電力エリアのみ
代表プラン 従量電灯Bプラス / Cプラス
違約金 なし
特徴・メリット

img_014
北海道ガスが提供するガスとセットで利用することで、使用量に応じた割引を受けられます。
また北ガスの電気では、ガスや電気などのエネルギーを「見える化」し、各家庭に最適なプランを提案する「省エネ診断サービス」も特徴の1つです。

さらに北ガスの電気では独自のポイントサービスを提供しており、北ガスの電気を継続的に利用することで300~500ポイントが付与されます。
ポイントの付与は2017年4月以降が対象で、かつ1年以上の継続利用が条件です。
途中解約した場合、ポイントは付与されません。

banner

GSガスの電気(西部ガスの電気)

供給エリア 九州電力エリアのみ
代表プラン プラスでんきプラン1・2 / シンプルプラン1・2
違約金 なし
特徴・メリット

img_014
九州電力の従量電灯Bと比べて、電気の使用量関係なく安くなるように電力料金が設定されています。
また都市ガスとセットで利用すれば、年間約6000円もお得。(60A契約の場合)

さらにプラスでんきプランで契約すると、電気料金200円につき1ポイントが付与されます。
貯まったポイントは提携ポイントに移行することもでき、提携ポイントのラインナップは以下の6種類です。

  • Tポイント
  • Pnotaポイント
  • 楽天ポイント
  • WAONポイント
  • JQポイント
  • nimovcaポイント

貯まったポイントを提携ポイントに移行しない場合、そのポイントの有効期限は1年間です。
忘れないように利用するか、早めに提携ポイントに移行するようにしましょう。

banner

石油会社

img_011
石油会社の電力は、東京電力エリアが中心。
ガソリンも割引される場合があるので、車をよく使う人はダブルでお得になるかも!
東京電力エリアの人は、お見逃しなく。

000

ENEOSでんき

供給エリア 東京電力エリアのみ
代表プラン プラン名特になし
違約金 2000円
特徴・メリット

img_015
東京電力と比べて電力単価が安いほか、ENEOSカードによる灯油・ガソリン・軽油の割引や各種クレジットカードのポイントが、通常よりも多く付与されます。
また2年契約時に適用される“にねんとく2割”を利用すれば、さらに電気料金を安くすることが可能です。

にねんとく2割を途中解約すると違約金が発生するほか、2年ごとに自動更新されるので契約更新の管理が難しいです。

banner

myでんき(東燃ゼネラル石油)

供給エリア 東京電力エリアのみ
代表プラン 標準プラン / たっぷりプラン / まとめてプラン
違約金 2000円

※中部電力エリアと関西電力エリアも拡大予定

特徴・メリット

大手石油会社の東燃ゼネラルグループが提供している電力サービスです。
電力使用量に応じたプランが用意されており、適切なプランを選ぶことで現在よりも電気料金を安くできます。

東京電力よりも安くなるように設定されている一方で、他の電力会社のようなクレジットやポイントによる割引が2016年4月現在は設定されていません。

banner

昭和シェル石油の電気

供給エリア 東京電力エリアのみ
代表プラン ドライバーズプラン
違約金 2000円
特徴・メリット

img_015
東京電力管内にある昭和シェル石油のSSで給油した際、ガソリン代が10円/L安くなります。
さらにシェルスターレックスカードを併用すれば、上乗せでガソリン代が13円/L割引。
車を頻繁に利用する人にオススメの電力サービスです。

基本的に毎月600kWh以上の電力を使う人を主なターゲットとしているので、それ以下の家庭では電気代が安くならない、あるいは割高になってしまう可能性があります。

banner

通信会社

img_012
通信会社の電力は、スマホやインターネット回線などとの同時利用で割引かれるものが中心。
利用中の人は、お得になる可能性大!
ただし、通信会社お得意の縛りがあるところが多いので要注意。

000

ソフトバンクでんき

供給エリア 東京電力エリア / 関西電力エリア / 中部電力エリア / 北海道電力エリア
代表プラン スタンダードプラン / バリュープラン / プレミアムプラン
違約金 バリュープラン 2500円 / プレミアムプラン 5000円
特徴・メリット

img_016
各種プランでさまざまな家庭に対応できることに加えて、スマホやインターネットとのセットで割引(おうち割)も受けられます。
さらにトラブル時には2年間無料で提供される「おうちレスキュー」の利用も可能です。

スマホやインターネットをセット利用することで受けられるおうち割は、どれかを他キャリアに変更してしまうと割引対象外となる可能性が高くなります。
また中途解約時にもそれぞれ違約金が発生してしまうので、乗り換え・解約時には注意が必要です。

banner

auでんき

供給エリア 沖縄電力エリア以外
代表プラン auでんきセット割
違約金 2000円
特徴・メリット

img_017
auのスマホやタブレットをセット利用することでauでんきセット割が適用されます。
月々の電気料金の1~12パーセントをau WALLETカードのポイントとして還元。

契約から1年未満で解約すると違約金が発生します。
ただし引越しによる解約は対象外です。

banner

j:COM電力

供給エリア 東京電力エリア / 関西電力エリア / 東北電力エリア / 北海道電力エリア / 九州電力エリア
代表プラン j:COM電力家庭用コース
違約金 あり(価格は現在不明)
特徴・メリット

img_016
関西電力と比べて毎月の電気料金が安くなるほか、ネットやテレビ・電話などとセットで契約すればさらに割引額が大きくなります。

電話・ネットなどをセット利用すれば電気代が安くなる一方、それぞれの契約には工事費や初期費用・手数料が必要となります。
また電力代金が安くなってもネット料金が割高になるなどの噂もあるので、事前にシュミレーションをしっかりと行っておきましょう。

banner

eo電気(ケイ・オプティコム)

供給エリア 関西電力エリア
代表プラン eo電気シンプルプラン
違約金 なし
特徴・メリット

img_016
関西電力の従量電灯Aと比較した場合、eo光ネットとセットのeo電気スタート割を利用することで、初年度は約2万円の削減となります。2年目以降は約5000円の削減。
また違約金・解約金なども不要なので、安心して契約することができます。

現在他のブロバイダと契約している人は、そちらの解約料金や毎月のネット料金なども比較してメリットが出るかどうかを確認するようにしましょう。

banner

それぞれの電力サービスはまだ始まったばかりです。
今後新たなサービスやプランが発表される確率は非常に高いといえるでしょう。各種プランにはメリットとデメリットがあるので、皆さんの家庭状況とそれぞれのプランをしっかりと理解した上で、家庭に合った電力会社を選んでくださいね。

【サイトポリシー】

当サイトコンテンツを作成する上で出来る限り新鮮な情報をお届けしよう!というのが当サイトのポリシーであり、その為になるべく正確性の高いサイトを常にチェックし情報の更新に努めています。

【参考】経済産業省 資源エネルギー庁

【参考】電気事業連合会